乗り出し価格はどのくらい違う!?新型パッソの標準車とモーダ比較

新型パッソ画像0224

人気コンパクトカー新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
2016年4月に新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソはカジュアルで親しみやすいデザインをした
標準モデルとLEDの2トーンカラーを新設定した上級モデルのモーダ(MODA)の
2つのモデルを用意。

見た目だけではなく機能や装備も異なる新型パッソ(PASSO)の標準モデルと
モーダ(MODA)ですが、やはり気になるのは乗り出し価格がどれだけ
異なるのかと言う事ですよね。

先日、フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
見積もりを貰ってきたので、標準モデルとモーダ(MODA)の乗り出し
価格の違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型パッソの標準モデルとモーダ 乗り出し価格比較

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の見積もりは、
このような感じになっていました。

新型パッソ画像0202

トヨタ新型パッソ画像0615-0006

一方、上級モデルのモーダ(MODA)の見積もりは、このようになっています。

新型パッソ画像0205

トヨタ新型パッソ画像0615-0007

この2つのモデルの乗り出し価格は、それぞれこのようになっていました。

■新型パッソのモーダと標準車 乗り出し価格
・標準車(XGパッケージ)
車体本体価格:
1,447,200円
メーカーオプション代:
29,160円
ディーラーオプション代:
282,042円
諸経費:
163,782円
乗り出し価格:
1,922,184円

・モーダ(Gパッケージ)
車体本体価格:
1,657,800円
メーカーオプション代:
61,560円
ディーラーオプション代:
282,042円
諸経費:
164,982円
乗り出し価格:
2,166,384円

新型パッソ画像0159

今回の見積もりはディーラーのミスでモーダの方のみ有料色設定と
なっているので若干オプション代に差がありますが、新型パッソの
標準モデルとモーダの乗り出し価格の差は約20万円以上。

やはり思ったよりも差がありますね。

自動車取得税・自動車重量税が違うので諸経費でも若干の差がありますが、
この2台の乗り出し価格の差の理由は、車体本体価格の違い。

そして、新型パッソ(PASSO)の標準車とモーダでは、次のような機能・
装備が異なるため車体本体価格に違いがあるようです。

新型パッソの標準モデルとモーダの外装・内装の違いは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
標準モデルと上級モデルのモーダ(MODA)では、このように外装・
エクステリアの雰囲気が全く異なります。

■新型パッソの標準モデルのエクステリア

新型パッソ画像0070 新型パッソ画像0072 新型パッソ画像0067

■新型パッソのモーダのエクステリア

ダイハツ新型パッソ画像0008

新型パッソ画像0155

新型パッソ画像0159

このように外装・エクステリアのデザインが全く異なる標準モデルと
モーダ(MODA)の見た目ですが、外装の機能・装備も若干異なります。

この2台のモデルの外装の違いの一つは、ヘッドライト。
今回新発売された新型パッソ(PASSO)の上級モデルでは、ヘッドライトに
最新式のLEDヘッドライトを採用。

トヨタ新型パッソ画像0615-0002 トヨタ新型パッソ画像0615-0001

また、ヘッドライトの周りには囲むようにLEDのクリアランスランプを採用。

かなりオシャレでインパクトがありますよね。

一方、標準モデルの最上位グレードXGパッケージのヘッドライトは、
LEDではなくハロゲンを採用。

トヨタ新型パッソ画像0615-0004

また、新型パッソの標準車にはフロントフォグランプも標準装備されていません。
このように最新の機能や見た目にもこだわりたいのなら、やはりモーダの
方が良いのかなと思いました。

新型パッソの標準車とモーダでは内装も異なる

また、今回フルモデルチェンジをした新型パッソ(PASSO)は内装・
インテリアのデザインや機能も異なります。

このように内装・インテリアのデザインが異なるのは一目見ればわかりますが、
この2台のモデルの内装の機能の大きな違いの一つが、メーター。

新型パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダのメーターは、
それぞれこのようになっています。

■新型パッソの標準モデルのメーター

新型パッソ画像0052

■新型パッソのモーダのメーター

新型パッソ画像0040

上級モデルのモーダ(MODA)のメーターは、タコメーターを装備した
複眼式のメーターを採用。

新型パッソ画像0042

一方、新型パッソ(PASSO)の標準モデルはスピードメーターと
マルチインフォメーションディスプレイのみの比較的シンプルなメーターを採用。

新型パッソ画像0054

モーダを見た後では少々物足りなさを感じました標準モデルのメーターですが、
十分に見やすいですし、実用性では特に問題がないと思いました。

新型パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダでは外装・内装ともにデザイン性が
全く異なりますが、このような機能の違いが乗り出し価格の差に反映されているようですよ。

新型パッソ画像0072

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の標準車と上級モデルの
モーダ(MODA)の見積もり・乗り出し価格を比較したところこのようになっていました。

この2台のモデルの価格差は20万円以上とかなり大きめ。

ただ、新型パッソ(PASSO)の標準モデルとモーダではヘッドライトや
メーターの機能、デザイン性は異なるものの、決定的な違いはありませんでした。

もし上質感や高級感にこだわるのならモーダ(MODA)の方が良いですが、
コストパフォーマンス重視なら標準車でも特に問題は無いように感じました。

私も実際に新型パッソ(PASSO)の標準モデルを試乗したのですが、
十分に満足できる機能や装備を備えていると思いました。

ちなみに、ディーラーさんによってはモーダ(MODA)よりも
標準モデルの方が売れ行きが良い店舗もありようですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です