充電の差し込み口で大満足した理由とは?新型プリウスPHVの魅力&良かった事

家庭用のコンセントからも充電できるようになった新型プリウスPHV(Prius PHV)
フルモデルチェンジをして、トヨタから新発売されましたね。

ベースとなっているハイブリッド車のノーマルプリウスと異なるしっとりと
上質感のある乗り心地や、まったくエンジンが駆動しないEV走行の距離などなど…
個人的には、この新型PHVはとても良いクルマだと思いました。

また、新型PHVの充電用のケーブルをつなげるソケットのセキュリティーが
先代モデルよりも格段に良くなったのも好印象でした。最初、どのように
この充電リッドの開けて良いのか戸惑いましたが…。

そんな新型プリウスPHV(Prius PHV)の充電用リットの開け閉めの方法や、
先代モデルよりも良いと思った理由などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型プリウスPHVの試乗の感想:充電用リットに大満足

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)ですが、
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

外装・エクステリアのデザインもベースとなっているハイブリッド車と
全く異なるのですが、充電用のコンセントを差し込むソケット(差し込み口)が
用意されているのも、この新型PHVの特徴の一つです。

■充電用のケーブルの差し込み口

この新型プリウスPHV(Prius PHV)では、助手席側にガソリンを入れる給油口があり、
そして、運転席側にケーブルなどを差し込む充電口(充電リット)が用意されています。

私はいつもお世話になっているディーラーさんに行き、許可を取った後、
ディーラーさんが近くにいない状態で、この新型PHVの試乗車を見せてもらいました。

荷室・ラゲッジスペースの広さや後部座席の頭上空間や足元空間の広さを
確認した後に、ケーブルなどを差し込む充電リットはどのようなデザインなのか
チェックしようと思い充電口をポンと押してみたのですが…

なかなか開かない…。

先代モデルでは、運転席側にある充電リットの部分をポンと押すと
パカっと開いて充電コネクターが登場したのですが、今回は開かない…。

「もしかしたら新型プリウスPHV(Prius PHV)は、ガソリンタンクの給油口と
同様に車内からレバーで操作する方式に変わったのかも!?」
と思い、車内を
確認したのですが、それらしきレバーが見つからない…。

ケーブルの差し込み口が開かなかった理由とは…

結局、その時は新型プリウスPHV(Prius PHV)の充電口を開けるのを諦めて、
後々、ディーラーさんに色々とお話をした時に聞いたのですが、
どうやら運転席側にある充電コネクターのロックや充電口の開け閉めは
スマートキーと連動しているようです。

なので、スマートキーを持っていないと、このクルマの充電口を押しても
ロックが解除されないので、開かないような仕組みになっているそうです。

私は先代モデルをそこまでしっかりと確認した事はないのですが、
先代モデルはどうやらスマートキーと連動していなかったようですね。
なので、ポンと押してしまうと、この充電口部分があいてしまったようです。

先代モデルのオーナーさんからセキュリティー面で不安があるとの声を
たくさん頂いたと言う事で、今回フルモデルチェンジをして新発売された
新型プリウスPHV(Prius PHV)は、スマートキーと連動するスタイルにしたみたい…。

充電口の部分をスマートキーと連動して、施錠&解錠できるように
してくれたのは、嬉しいですよね。

ロックされていると、悪戯(いたずら)とかされる心配もありませんし…。

最初、ケーブルなどを差し込む充電口を開けれずに少し戸惑いましたが、
先代モデルよりもセキュリティーをしっかりとしたところは、今回新発売された
新型プリウスPHV(Prius PHV)の魅力・メリットの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
充電リッド(差し込み口)は、このようなデザインになっていました。

また、先代モデルよりセキュリティーが格段に向上し、スマートキーを
携帯していないと、開けれないようになっていました。

小さい事ですが、これは嬉しいですよね。

この充電ケーブルの差し込み口のセキュリティーが良くなった事は
個人的には、とても良いと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です