【実車画像】新型セレナe-POWERハイウェイスターの内装インプレ

2018年3月、モーターの駆動力のみで車体を動かす日産のハイブリッド車
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWERは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と同様に
ハイウェイスターと標準車の2つのタイプを用意しており、外装や内装に様々な
違いがありました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の上位モデルとして用意されている
ハイウェイスターの内装・インテリアは、どのようなデザインになって
いるのでしょうか?また、どのような特徴があるのでしょうか?

先日、この新型e-POWERの上位モデル”ハイウェイスター(Highway Star)”の
内装・インテリアの様子を確認してきたので、実車画像を使って、徹底的に
レビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWER ハイウェイスターの内装の実車画像レビュー

2018年3月、日産からデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
上位モデル”ハイウェイスター(Highway Star)”の内装・インテリアは、
このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの内装・インテリア

今回新発売された新型e-POWERは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と
異なり専用デザインのシフトレバーを採用。

■新型e-POWER専用デザインのシフトレバー

また、2列目シートには、2人掛けのキャプテンシートを採用しており、
2列目シートの乗り心地は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも
良くなっているように感じました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の内装・インテリアですが、
次のような特徴&魅力がありました。

特徴&魅力1:ブラックとグレージュの内装色を用意

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
上位モデル”ハイウェイスター”の特徴の一つは、内装色です。

この新型e-POWER(eパワー)の上位モデル”ハイウェイスター”では、
ブラックとグレージュの2種類の内装色を用意。

■ハイウェイスターのブラックの内装色

    

■ハイウェイスターのグレージュの内装色

このようにベーシックな”ブラック”と明るい”グレージュ”の2種類の内装色から
好きなカラー&デザインを選べるのは、嬉しいですよね。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、オーソドックスなブラックの方が
圧倒的に人気が高いようです。

ただ、3列目シートに座った時に圧迫感・窮屈感を感じにくい車内をひと回り広く、
そして、車内を明るく感じさせてくれるグレージュもなかなか良いカラーなのかなと
思いました。

特徴&魅力2:基本的な機能や装備はノーマル車と変わらない

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
内装・インテリアですが、基本的な装備や機能は、ノーマル車と大きく変わりません。

例えば、このハイウェイスター(Highway Star)でも、シートヒーターは、
標準装備になっておらず、メーカーオプション設定になっています。

■新型セレナe-POWERのシートヒーター

また、後部座席のエアコンの温度や風力の調整を独立して行う事がでくる
デュアルオートエアコンもメーカーオプション設定になっています。

■新型セレナe-POWERのデュアルオートエアコン

このデュアルオートエアコンも標準装備ではなく、メーカーオプション設定に
なっています。

個人的には、ハイウェイスターの上位モデル”ハイウェイスターV”では、
これらの機能を標準装備にしても良かったのかなと思いました。

また、このように日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)は、
ハイウェイスターとノーマルモデルでは、内装の機能や装備の違いは少ないです。

なので、機能や装備を見比べるよりも、外装や乗り心地の違いに注目をして、
モデル選びをするのが良いのかなと思いました。

特徴&魅力3:高級感のあるデザインに…

今回新発売された日産の人気ミニンバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”の
上位モデル”ハイウェイスター”の内装・インテリアは、ノーマルモデルよりも
高級感のあるデザインになっているのも魅力の一つです。

例えば、上位モデルのハイウェイスターのシートのメイン部分には、
光沢感のある織物を使用しており、上質感のあるデザインに…。

また、この新型e-POWER(eパワー)の上位モデル”ハイウェイスター”は、
ノーマルモデルと異なり、ダッシュボードにステッチを施しており、
上質感のあるデザインに…。

ノーマルモデルと異なり、大人っぽい内装・インテリアのデザインに
なっているように感じました。

また、ハイウェイスターは、本革巻きのハンドルが標準装備されていました。

もし内装・インテリアの高級感・上質感にもこだわるのなら、
ノーマルモデルよりもハイウェイスター(Highway Star)の方が
良いのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
上位モデルハイウェイスターの内装・インテリアは、このような
デザインになっていました。

また、このハイウェイスター(Highway Star)の内装・インテリアは、
こような特徴・魅力がありました。

ハイウェイスターとノーマルモデルの内装・インテリアを比較してみると、
残念ながら装備や機能の違いは、ほとんんどありません。

ただ、ノーマルモデルよりも高級感のあるデザインになっているのは、
好印象でした。また、スタイリッシュなハイウェイスターの外装に
ピッタリなオシャレな内装・インテリアになっているように感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です