新型セレナe-POWERのエアコン【使い勝手は競合車よりも劣る?】

2018年3月、日産の人気ミニバン”新型セレナ”から待望のハイブリッドモデル
新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)がデビューをしました。

今回新発売された新型モデルは折り畳みテーブルが3列目シートにまで
用意されるなど、装備や機能の充実度が魅力の一つですが、ちょっと
気になった装備が…。

その一つが、エアコンです。

今回新発売された日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のエアコンの
機能や使い勝手は、競合車・ライバル車よりも劣る感じが…。

2018年3月にデビューをした新型e-POWER(eパワー)のエアコンは、どのような
デザインになっていたのでしょうか?また、この新型e-POWERのエアコンの何が
競合車・ライバル車よりも劣っていたのでしょうか?

今回新発売された新型e-POWERのエアコンの使い勝手や快適性を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERのエアコン画像レビュー

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の
インパネの中央に用意されているエアコンパネルは、このようなデザインに
なっています。

■新型セレナe-POWERのエアコンパネル

今回新発売された新型e-POWERに設置されているエアコンパネル(空調パネル)は、
ご覧の通り、ダイヤル式を採用したシンプルなデザインに…。

ただ、直感的に使いこなせるため、操作性はとても良いように感じました。

また、この新型e-POWERでは、ガソリン車/マイルドハイブリッド車と異なり、
エンジンが停止した時でもしっかりと作動するようになっていたのも、好印象でした。

このように使い勝手が良い空調パネルを装備している新型セレナe-POWERですが、
試乗をした際に使ってみて、次のような事が気になりました。

残念なところ その1:温度調節機能

今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のエアコンを
確認してみて、残念に思った事の一つが、左右独立温度調節機能が
用意されていなかった事です。

競合車・ライバル車の一つでもある新型ヴォクシー/ノア/エスクァイア、
ホンダの新型ステップワゴンでは、運転席と助手席で別々に温度の調節が
できる機能が用意されていました。

■新型ステップワゴンのエアコンパネル

しかし、今回新発売された新型e-POWER(eパワー)では、トヨタの新型ヴォクシーや
ホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)に用意されていたような運転席と助手席で
別々に温度調節できる機能は用意されていません。

風が直接当たるフロントシートでは、運転席と助手席で別々に温度設定が
できる方が便利ですよね。私の家庭でも、妻と私では、快適なエアコンの
温度設定が違いますし…。

このような事を考えると、エアコンの機能性に関しては、競合車・
ライバル車よりもこの新型e-POWER(e-POWER)の方が劣るのかなと思いました。

また、機能や装備が充実が売りの新型セレナe-POWERと言う事を考えると、
ちょっと残念に感じてしまいました。

残念なところ その2:後部座席のエアコン

また、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)で
残念だったのが、後部座席のエアコンです。

競合車・ライバル車のホンダの新型ステップワゴン(STEPWGN)の上位モデルでは、
後部座席周りにも空調パネルが組み込まれ、エアコンやヒーターの温度や風量が
自由自在に選べるようになっていました。

■新型ステップワゴンの後部座席のオートエアコン

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)では、
全グレード通じて、後部座席には、リヤクーラーを標準装備。

フロントシートと別々の温度や風量設定ができるオートデュアルエアコンは、
全グレード通じて、メーカーオプション設定になっています。

■新型セレナe-POWERのオートデュアルエアコン

ちょっとコレは残念ですよね。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の乗り出し価格は400万円を超える
ミドルクラスのミニバンとしては、高い価格設定になっています。

この金額を考えると、新型e-POWER(eパワー)のハイウェイスターの上位モデル
“ハイウェイスターV”などでは、標準装備にしても良かったのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)のエアコンを
確認してみたところ、このようになっていました。

空調パネルのデザインやアイドリング中でもエアコンやヒーターが
しっかりと作動するところなど良いところもありましたが、このように
ちょっと気になる事も…。

個人的には、この新型e-POWERのエアコンは、競合車よりも劣るように感じました。

ちなみに、フロントシートとは別に後部座席で温度を調節する事ができる
“オートデュアルエアコン”は、メーカーオプションの寒冷地仕様の機能の
一つとして用意されております。

そして、この寒冷地仕様のメーカーオプション代は約8万3000円と、
なっていました。

オプション価格は少々高めの設定になっていましたが、個人的には、
快適に過ごすには、必要な機能&装備の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です