日産ノートe-POWERのシフトレバー【実際に使って気になった2つの事とは?】

エンジンで発電をして、モーターのチカラで駆動する新しいタイプの
ハイブリッド車として登場した日産のノートe-POWER(NOTE e-PWER)。

電気自動車のような滑らかな加速などe-POWER(eパワー)ならではの
魅力も多数ありましたが、実際に試乗をしてみて気になった部分も…。

その一つが、シフトレバー。

今回新発売されたe-POWER(eパワー)では、日産のクルマで初めて電子式の
シフトレバーを搭載したと思うのですが、使い勝手などで若干気になる部分が
ありました。

今回新発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
シフトレバーは、どのようなデザインなのか?また、実際にこのモデルの
電子式のシフトレバーを使ってみて、気になった部分は何なのか?

この新型モデルのシフトレバーを実際に使った感想を、包み隠さず
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ノートe-POWERのシフトレバー画像インプレッション

今回、新発売された日産のノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)は、
このようなデザインの電子式のシフトレバーを搭載しています。

■ノートe-POWERのシフトレバー

このようなデザインになっている日産のノートe-POWER NISMOの
シフトレバーですが、基本的な操作は、とってもカンタン。

ドライブにするには、右にスライドして、手前に引きます。
一方、バックにするには、右にスライドして、奥側に押し出します。

また、パーキングブレーキは、このシフトレバーのトップ部分に装備されていました。

電子式シフトレバーは簡単に操作できる?

このようなデザインになっているノートe-POWERのシフトレバーですが、
実際使ってみると、操作は思ったよりも簡単。

試乗をする時など初めてこのシフトレバーを扱う人は、ちょっと戸惑うかも
しれませんが、基本的には、右にスライドして上か下に動かすのみです。
なので、数回運転をすれば、スグに慣れるのかなと思いました。

また、基本的な操作はホンダのフィット3ハイブリッド(FIT3 Hybrid)や
トヨタのプリウスなどと全く一緒です。なので、電子式のシフトレバーを
採用している他の車種を運転している人なら難なく使いこなせるのかなと思いました。

ただ、ノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)のシフトレバーを
操作してみて、若干気にある部分・デメリットもありました。

欠点1:シフトレバーのフィット感

今回新発売された日産のノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の
電子式のシフトレバーを使ってみて気になった事の一つが、フィット感。

この新型モデルのシフトレバーは、思ったよりも小さいのでフィット感がイマイチ…。

中途半端な大きさになっているため、操作する際、シフトレバーを手の平で
覆うように持った方が良いのか、指先でつまむようにした方が良いのか悩みます。

ディーラーさんは、試乗をした際、「ノートe-POWER NISMOのシフトレバーは、
パソコンのマウスをイメージしてデザインをしました。」
と言っていましたが、
個人的にはもう少し大きい方が操作がしやすいように感じました。

また、シフトレバーの位置が低く、運転席から若干遠く感じたのも
欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

欠点2:視認性の悪さ

また、今回、日産のノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)を
試乗していて気になったのは、シフトレバーの状態(ポジション)が確認しにくい事。

このクルマでは、メーターの左側にシフトレバーの位置が表示されるように
なっています。

■ノートe-POWERのメーター

しかし、この日産のノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)では、
シフトの位置を小さくオレンジ色に光るランプのみで表しているので、全く目立ちません。
(ちなみに、画像では、パーキング位置にシフトが入っている事を表しています。)

このようにシフト位置の表示が目立たないので、運転中にメーターに
視線を落としても、即座にシフトのポジションをメーターで確認するのは、
難しいと思います。

現在のシフトのポジションを分かりやすくするために、もう少し大きく
目立つようなデザインにして貰いたかったです。

このシフト位置の確認のしにくさも日産のノートe-POWER NISMOの欠点・
デメリットの一つなのかなと思いました。

今回新発売されたノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)ですが、
シフトレバーは、このようなデザインになっていました。また、実際に試乗
してみて、このような事が気になってしまいました。

正直に言って、シフトレバーの使い勝手だけなら、競合車・ライバル車の
ホンダのフィット3 ハイブリッド(FIT3 Hybrid)の方が格段に良いように感じまいた。

もしこれから日産のノートe-POWER NISMO(ノート e-POWER ニスモ)の試乗に
行かれるのなら、シフトレバーの使い勝手もしっかりと確認をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です