日産 新型セレナe-POWERの3列目はフラットになる?【実車画像でチェック】

2018年3月、電気自動車のようなスムーズな入りが楽しめるe-POWERの第二弾新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)が、日産からデビューをしました。

今回新発売された新型e-POWER(eパワー)の魅力の一つが、USBポートや折り畳みテーブルを用意した3列目シートです。

先日、この新型e-POWERを試乗した際、3列目シートの座り心地も確認してみたのですが、競合車・ライバル車よりも座面のクッション性が良く、長時間座っても疲れにくいデザインになっていたのが、とても良いと思いました。

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートですが、シートの背もたれを倒すと、フラットになるのでしょうか?

先日、この新型e-POWER(eパワー)を試乗した際、3列目シートの背もたれがフルフラットになるか確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型セレナe-POWERの3列目シート【フラットになるか徹底検証】

2018年3月にデビューをした日産の新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートは、このようなデザインになっています。

■新型セレナe-POWERの3列目シート

この新型e-POWER(eパワー)の3列目シートは、ミドルクラスの中で唯一前後にスライドできる機能を用意しているのが、魅力の一つです。

3列目シートを使用している時って、意外と荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、狭いんですよね。

■3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペース

荷室・ラゲッジスペースに積み込む量や大きさ、3列目シートを使用するシチュエーションによって、3列目の足元空間と荷室・ラゲッジスペースの奥行きの広さを調整できるのは、とても便利だと思いました。

>>> 日産 新型セレナe-POWERの3列目シートのスライド量はどれくらい?

そんな新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートの肩口に用意されているリクライニングレバーを操作して、背もたれを一番後ろまでリクライニングしてみたところ、このような感じになりました。

このようにシートの背もたれがテールゲートにぶつかってしまい、3列目シートの背もたれを180度倒す事はできず、フラットになりせん。

ただ、新型e-POWERの3列目のヘッドレストを取り外すと…

ただ、このように背もたれがテールゲートにつっかかってしまいフラットにならないのは、ヘッドレストを装着している時です。

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の3列目シートに備わっているヘッドレストを取り外して、リクライニングをしてみると、背もたれはこのようにフラットな状態に…。

ここまで背もたれをリクライニングできるのは、良いですよね。

なので、3列目シートをこの状態にして、この新型e-POWER(eパワー)の2列目シートの背もたれを外して、リクライニングにすると、成人男性ができるくらい広いフルフラットシートを作り出す事が可能です。

■新型セレナe-POWERのフルフラットモード

新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)の場合、2列目シートが独立キャプテンシートになっているため、2列目シートの間に隙間ができてしまいます。なので、家族みんなで車中泊をするには、この隙間を埋める必要があります。

ただ、3列目シートのヘッドレストを取り外してリクライニングすると、家族みんなで車中泊ができるくらい広いマットレススペースが生まれるのは、とても良いと思いました。

今回新発売された日産の人気ミニバン”新型セレナe-POWER(SERENA e-POWER)”の3列目シートの背もたれがフルフラットになるか確認してみたところ、このようになりました。

この新型e-POWER(eパワー)の3列目シートは、ヘッドレストを外さないといけませんが、背もたれをフルフラットにする事が可能です。なので、この新型e-POWERで車中泊をするのも可能ですよ。

ちなみに、私は身長175.5cmあるのですが、シートをフルフラットにして寝転んでみたところ、広さに余裕があり、とても快適でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です