内装・インテリアの違いを比較|N-ONEローダウンと標準モデル

N-ONELOW画像0003

ホンダのNシリーズ”N-ONE(Nワン)“から背が低くなった
ローダウン(LOW DOWN)モデルが発売されました。

このN-ONEローダウン(LOW DOWN)は専用のアルミホイールが装備され、
また、大型のテールゲートスポイラーも装備され、
よりスポーティーな雰囲気に生まれ変わりました。

また、内装のカラーもベースとなっているカラーと異なり、
スタイリッシュな雰囲気になっていました。

そんなN-ONEローダウン(LOW DOWN)とベースになっている標準モデルの
内装・インテリアの違いを比べてみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

N-ONEローダウンと標準モデル 内装のデザイン比較

インパネのデザイン比較

N-ONEローダウン(LOW DOWN)とベースになっている
プレミアム ツアラーのインパネのデザインは、このようになっています。

・N-ONEローダウン(LOW DOWN)

N-ONELOW画像0018

・プレミアム ツアラー

N-ONELOW画像0030

N-ONEローダウン(LOW DOWN)の内装・インパネのカラーはブラック一色。
引き締まって見えますよね。

私はブラック一色のN-ONEローダウン(LOW DOWN)は、
かなりクールでかっこよい印象を持ちました。

一方、N-ONEローダウン(LOW DOWN)のベースになっている
N-ONE プレミアムツアラーの内装カラーは、ブラック×バーガンディ。

バーガンディカラーとは、ワインレッド系のカラー。
紫かかったような赤色になっています。

なので、N-ONEローダウン(LOW DOWN)と比べると、
少しアダルティーな大人っぽい感じの雰囲気。

インパネの下部のカラーが異なるだけで、クルマの印象が異なりますね。

標準モデルのプレミアム ツアラーの方が落ち着いた
上品なデザインになっているように感じました。

ドアパネルのデザインを比較

また、インパネのデザインだけでは無く、N-ONEローダウン(LOW DOWN)と
標準モデルでは、ドアパネのデザインも異なります。

・N-ONEローダウン(LOW DOWN)

N-ONELOW画像0084

・プレミアム ツアラー

N-ONEプレミアム画像0004

N-ONEローダウン(LOW DOWN)と標準モデルでは、
ドアパネルのカラーが異なりますよね。

N-ONEローダウン(LOW DOWN)は、ドアパネルのカラーはインパネの
デザインにマッチしたブラック調。

また、ヒジが当たるファブリック調の素材の部分もクルマの
シートのデザインにマッチしたデザインになっていました。

N-ONELOW画像0075

ドアの内側のパネルもかなりスタイリッシュなデザイン。

一方、ベースになっているプレミアム ツアラーのドアパネルの内側は、
バーガンディカラー。

N-ONEプレミアム画像0004

インパネだけでは無く、ドアパネルのカラーもバーガンディーなので、
標準モデルの運転席に座ると、このバーガンディに囲まれている感じがしました。

インパネの下部やシートのカラーがブラックなので、ブラックの方が
強そうですが、思ったよりもバーガンディカラーのインパクトがありました。

N-ONEプレミアム画像0005

落ち着いたレッド系やパープル系のカラーが好きな方は、
この標準モデルの内装はピッタリなのかなと思いました。

一方、スタイッシュでクールなデザインが好きな方は、
N-ONEローダウン(LOW DOWN)の方が好みなのかなと思いました。

ちなみに、私は元々ブラックが好きな事もあり、
N-ONEローダウン(LOW DOWN)の内装のデザインの方が好みでした。

一方、私の妻はブラック一色だと圧迫感があるので、
バーガンディカラーの標準モデルの方が好みと言っていました。

N-ONELOW画像0027

このように内装・インテリアのデザインが異なるため、
運転席に座ったときの感じ方・雰囲気も全く異なります。

クルマの内装・インテリアは、運転中常に目にするものなので、
お気に入りのデザインの方が良いですよね。

駐車場の問題など高さに制限が無いのなら、好きな内装のデザインや
カラーで、N-ONE(Nワン)のグレードを選んでも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です