新型セレナe-POWERのインパネは使いやすい!?【3つの魅力を紹介】

2018年3月、100%電気駆動をするハイブリッド車新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の注目の装備の一つが、内装・インパネです。

この新型モデルの内装・インテリアには、ブルーのアクセントラインが入った大型のセンターコンソールやハンドルなどが用意されており、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもオシャレなデザインに…。また、使い勝手・操作性も良いように感じました。

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のインパネ・内装は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、インパネの使い勝手は、どうだったのでしょか?

競合車・ライバル車には無いこの新型モデルのインパネ・内装の3つの魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのインパネ画像レビュー【競合車には無い3つの魅力とは?】

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの内装・インパネ

このようなデザインになっているこの新型モデルのインパネ・内装ですが、次のような魅力&メリットがありました。

魅力1:視認性に優れたメーター

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目ポイントの一つは、メーターです。

今回新発売されたこの新型モデルでは、ハンドルの奥側にメーターが設置されている一般的なデザインではなく、ダッシュボードの上段にメーターを設置する”オンダッシュメーター”を採用。

■新型セレナe-POWERのメーター

このクルマに採用されているオンダッシュメーターは、一般的なメーターよりも視線の移動が少なくなるというメリットが…。この新型モデルのメーターはグラフィックも良く、視認性に優れたメーターになっているように感じました。

>>> 新型セレナe-POWERとステップワゴンのメーター比較【視認性はどっちが良い?】

ちなみに、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のメーターは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なる専用のデザインになっています。ガソリン車/マイルドハイブリッド車とのデザインの違いも注目ポイントの一つですよ。

魅力2:乗り降りがしやすさを考慮したハンドルのデザイン

また、ステアリングホイールの形状も、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の注目ポイントの一つです。

■新型セレナe-POWERのハンドル

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、ハンドル・ステアリングホイールの下端の部分をフラットにした”D型シェイプ”を採用。

このハンドルのデザインのおかげもあり、ハンドルと足元の空間に隙間が…。
なので、運転席への乗り降りや車内のウォークスルーがしやすい感じがしました。

ディーラーさんの話を聞くと、この新型モデルに採用されているD型シェイプのハンドル・ステアリングホイールは賛否両論があるようですが、個人的には、とても良いデザインになっているように感じました。

ちなみに、今回新発売されたこの新型e-POWER(e-POWER)のハンドル・ステアリングホイールは、専用のブルーのステッチが施されています。

■新型セレナe-POWERのハンドルのステッチ

このハンドルのデザインも注目ポイントの一つですよ。

魅力3:収納スペースの多さ

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インパネを確認して良いと思った事の一つが、運転席周りの収納スペースの多さです。

例えば、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)はオンダッシュメーターを採用している事もあり、運転席の目の前にこのような収納スペースが…

■運転席側インパネアッパートレー

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、運転席と助手席の間にボックスティッシュを置けるサイズの大型センターコンソールを標準装備。

■新型セレナe-POWERのセンターコンソール

運転席と助手席の間にセンターコンソールが配置されているため、この新型e-POWER(eパワー)のウォークスルー性は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも劣ります。

ただ、運転席に近い位置にこのような大きい収納スペースが用意されているのは、とても良いと思いました。

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、助手席側の収納スペースも充実しており、グローブボックスだけではなく、オープントレーやアッパーボックスを標準装備しています。

小さいお子さんがいるご家庭では、やはり荷物が多くなってしまうんですよね。

しかし、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)は大小様々な大きさの収納スペースを用意しているため、アイテムの置くスぺースに困る事は無いのかなと思いました。

今回新発売された日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”のインパネ・内装を確認してみたところ、このようなデザインになっていました。また、今回新発売されたこの新型e-POWERの内装・インパネには、このような魅力もありました。

私がこの新型モデルの内装・インパネを確認してみて、特に良いと思ったのは、収納スペースの多さです。この新型モデルでは、運転席から手の届く範囲にサイズの大きな収納スペースが用意されているのが、個人的には、とても良いと思いました。

また、新型e-POWER専用デザインになっている大型センターコンソールは、トートバックなどのカバンを置いておけるデザインになっていたのも、好印象でした。

>>> 新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間の幅は広い!?【計測してみた】

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です