新型プリウスPHVのインパネ【実車を見て不満に感じた3つの事とは?】

100Vの家庭用コンセントからでも充電できるようになったトヨタの
プラグインハイブリッド車の新型プリウスPHVが、2017年2月、新発売されましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型PHVは、
タブレット端末のような大きな11.6インチの縦長のナビを搭載するなど、
内装・インテリアにも注目の装備がもりだくさん。

ただ、このトヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)の内装・インパネを見てみると、
ちょっと残念だなと思う部分が…。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型プリウスPHVのインパネ・
内装で不満に感じた事や欠点だと思った事について、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型プリウスPHVのインパネ:欠点・不満に感じた事を紹介

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)ですが、
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

今回私が見たのは、人気のAグレードの内装・インパネ。

インパネの中央にセンターメーターを採用しているところや、垂直に
設置されているシフトレバーなど基本的なデザインは、ベースとなっている
プリウス ハイブリッドと同じ。

ただ、インパネの中央に搭載されている11.6インチの縦長のナビの存在感が大きく、
まったくワンランク上の質感になっているように感じました。

そんな新型プリウスPHV(Prius PHV)の内装・インパネの欠点・デメリットに
感じた事を包み隠さず紹介したいと思います。

欠点1:ホワイト加飾

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)の
内装・インパネを見て残念に感じたのは、シフトレバーやハンドルに採用された
ホワイトの加飾パーツ。

今回私が見たこの新型PHVの内装色は落ち着いたブラックだったのですが、
ハンドルのスポークやシフトレバーにはホワイトのパネルが…。

どこからどう見ても、ブラックの内装色でこの2ヵ所のホワイトパネルが
浮いている感じが…。個人的なあまりまとまりの良さを感じませんでした。

ディーラーさんは近未来感を意識したと言っていましたが、
個人的にはもう少しまとまりのあるデザインにして貰いたかったです。

欠点2:シートヒーターのスイッチ

トヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)のインパネ・内装を実際に確認をしてみて
欠点・デメリットに感じたのは、シートヒーターのスイッチの使い勝手の悪さ。

他の記事でも書きましたが、このクルマのシートヒータースイッチは、
センターコンソールの最先端、奥まった位置に設置されています。

■シートヒータースイッチ

なので、手を伸ばさないと、このシートヒータースイッチに届きません。

ちなみに、同じ真冬の寒いときに使用するステアリングヒーターは、
ハンドルの左側のステアリングスイッチ部分に設置されています。

個人的にはステアリングヒーターと同様に運転中に操作しやすい位置に
シートヒータースイッチも設置してもらいたかったです。

この点も少々残念でした。

欠点3:パーキングブレーキ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の内装・
インパネを見て、最もガッカリとしたことがパーキングブレーキ。

ベースとなっているプリウス ハイブリッドでも足踏み式のパーキングブレーキが
装備されていたのですが、この新型PHVでも足踏み式のパーキングブレーキを採用。

■新型プリウスPHVのパーキングブレーキ

ちなみに、現在大ヒットしているトヨタのコンパクトSUVのC-HR/CHRでは、
オートブレーキホールド機能付きの電動パーキングブレーキが標準装備されています。

■トヨタC-HR/CHRの電動パーキングブレーキ

先日、トヨタのC-HR/CHRを見た瞬間、「このクルマには電動パーキングブレーキが
付いているのに、なぜ新型プリウスPHV(Prius PHV)に装備されないの!?」
と、
思っちゃいました。

別に足踏み式のパーキングブレーキが悪いわけではないですが、最先端の機能や
装備を付けているクルマと豪語している事を考えると、足踏み式ではなく、
スムーズに発進&停車する事ができる電動パーキングブレーキを標準装備に
して貰いたかったです。

この足踏み式のパーキングブレーキが全車標準装備だった事も少々残念でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の
インパネはこのようなデザインになっていました。

基本的なデザインや使い勝手には満足していたのですが、妙に浮いている
ホワイトパネルの加飾や足踏み式のパーキングブレーキなどが個人的には
少々残念でした。

ただ、例えば、スマートキーに採用されている車外からエアコンを作動させる
機能など、このクルマにはそれ以上に良い機能もたくさんあります。

もしこかられトヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)を見に行く際は、
このクルマに搭載されている機能や使い勝手にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です