新型パッソの視界性。試乗して分かったメリットとデメリット

新型パッソ画像0070

トヨタの人気コンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
3代目が発売されいましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)は柔らかいデザインが特徴の
標準モデルとモーダ(MODA)の2種類が発売されていますが、
乗り心地は走破性は全く一緒。

>>> 新型パッソの標準車とモーダ 乗り心地などに違いはある!?は、コチラから

また、若干気になる事もあったものの、モーダ(MODA)・標準モデルともに
運転席からの視界も全体的にはとても良く、運転がしやすいように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
視界性について徹底的にレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型パッソの試乗レビュー:前方の視界はどうだった?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソの標準モデルの
前方の視界は、このようになっています。

新型パッソ画像0180

そして、こちらは上級モデルのモーダ(MODA)。

新型パッソ画像0012

今回新しくなって新発売された新型パッソ(PASSO)の標準モデル・モーダともに
フロントガラスのデザインは大きく、運転がしやすい印象を持ちました。

また、今回新発売された新型パッソ(PASSO)で特に良いと思ったのは、
フロントガラスを支えているAピラーのデザイン。

新型パッソ画像0196

このクルマのAピラーは、根元がギリギリまで手前側(フロントシート側)に
設置されています。そのためこのクルマのAピラーの太さは標準的なものの、
運転中、このAピラーの存在が全く気になりませんでした。

この運転中視界・視線を遮らない新型パッソ(PASSO)のAピラーのデザインは、
とても好印象でした。

新型パッソの前方視界で少し残念だったのはサイドミラー

このようにAピラーの位置を工夫する事によって、視界の良さや
運転のしやすさを確保しているトヨタの小型車新型パッソ(PASSO)ですが、
少し残念だったのはサイドミラーのデザイン。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)のサイドミラーはAピラーの付け根に
装備されております。

新型パッソ画像0195

そのため、Aピラーの付け根はこのようにブラックパネルで補強されており
若干死角が多いデザインに・・・。

私が試乗をしていて特に気になったのは、左側の視界。
運転席から左側のAピラー付近を見ると、このようなデザインに・・・。

Aピラーとブラック塗装されたパネル、そして、サイドミラーがすべて重なり
少し死角が大きめに・・・。

新型パッソ画像0187

実際に私は新型パッソ(PASSO)を試乗している際、大きい横断歩道を
横切って左折する場面があったのですが、歩行者が死角に入ってしまい
少々恐い思いをしました。

最近のクルマではサイドミラーは新型パッソ(PASSO)のようにAピラーの
付け根にサイドミラーがくっつているのではなく、ドアのパネルに
装備されているデザインも増えています。

ちなみに、こちらは同じトヨタから発売されているステーションワゴンの
カローラーフィールダーですが、サイドミラーはこのようにドアパネルから
ニョキっと出ています。

カローラフィールダー画像0002 カローラフィールダー画像0003

今回新発売された新型パッソ(PASSO)もこのようなデザインにして貰いたかったです。

ただ、この欠点デメリットを差し引いても今回新発売された
新型パッソ(PASSO)の前方視界はとても良く、運転はしやすかったです。

新型パッソの試乗レビュー:後方視界はどうだった?

また、今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)の後方視界も概ね良好。

こちらの記事でも書きましたが、今回新発売された新型パッソは
サイドウィンドウが大きく、また、リヤガラス横のCピラーが細めの
デザインになっています。

>>> 新型パッソは運転が苦手な女性にオススメ!?その2つの理由とは?

新型パッソ画像0189

最近のクルマはサイドウィンドウを小さくしているクルマが多いので、
このクルマのように大きいのは少し珍しいですよね。

そのため斜め後方の視認性が良く、運転がしやすいのが好印象でした。

新型パッソはリヤガラスのデザインがもう一歩・・・

ただ、少し残念だったのは新型パッソ(PASSO)リヤガラスのデザイン。

このクルマのリヤガラスの横幅は十分なサイズがあるのですが、
実際に試乗して気になったのは高さ。

このように後部座席のヘッドレストを高くすると、リヤガラスの大半は
覆い隠されてしまいます。

新型パッソ画像0193

新型パッソ(PASSO)はボディサイズが小さいので、後方の車体感覚も
掴みやすいのですが、個人的にはもう一回りリヤガラスが大きい方が
運転がしやすいのかなと感じました。

新型パッソ画像0134

今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)は、このように
前方・後方視界ともに若干気になる部分はあったものの概ね良いように感じました。

ただ、視界の良さは運転手の身長や今まで運転してきたクルマにも影響します。

もしこれから新型パッソ(PASSO)を試乗される方は、
視界性・視認性に関してもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です