発売間近のイグニスに注目【東京オートサロン2016スズキの感想】

東京オートサロンスズキ02

モーターショーよりも一日の集客人数が多いと言われている
東京オートサロン2016が開幕しましたね。

私も早速この東京オートサロン2016に行って来たのですが、
東京モーターショーよりも人が多いような気がしました。

ただ、東京モーターショー2015よりも展示されているクルマも
多かったので、思ったよりものんびりと見て回ることができました。

また、新型アルトワークスやハスラーの特別仕様車Jスタイル2を発売し、
話題性がバツグンのスズキでは、今回の東京オートサロン2016では
発売間近と言われているイグニス(IGNIS)やハスラーのコンセプトモデルを出展。

そんな東京オートサロン2016のスズキのブースの様子や発売間近の
新クロスオーバーハッチバックのイグニス(IGNIS)など注目車種を紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

東京オートサロン2016 スズキブースを見た感想

東京モーターショー2015では、サプライズで新型アルトワークスや
ソリオのストロングハイブリッドを出展したスズキなので、今回も
サプライズを期待していたのですが今回はなし。

東京オートサロンスズキ01

2015年12月24日に発売をした新型アルトワークス(AltoWorks)や
先日特別仕様車Jスタイル2を発売したハスラーの市販カスタマイズ
モデルなどがメインに出展されていました。

エスクード東京オートサロン画像01 ハスラー東京オートサロン0003 ハスラー東京オートサロン0005

今回も東京モーターショー2015のようなサプライズを期待していたので、
個人的には少しガッカリしてしまいました。

また、コペンセロのクーペモデルを参考出展したライバルの
ダイハツと比べて、インパクトにかける感じがしました。

そんな東京オートサロン2016のスズキのメインステージでは、
コンセプトモデルの次の3台を展示。

■ハスラー ラフロード スタイル

ハスラー東京オートサロン0006 ハスラー東京オートサロン0001

■イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト

ハスラー東京オートサロン0008 ハスラー東京オートサロン0009

■アルト ワークス GP

新型アルトワークス東京オートサロン画像03 新型アルトワークス東京オートサロン画像02

この中で特に印象に残ったのは、特別仕様車Jスタイル2を
ベースにしてデザインされた”ハスラー ラフロード スタイル”。

ハスラー東京オートサロン0010 ハスラー東京オートサロン0011

専用のタイヤを装備し、また、車高を上げてたハスラー(Huslter)の
コンセプトモデルは、よりオフロード色が強くなったデザインに。

このようなモデルのハスラー(Huslter)が用意されても
良いのかなと思いました。

ちなみに、今回行われた東京オートサロン2016では三木スズキが
開発&デザインしたハスラー(Huslter)と新型アルトワークスの
カスタマイズモデルが注目を集めていました。

■ハスラー

ハスラー三木画像0001 ハスラー三木画像0002

■新型アルトワークス
新型アルトワークス三木画像0001  新型アルトワークス0002

特に内装も鮮やかなレッドになっているハスラーのカスタマイズモデルは、
かなりインパクトがありました。

ハスラー三木画像0004

ちなみに、こちらに関しては発売されているみたいですよ。

東京オートサロンの注目車種:イグニス画像レビュー

今回の東京オートサロン2016のスズキブースの注目車種と言えば、
発売間近と言われているイグニス(IGNIS)。

今回イグニス(IGNIS)に出店されていた市販予想モデルは、このようなデザイン。

スズキイグニス画像0007 スズキイグニス画像0008

横から見ると、このようなデザイン。

スズキイグニス画像0015

アルミホイールやデカールが装備されていて、ちょっとハデですよね。

スズキイグニス画像0013 スズキイグニス画像0006

このように今回東京オートサロン2016に出展されていたイグニスの
市販予想モデルは、見た目のデザインにのインパクトやアクセントを
与える発売予定のアクセサリーパーツを装備したもの。

ベーシックなモデルはもう少し派手さを抑えたデザインになっているようですよ。

大き目のデカールやホワイトカラーのアクセントが入ったイグニスの
ホイールは好き嫌いが分かれそうですが、ホワイト加飾された
最近のメガネガーニッシュはなかなか良いと思いました。

スズキイグニス画像0002

イグニスの内装画像:ホワイトカラーでオシャレ

また、イグニス(IGNIS)の内装・インテリアはこのような感じ。

スズキイグニス画像0016

インパネは少しシンプルなデザイン。
しかし、ホワイトカラーのインパネになっていて、室内が明るく
なっているように感じました。

また、ボディカラーにマッチしたオレンジのドア内側ハンドルや
送風口のベゼルやシフトレバーがオシャレなデザインだと思いました。

スズキイグニス画像0005 スズキイグニス画像0003

また、イグニス(IGNIS)のハンドルにはクルーズコントロールや
パドルシフトも装備されており、機能面も十分。

スズキイグニス画像0009 スズキイグニス画像0018 スズキイグニス画像0011 スズキイグニス画像0010

快適性にも十分に考慮されているなと感じました。

イグニス(IGNIS)のような小型クロスオーバーは現在のところ
発売されていないので、人気が出るのかなと思いました。

イグニスの発売日は?

そんなイグニス(IGNIS)で気になるのは発売日ですよね。

スズキのスタッフの方に聞いたところによると、
2016年1月中に発売・発表されるのは間違いないようです。
(残念ながら詳しいお日にちまでは教えてもらえませんでしたが・・・)

なので、間もなくディーラーさんでも予約が開始されるかもしれませんね。

ハスラー東京オートサロン0007

今回東京オートサロン2016に出展したイグニス(IGNIS)は他の
自動車メーカーに勝る注目車種はありませんでした。

しかし、今度発売されるイグニスを近くでしっかりと見ることが
できたのは、良かったです。

さらにイグニス(IGNIS)の発売が楽しみになりました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です