ホンダのS660インパネ画像インプレ【上質な内装を徹底解説】

S660画像0044

ホンダから発売された軽スポーツカーのS660(エス660)ですが、
買い変わらず売れ行きは好調のようですね。

現時点でも毎月1,000台前後の注文が入っており、スポーツカーとしては
異例のヒット車に・・・。

私も近くのディーラーにS660(エス660)の期間限定で試乗車があると聞き、
見に行ってきたのですが、やっぱり良い!

ロー&ワイドなプロポーションもS660(エス660)の魅力ですが、運転席に
乗り込んだ時にワクワクと気持ちが高揚するようなコクピットをしている
運転席・内装もとても良いと思いました。

そんなS660(エス660)の内装・インパネについて、詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ホンダS660の内装・インパネ画像レビュー

今回新しく発売されたS660(エス660)の内装・インパネは、
このようなデザインになっています。

S660画像0012

いつもお世話になっているディーラーさんの話によると、このクルマは
普通の軽自動車とは基本的な設計目標が異なるようです。

このS660(エス660)の内装・インテリアの設計目標は次の2つ。

・ドライバーが運転に集中できるコクピット
・軽自動車を遥かに超えたクラスレスなインテリアデザイン

実際にこのクルマに乗ってみるとこの2点にこだわっているのが、
一瞬で分かる乗り心地。

私がこのS660(エス660)の運転席に座ってみて良いと思ったのは、
ステアリングホイールとペダルの位置。

軽自動車の場合、ペダルが全体的に左側に寄っていて、若干アクセル
ワークのしにくさを感じる事があるのですが、このS660(エス660)では
ハンドルとペダルの中心をドライバーの体の中心軸に配置。

S660画像0163

そのため、コンパクトな運転席・コクピットですが、
アクセルワークやハンドルワークのしにくさは微塵も感じませんでした。

また、シフトレバーの位置もスッと手を伸ばしやすい位置に
配置されているのも好印象でした。

ホンダS660のインパネの注目装備&機能インプレッション

このように所有満足度を高めてくれるS660の内装・インパネですが、
各パーツ&装備も軽自動車とは思えないほど質が高くなっています。

そんなS660(エス660)の内装・インパネの注目装備を紹介したいと思います。

ステアリングホイール

このホンダS660(エス660)のハンドル・ステアリングホイールは、
このように”Dシェイプ”のハンドルを採用。

S660画像0136

また、直径は350mmと小ぶりなのですが、手にフィットしやすい
太めのハンドルを採用。また、ディンプル加工も施されており、
スポーツカーらしいハンドル・ステアリングホイールに・・・。

S660画像0145

汗をかいた時はちょっとどうなのか心配になったのですが、握った時に
ピタっと吸い付くようなグリップ感はとても良いと思いました。

また、このハンドルの左側にはオーディオスイッチが、また、右側には
クルーズコントロールスイッチを装備。

これは他のホンダの軽自動車やコンパクトカーと全く同じデザインですが、
ハンドル・ステアリングホイールから手を離さずに操作できるスイッチ類は
使い勝手が良さそうな印象を持ちました。

空調パネル

ホンダのS660(エス660)のインパネ中央部分には、アルファ(α)・
ベータ(β)ともにフルオートエアコンディショナーを装備。

S660画像0149 S660画像0063

液晶パネルやスイッチの小ささがちょっと気になりましたが、
空調パネルの設置位置が高く操作がしやすいのは、好印象でした。

シフトレバー

S660(エス660)のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

今回私が見たモデルは車体価格が高いアルファ(α)だったので、
シフトノブやシフトブーツに本革を採用。

S660画像0266

ウレタンを採用しているベータ(β)よりも手触り質感ともに良く、
上質なS660(エス660)のインパネにマッチしていて、とても良いように重いました。

ちなみに、マニュアル車のシフトレバーは、このようなデザインになります。

S660画像0077

シルバーのトップが印象的なS660(エス660)のマニュアル車の
シフトレバーのデザインもなかなか良いように感じました。

S660画像0011

今回新発売されたS660(エス660)の内装・インパネは、このような
デザインになっていました。

軽自動車なので、内装・インパネはコンパクトな設計・デザインに
なっていましたが、操作しやすいように設計・最適化されているのが好印象でした。

また、シンプルなデザインながらスポーツカーとして
十分に質の高い装備&機能を備えているのも好印象でした。

もしS660(エス660)の展示車を見る機会がありましたが、
ぜひとも運転席・コクピットに乗り込んでみてください。
きっとテンションが上がると思いますよ^^

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です