シートのデザインはオシャレ!?|N-ONE LOW DOWN内装・インテリア画像②

N-ONELOW画像0009

ホンダの軽自動車N-ONE(Nワン)から全高が低いローダウン(LOW DOWN)が
新発売されましたね。

今回発売されたN-ONE(Nワン)の内装は、このようにブラック一色。

N-ONELOW画像0018

引き締まって見えますよね。

また、ターボ車のプレミアムツアラーをベースにした
プレミアム ツアラー ローダウン(Premium Tourer LOW DOWN)の
シートもオシャレになっていました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ローダウンモデルのフロントシート

N-ONEローダウン(LOW DOWN)のフロントシートは、このようになっています。

N-ONELOW画像0046

今回N-ONEローダウン(LOW DOWN)のシートに使用されている素材は、
プライムスムース×ジャージ。

プライムスムースとは、レザー風の素材の事。
N-ONEローダウン(LOW DOWN)では、サイドのサポートの部分に使用されていました。

本革のような高級感はありませんが、軽自動車としては十分。
プライムスムースが使用されていないノンターボ車と比べると、
高級感が全く違いました。

また、お尻や背中が触れる部分はファブリックのジャージ素材。

N-ONEローダウン(LOW DOWN)のシートを遠くで見た時、
少しゴワゴワしているのかなと思ったのですが、見た目以上に
肌触りも良く、座ってみて快適でした。

相変らずホンダらしいちょっと硬めのシートなのは、
かわりませんでしたが・・・。

また、ベースとなっているプレミアム ツアラーと違う部分は、
シート中央のアクセントカラーとステッチ。

プレミアムツアラーでは、シートの中央の部分が
ワンポイントカラーとして金色っぽいシャンパンカラーを採用。

また、ステッチもシートのアクセントカラーと同色の
シャンパンカラーになっています。

一方、N-ONEローダウン(LOW DOWN)のシートのアクセントカラーは、ブラック。

N-ONELOW画像0042

そして、ヘッドレストやシートのサイドに使用されているステッチは、
シルバーカラーになっていました。

N-ONELOW画像0043

ベースとなっているプレミアム ツアラー(Premium Tourer)よりも
シートもクールな印象を持ちました。

ローダウンモデルの後部座席

一方、N-ONEローダウン(LOW DOWN)の後部座席(リアシート)は、
このようになっています。

N-ONELOW画像0044
N-ONEローダウン(LOW DOWN)の後部座席もフロントシートと同様に
プライムスムース×ジャージを採用。

後部座席も高級感がありますよね。

シートがフラットなので、カーブをしたときなどのサポート力は、
イマイチでしたが、高級感のある見た目は、良かったです。

また、N-ONEローダウン(LOW DOWN)の後部座席は、
座面を跳ね上げる事ができるチップアップ機能を装備。

後部座席をチップアップすると、このような感じになります。

N-ONELOW画像0050

足元の空間がフラットでは無いのが少し気になりましたが、
チップアップをすると、思ったよりも広い空間が登場。

N-ONELOW画像0051

これなら背の高い荷物もラクラク載せれると思いました。

ちなみに、N-ONEローダウン(LOW DOWN)の後部座席は、
N-BOXやN-BOX SLASHに装備されているような前後にスライドする
機能は装備されていませんでした。

N-ONE(Nワン)がマイナーチェンジをすると聞いて、後部座席が
スライドする事を期待していたので、ちょっとこの点に関しては残念でした。

ただ、N-ONEローダウン(LOW DOWN)のシートのデザインや質感に関しては、
軽自動車として十分なレベルだと思いました。

<<< N-ONE LOW DOWNの内装画像① ブラックの内装がオシャレは、コチラから

>>> N-ONEローダウンの内装画像③ メーターはオシャレだけど…は、コチラから

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です