セッションスタイルはどんな感じ?N-BOXスラッシュの内装色レビュー

N-BOXスラッシュ画像0037

見た目のファッション性とスピーカーの音質にこだわったホンダの
軽自動車N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)

今回新発売されたN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)はインパネや内装の
カラーを変更できる”インテリアカラーパッケージ”を選択できる
というのも注目ポイントの一つですよね。

現在のところ5種類のラインナップが用意されているこのクルマの
インテリアカラーパッケージですが、その中で比較的人気が高いのが
木目調のパネルを採用しているセッションスタイル。

私も先日このセッションスタイルを採用した内装・インテリアの
N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)を見てきたのですが、かなりオシャレなデザインに…。
ディーラーさんがおすすめのカラーと言うのも納得のデザインでした。

そんなセッションスタイルの内装・インテリアの写真を撮ってきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

N-BOXスラッシュ ブラウンの内装色:インパネ編

今回新発売されたセッションスタイルのインテリアカラーパッケージ仕様の
N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)の内装・インテリアは、このような感じの
デザインになっています。

N-BOXスラッシュ画像0051

N-BOXスラッシュ画像0050

ちょっと画像ではわかりづらいかもしれませんが、助手席側のインパネに
ダークブラウンの木目調パネルが採用されています。

N-BOXスラッシュ画像0060

木目調パネルを使用しすぎるとおじさんっぽい内装・インテリアに
なりがちですが、このN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)の内装は木目調パネルが
それほど主張しすぎていない感じが好印象でした。

また、このN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)に使用されている木目調パネルは
色が濃いので、安っぽさを全く感じさせないのも良いと思いました。

ハンドルのアクセントカラーは何色?

また、N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)でインテリアカラーパッケージを
選択すると、ハンドルのデザインやカラーが変わるのも特徴の一つです。

ちなみに、一番派手なカルフォルニアダイナースタイルのハンドルは、
このように赤いラインが入っているデザインに…。

N-BOXスラッシュ画像0012 N-BOXスラッシュ画像0014

ただ、セッションスタイルのハンドルをよ~く見ると、ブラウンではなく
ブラックのラインが…。

N-BOXスラッシュ画像0059 N-BOXスラッシュ画像0063
個人的にはダークブラウンのラインを入れても良かったのかなと思いました。

N-BOXスラッシュ ブラウンの内装色:ドアパネル編

また、N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)のインテリアカラーパッケージを
注文するとデザインが変わるのがドアの内側パネル。

今回私が見たセッションスタイルのドア内側パネルは、このような
デザインになっていました。

■フロントドア

N-BOXスラッシュ画像0065

■リヤドア

N-BOXスラッシュ画像0055

レザーっぽい素材とインパネにも採用されていた木目調パネルが使用されており
N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)のドア内側パネルはシックな雰囲気に…。

N-BOXスラッシュ画像0056 N-BOXスラッシュ画像0058

落ち着いた雰囲気で良いですよね。

ドアハンドルまわりに使用されている木目調パネルがワンポイントに
なっていて、とても良いデザインだと思いました。

また、ブラウンカラーの合成のレザー素材と木目調を採用している
セッションスタイルのドア内側パネルは、見た目のインパクトも十分。

N-BOXスラッシュの後部座席はこのようにドア内側パネルだけではなく、
サイドの壁にもこのレザー素材が採用されており、一体化したデザインに…。

N-BOXスラッシュ画像0068

このようにドアとサイドの壁面が一体化したようなデザインは、
ちょっと珍しいですよね。

ただ実際に後部座席に座ってみるとまったく違和感が無く、むしろ快適でした。

Nスラッシュ ブラウン内装色:シート編

また、セッションスタイルのインテリアカラーを選択すると、
N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)のシートも専用のデザインになります。

セッションスタイルを選択した時の運転席は、このようなデザインになっています。

N-BOXスラッシュ画像0066

ドア内側パネルにも使用されていた合成レザーが施されたブラウンカラーのシートに…。
ダークブラウンカラーがシックな雰囲気で良いですよね。

また、このダークブランカラーのレザーを近くで見てみると、このように
すこし黒ずんだデザインに…。

N-BOXスラッシュ画像0069

この少し黒ずんだデザインがN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)のシート全体に
立体感を与え、よりスタイリッシュなデザインになっているように感じました。

助手席にはブラックのラインを採用

また、セッションスタイルを注文した時のN-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)の
助手席は、背もたれから座面にかけて太めのブラックカラーのラインが
入っていました。

N-BOXスラッシュ画像0062 N-BOXスラッシュ画像0061

このラインが入っているだけで、N-BOXスラッシュ(N-BOX SLASH)の室内の
雰囲気がガラリと変わりますね。

ブラウン一辺倒のシートの中でこのブラックのラインはかなり際立っており、
スタイリッシュな雰囲気の内装・インテリアに役立っているのかなと思いました。

また、セッションスタイルの後部座席のデザインは、このようになっています。

N-BOXスラッシュ画像0064 N-BOXスラッシュ画像0070

シートの素材や助手席側に大きめのブラックのラインが入るなど
基本的な同じデザインを採用。

ソファーシートなのでちょっと滑りやすいのが難点ですが、
フロントマスク同様にスタイリッシュな雰囲気の色遣いが良いと思いました。

N-BOXスラッシュ画像0050

ブラウンカラーが特徴のセッションスタイルを装備した時の
N-BOXスラッシュのインパネや内装は、このようになっていました。

インパネ自体はブラウンが目立つデザインにはなっていませんでしたが、
シートやドアパネルにブラウンカラーをふんだんに取り入れているので
かなりシックな雰囲気の内装に…。

男性女性問わず落ち着いた雰囲気の内装・インテリアがお好みの方には
人気が高いんだろうなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です