日産ノートe-POWERの内装はダサい?実車を見た感想

2016年10月、日産の人気コンパクトカーのノート(NOTE)がマイナーチェンジをして、
新モデルとしてハイブリッド車のe-POWER(eパワー)が新発売されましたね。

燃費の良さや静寂性、乗り心地など魅力が多いノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、
欠点・デメリットの一つとして言われているのが、内装・インテリアの質。

このe-POWER(eパワー)の内装・インテリアは、競合車・ライバル車よりも
デザイン性が悪く、ダサいと言われています。

今回新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、
本当にダサいのでしょうか?

実際にこの新型モデルの内装・インテリアを見た感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

日産ノートe-POWERの内装・インテリアを徹底チェック

今回日産から新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)の
内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

こちらは、e-POWERの上位モデル”メダリスト(MEDALIST)”の内装・インテリア。
下位モデルのノーマル車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

シートのデザインは、競合車・ライバル車に劣らない

このようなデザインになっているノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・
インテリアですが、私が見た限りでは、シートのデザインは、劣っていると
感じませんでした。

こちらは、上位モデルのメダリスト(MEDALIST)にメーカーオプションの
プレミアムホワイトインテリアのシートデザインなのですが、ホワイトと
ブラウンの組み合わせがオシャレで良いですよね。

また、凹凸感があり、フィット感がある後部座席の居住性&座り心地も
競合車・ライバル車よりも勝っている部分の一つなのかなと思いました。

■ノートe-POWERの後部座席

インパネのデザインは、競合車に劣る

このように競合車・ライバル車と比較しても十分に満足できる座り心地&デザイン性を
備えているノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、実際に見て気になったのは、
インパネのデザイン。

■ノートe-POWERのインパネのデザイン

本革巻きを採用しているD型シェイプのハンドル・ステアリングホイールの
デザインはとても良いと思ったのですが、私が実際に見て、競合車・ライバル車に
劣っているなと思ったのは、インパネ全体のデザイン。

こちらは、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダのフィット3(FIT3)や
スズキのスイフト(SWIFT)の内装・インテリアのデザインですが、最近のクルマは
水平基調&薄型のスッキリとしたデザインのインパネが増えています。

■スズキ スイフトのインパネ

■ホンダ フィット3のインパネ

これらの競合車・ライバル車のインパネと比較すると、今回新発売された
ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のインパネは、厚みがあり、もっさりと
している感じが…。

グローブボックスの上にアッパートレイを装着するなど収納スペースの多さは
嬉しいのですが、このスッキリとしていないボテっとしたインパネのデザインが、
一昔前のクルマのような印象を与えているような感じが…。

この一昔前のようなインパネのデザインが、ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・
インテリアは、ダサいと言われている理由の一つなのかなと、個人的には思いました。

ちなみに、このようにインパネのデザイン性はそれ程良くありませんが、
メーターやシフトレバー、ハンドル・ステアリングホイール、空調パネルなどの
各パーツのデザインや使い勝手は、競合車・ライバル車に劣っているとは
感じませんでした。

■e-POWERのメーター

■e-POWERのシフトレバー

■e-POWERのハンドル・ステアリングホイール

今回、日産から新発売されたノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、
このようなデザインになっていました。

内装・インテリアはダサいと言われているこのクルマですが、シートのデザインは、
競合車・ライバル車に劣っているとは、思いませんでした。

ただ、ぼてっとしたe-POWER(eパワー)のインパネのデザインは、競合車・
ライバル車よりも劣っているのかなと、思いました。

もしこれからe-POWER(eパワー)の試乗に行かれる際は、内装・インテリアの
デザイン&使い勝手にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です