トヨタ新型パッソで車中泊はできる!?シートアレンジ&広さを確認

ダイハツ新型パッソ画像0002

トヨタのコンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)は外装・内装のデザインが
大きく変更されましたが、ホイールベースが先代モデルよりも拡大され、
居住性がアップしたのも大きな変更点の一つ。

そこで気になるのは今回新発売された新型パッソ(PASSO)で、
車中泊はできるかと言う事ですよね。

そこで今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)で
車中泊ができるかどうか確認してきました。また、車中泊が出来るとしたら
どのようなシートアレンジが良いのかなども確認してきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

トヨタ新型パッソで車中泊はできる!?

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の車内・室内は、このようになっています。

新型パッソ画像0069 新型パッソ画像0169

実際に見てみると分かりますが、このクルマは普通乗用車の中でも
やはり車内・狭い部類に入ると思います。

なので、新型パッソ(PASSO)を見たり実際に横になったりした限りでは、
このクルマで車中泊をするのは、少々厳しいと思いました。

また、ディーラーさんに話を話を聞いてみても、
「新型パッソ(PASSO)よりも一まわり大きいクルマの方が快適に
車中泊をする事ができる。」
との事で、あまりオススメできないとの事。

やはりそうですよね。
私も実際にこのクルマを確認してみて、ディーラーさんの意見に納得でした。

このように新型パッソ(PASSO)で車中泊が難しいことを前提なのですが、
もし私がこのクルマで車中泊をするなら次のようなシートアレンジにすると思います。

新型パッソのシートアレンジ1:後部座席の格納

新型パッソ(PASSO)で車中泊をする時に考えられるシートアレンジの一つが、
後部座席を格納した状態での荷室・ラゲッジスペース。

新型パッソ画像0208

今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)の後部座席を
格納した状態での荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

この状態での荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、1,410mm。
身長175cmメートルの私がこの状態新型パッソの荷室・ラゲッジスペースに
ヒザを屈めて丸まるような体勢になって、なんとか横に寝れる感じ・・・。

真っ直ぐに横になると、足首から先が出てしまい少しシートの長さが
足りない感じがしました。

また、今回は私は荷室開口部側に頭を向けて横になったのですが、
開口部の狭さが少し気になりました。

新型パッソの荷室・ラゲッジの段差が気になる

また、今回新発売された新型パッソ(PASSO)の荷室・ラゲッジスペースを
利用して横になった時に気になったのが、後部座席の背もたれ部分の段差。

新型パッソ画像0088

新型パッソ(PASSO)の後部座席の背もたれ部分で生じるこの大きな
段差が横になるときとても邪魔に感じました。

なので、もしこのクルマの荷室・ラゲッジスペースを活用して
車中泊をするのなら、この背もたれ部分の段差をしっかりと無くす工夫が
必要なのかなと思いました。

新型パッソのシートアレンジ2:ロングソファーモード

また、新型パッソの車中泊をする時のもう一つのシートアレンジが、
フロントシートの背もたれと後部座席の座面を連結させるロングソファーモード。
(ちなみに、これは新型パッソの正式なシートアレンジではありません。)

新型パッソ画像0212

この状態でもカラダを伸ばして横になる事はできませんでしたが、思ったよりも快適。
また、このシートアレンジが何よりも良いと思ったのは、段差が小さい事。

車中泊をするには、フロントシートと座面と背もたれ部分の段差を埋める
工夫が必要ですが、段差自体は荷室のものよりも小さめなのが良いと思いました。

個人的には車中泊に限らずパーキングエリアやサービスエリアで
少し仮眠を取るときにもとても良いシートアレンジだと思いました。

注意が必要なのは、新型パッソのシート連結部分

今回私が新型パッソ(PASSO)で試したこのロングソファーモードで
注意が必要なのは、フロントシートと後部座席の連結部分。

このシートアレンジはもともとトヨタが推奨している正式な
シートアレンジではありません。そのため、このようにフロントシートと
後部座席の連結部分に若干の段差ができてしまいます。

新型パッソ画像0213

もう少しグッとフロントシートを押し込むと、この段差もなくなると思いますが・・・。
(今回は展示車だったので、無理をするのは止めておきました^^)

また、何回もこのシートアレンジをすると、新型パッソ(PASSO)の
シートの故障やたわみの原因になるかもしれません。

座り心地や寝心地は良かったのですが、このロングソファーモードは
元々考えられていないシートアレンジなので、この点が少々不安でした。

トヨタ新型パッソ画像0043

このように新型パッソ(PASSO)で車中泊をするのは、少々厳しいのかもしれません。

ただ実際に試してみると、車中泊は絶対に無理という感じはしませんでした。
特にちょっと仮眠する程度なら、全く問題は無いと思いました。

もし新型パッソ(PASSO)で車中泊をしたいと考えている方は、、
シートアレンジや寝心地をしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です