Nワゴン特別仕様車SSクールの内装レビュー①|インパネはオシャレ!?

Nワゴン特別仕様車0009

ホンダから発売中のハイト系ワゴンのN-WGN(Nワゴン)から
特別仕様車SSクールパッケージが発売されましたね。

今回発売されたSSクールパッケージは、
フロントグリルのデザインが変更され、よりワイルドなデザインに・・・。

ベースとなっているN-WGN(Nワゴン)のGターボパッケージよりも
ワイルドな雰囲気になっていました。

>>> Nワゴン 特別仕様車のエクステリアは、コチラから

また、N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車を見に行って来た際、
内装・インテリアもしっかりと確認してきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

Nワゴン特別仕様車の内装インプレッション

N-WGN(Nワゴン)特別仕様車SSクールパッケージの運転席を開けると、
このような感じになります。

新型シエンタ画像0012

ブラックが基調になっていて、オシャレですよね。
そして運転席に乗り込みます。

インパネ全体のデザイン

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージの内装・インテリアの
デザインは、このようになっています。

新型シエンタ画像0011

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車の内装色は、濃い紫色のバーガンディ×ブラック。
濃い紫色がかなり大人っぽい雰囲気になっていました。

ちなみに、この特別仕様車SSクールパッケージのない装飾は、
ベースとなっているカスタムのGターボパッケージと全く一緒。

個人的には、違うSSクールパッケージ専用の内装色に
してもらいたかったです。

運転席側インパネ

運転席側のインパネのデザインは、このようになっています。

新型シエンタ画像0017

ハンドルは、本革巻きのステアリングホイールを採用。
見た目の高級感もあり、また、ちょっと細めですがグリップ感も
なかなか良かったです。

個人的にはもう少し太目のステアリングホイールの方が好みでしたが、
女性などにとってもこのくらいの太さの方がちょうど良いのかなと思いました。

ただ、内装のカラーとマッチしたバーガンディカラーの
ステッチは、思ったよりもオシャレで良いと思いました。

新型シエンタ画像0018

また、N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージもGターボパッケージと
同様にステアリングホイールの左右にパドルシフトが装備。

新型シエンタ画像0019

山道の急な下り坂でエンジンブレーキをかける時、便利そうです。

さらに、N-WGN(Nワゴン)では、クルーズコントロールも標準装備。
残念ながら前走車との車間距離を一定に保つ追従型クルーズコントロールではなく、
一定のスピードで走行するタイプ。

新型シエンタ画像0025

しかし、軽自動車でこのクルーズコントロールが標準装備されているのは、
スゴイですよね。

また、ハンドルの左側には、緑色のスイッチ”ECONボタン”を装備。

新型シエンタ画像0020

このECONボタンをONにすると、エンジンの出力を抑制し、
燃費重視のエコな運転になるようです。

ちなみにこのN-WGN(Nワゴン)の特別仕様車ののECONボタンをOFFにすると、
アイドリングストップも解除されるようです。

また、ハンドルの右側には、安心パッケージ(あんしんパッケージ)の
機能の一つでもある自動ブレーキや、オートリトラミラーののON/OFFスイッチが
装備されていました。

新型シエンタ画像0027

また、ハンドルの右側には運転手用のドリンクホルダーが装備されていました。

また、ハンドルの下には、このような収納スペースも・・・。

新型シエンタ画像0021

N-WGN(Nワゴン)では、センターコンソールボックスが装備されていないので、
サイフやポーチ、スマホなどを置いておくのには、便利そうだと思いました。

インパネ中央のデザイン

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車のインパネの中央のデザインは、
このようになっています。

新型シエンタ画像0013

比較的スッキリとしているデザインですよね。

シフトレバーやエアコンのコントローラーが登載されている部分の
張り出しも小さめ。
運転席から助手席のウォークスルーがラクラクできるのが、高評価です!

新型シエンタ画像0012

また、シフトレバーの隣に装備されている赤いスイッチが、
エンジンスタータースイッチ。

新型シエンタ画像0033

もし子供が助手席に座っていたら、イタズラでスイッチを押しちゃいそう!?と、
思ったのですが、エンジンを踏みながらスイッチを押さないと、エンジンは
立ち上がりません。

なので、子供が誤ってスイッチを押してしまっても安心です。

また、N-WGN(Nワゴン)のシフトレバーは、このようなデザイン。

新型シエンタ画像0026

N-WGN(Nワゴン)特別仕様車SSパッケージのハンドルが本革巻きなので、
シフトレバーも本革巻きになっている事をきたいしたのですが・・・
残念ながらソフトパッドでした。

このN-WGN(Nワゴン)の中央インパネの注目の装備が、
スライド式のセンタートレイ。

このスライド式のセンタートレイは、とっても便利そう!!
このようにトレーだけを引き出して、使用する事も可能です。

新型シエンタ画像0022

また、このトレーの上の部分を引き出すと、ドリンクホルダーも出てきます。

新型シエンタ画像0023

プラスチック素材でできているので、汚れても簡単にふき取る事ができるし、
コンビにで購入したスナックなどを置いておいて、信号待ちの時に
ちょっとつまむのも良いのかな~っと思いました。

ただ、N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSパッケージを試乗した時、
この部分にセブンイレブンで購入したカップのアイスコーヒーを置いたら
ちょっとした振動で”カタカタ”と言う音がして、少し気になりました。

置くものには、注意が必要かもしれませんね。

また、N-WGN(Nワゴン)のインパネ中央の下の部分には、
大き目のセンターボックスを装備。

新型シエンタ画像0030

リッド(フタ)が装備されていて、開閉式になっているのが良いですよね。

見た目もスッキリとするし、私ならコンビニなどビニール袋を置いて、
ゴミ箱代わりにするのが良いのかな~っと思いました。

助手席側インパネ

N-WGN(Nワゴン)の特別仕様車SSクールパッケージの助手席側の
インパネのデザインは、このようになっています。

新型シエンタ画像0016

N-WGN(Nワゴン)の助手席前のダッシュボードには、インパネトレイが装備。

新型シエンタ画像0024

少し手前方が高くなっている手前上がりになっているので、
置いたモノが滑り落ちる心配は少なそうです。

このような工夫は嬉しいですよね。

助手席に座る人のサイフやスマホ・iPhoneなどを置いておくのには、
良いのかなと思いました。

ただ、スマホ・iPhoneによっては、このダッシュボードを傷つけしまう
可能性もあるので、スマホなどを置くなら柔らかめのゴムマットを敷いた方が
良いのかなと思いました。

ちなみに、N-WGN(Nワゴン)のインパネトレイの上の部分には、
収納スペースがありません。

この部分も収納スペースにしてくれたら、もう少し使い勝手が
良くなったのかなとも思いました。

また、助手席の前にあるグローブボックスは、このような広さ。

新型シエンタ画像0029

深さは十分だったのですが、横幅がそれ程大きくないので、
車検証をいれたら、ほぼ一杯になってしまうサイズだと思いました。

N-WGN(Nワゴン)のインパネのデザインは、このようにバーガンディが基調の
少し大人っぽい感じの雰囲気になっていました。

N-WGN(Nワゴン)の標準モデルに使用されているベージュカラーのような
開放感や明るさはありませんが、落ち着いたシックな感じのクルマに
乗りたい人には、良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です