新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間の幅は広い!?【計測してみた】

2018年3月、日産の人気ミニバン新型セレナ(SERENA)に待望のストロングハイブリッド車”e-POWER”がデビューをしました。

電気自動車のようなスムーズな加速力が魅力の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)ですが、運転席と助手席の間に大型のセンターコンソールが用意されるなど、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と全く異なるデザインに…。

なので、フロントシートから2列目/3列目シートへのウォークスルー性は、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも劣る感じがしました。

そんな新型e-POWER(eパワー)の運転席と助手席の間の幅(スペース)は、どのくらいだったのでしょうか?また、フロントシートから後部座席へのアクセスのしやすさは、どうだったのでしょか?

先日、この新型モデルを試乗した時、この新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席と助手席の間の幅の広さを計測してきたので、紹介したいと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間【広さ&ウォークスルー性を確認してみた】

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席&助手席は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERのフロントシート

また、運転席と助手席の間は、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間のデザイン

ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なり、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)は、サイズの大きいセンターコンソールを標準装備。

運転席近くにボックスティッシュやカバンを置いておきたい人には、重宝するのかなと思いました。

新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間の幅はどのくらい?

このようなデザインになっている新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席と助手席の間のスペースですが、広さはどのくらいだったのでしょうか?

先日、この新型モデルの運転席と助手席の間のスペースの広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型セレナe-POWERの運転席と助手席の間のスペース…約280mm

シートの座面の中央部分で計測してみたところ、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の運転席と助手席の間のスペース確認してみたところ、約280mmの広さが…。

ワンランク上の高級ミニバン”新型ヴェルファイア”や”新型アルファード”などと比較すると、新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の運転席と助手席の間のスペースは、ちょっと狭めです。

ただ、ミドルクラスミニバンとして考えると、十分に満足できるスペースを確保しており、十分なパーソナルスペースが確保されているように感じました。

新型セレナe-POWERのウォークスルー性能はどうだった?

また、今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のフロントシートから後部座席へのウォークスルー性能は、どうだったのでしょうか?

ご覧いただいた通り、今回新発売されたこの新型e-POWER(eパワー)は、フロントシートから後部座席にウォークスルーをするのに十分な広さを確保しています。

なので、若干窮屈さを感じるものの、運転席と助手席の間を通って、フロントシートから後部座席に行く事は可能です。

ただ、私がこの新型e-POWER(eパワー)のウォークスルー性を確認してみて気になったのは、センターコンソールの存在です。

■新型セレナe-POWERのセンターコンソール

このクルマに用意されているセンターコンソールはフロントシートから後部座席へのウォークスルー性を考慮して、高さ約210mmに設定されています。なので、センターコンソールをまたいで移動する事は可能なのです。

ただ、大きなセンターコンソールが備わっているため、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりもウォークスルー性は劣る感じがしました。

2018年3月にデビューをした日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”の運転席と助手席の間のスペースの広さを確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの運転席と助手席の間のスペースはミドルクラスのミニバンとしては十分な広さを確保。運転席に座ってみると、助手席にいる同乗者が全く気にならないくらいのパーソナルスペースを確保されているのは、とても良いと思いました。

ただ、今回新発売された新型e-POWER(e-POWER)の運転席と助手席の間には、大きなセンターコンソールが用意されているため、ウォークスルー性に関しては、ガソリン車/マイルドハイブリッド車よりも若干劣るのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、ぜひともフロントシートから2列目/3列目シートへのウォークスルー性も確認してみてくださいね。

>>> アームレストは付いている!?新型セレナe-POWERの2列目シート

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です