視界性のメリット&欠点。Nボックス スラッシュを試乗インプレッション

Nボックススラッシュ画像00004

Nシリーズの第4弾として新発売されたNボックス スラッシュ
先日試乗をしてきました。

静寂性や乗り心地の良さは大満足だったのですが、
視界性・運転のしやすさに関してはメリットと欠点・デメリットが・・・。
実際に運転をしていて、気になった部分も多かったです。

Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)を実際に試乗をして、このクルマの
視界性に関して良かった部分と気になった部分をそれぞれ包み隠さず
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

Nボックス スラッシュの視界性:良かった部分は?

今回Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)を試乗して良いと思った部分は、視界の高さ。

Nボックス スラッシュ画像00517

今回新発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)はスズキのワゴンRや
ダイハツのムーブ/ムーヴと同じハイト系ワゴンサイズのクルマなのですが、
座面の位置が異様に高く、運転席からの見晴らしがかなり良い感じ!

実際に運転席からの眺めは、このような感じ。

Nボックス スラッシュ画像00110

Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)は軽自動車なのですが、ミニバンに
のっているような感覚で運転する事ができたので、ストレスフリーでとっても快適。

遠くまで見渡せるので、競合車・ライバル車よりも運転がしやすいように
感じました。この遠くまで見渡せる視界の良さは、Nボックス スラッシュの
魅力の一つなのかなと思いました。

見切りの良さ&死角の少なさも魅力の一つ

また、今回新しく発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の
魅力の一つは、見切りの良さと死角の少なさ。

N-BOXスラッシュ画像0075

N-BOXスラッシュ画像0051

このクルマはスーパーハイト系ワゴンのN-BOX(Nボックス)の天井を
低くしたチョップドルーフモデルとなっています。なので、このクルマの
フロントガラスはスーパーハイト系ワゴンのクルマ垂直に立っております。

また、ボンネット部分も短いため、見切りがとっても良い。
そのため左斜め前方までしっかりと把握することができます。

さらに、Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)はこのように三角窓も
大きくなっているので、運転中の死角が少ない。

Nボックス スラッシュ画像00576

実際にこのNボックス スラッシュを試乗で歩行者の多い横断歩道を
横断する機会があったのですが、死角が無いので現在乗っている
クルマよりも断然ラク。

クルマによっては、首を前後左右に振って歩行者がこないか確認するときが
あるのですが、今回発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)は、
三角窓が大きく斜め前方の死角が少ないので、歩行者の認識がとってもしやすい。

この見切りの良さや死角の少なさもNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の
メリット・良いところの一つなのかなと思いました。

Nボックス スラッシュの視界性:欠点

このように前方の視界はとても良いNボックス スラッシュですが、
実際に試乗をしてみて気になったのは、後方視界。

Nボックス スラッシュ画像01035

特に左後方の視界は、あまり良くないように感じました。

このNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の左後方の視界が良くない
原因の一つが、サイドウィンドウのデザインとCピラーのデザイン。

まずこのクルマに乗り込んで後方視界を確認した時に気になったのは、
サイドウィンドウのデザイン。

このクルマはハイト系ワゴン車でありながら、クーペ車のように
窓枠にドアハンドルが装備されているデザイン意なっております。

Nボックス スラッシュ画像00175

また、Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)は後方に行くにつれて
ガラスエリアが小さくなるデザインを採用・・・。

Nボックス スラッシュ画像00334

見た目のデザイン性はとても良いNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)ですが、
視界性の面から考えると、このサイドウィンドウのデザインが欠点に・・・。
このように運転席から見ると、左後方に死角が多いのがわかりますよね。

Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)ではハイト系ワゴンでは珍しく
左側にサポートミラーが採用されています。

Nボックス スラッシュ画像00129

左後方の視界を助けてくれるサポートミラーが装備されている事は
とても嬉しいのですが、それでも他のクルマに比べてると後方の視界には
不安があるように感じました。

また、このようにサイドウィンドウが狭いだけではなく、
Cピラーもかなり広くなっております。

Nボックス スラッシュ画像01038

このように見るとピラーの大きさがわかりますよね。
この事も後方の視界を遮る一つの原因になっているのかなと、
試乗をしていて感じました。

もしこれからNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)を試乗する際は、
ぜひとも後方視界をしっかりと確認してみてくださいね。

Nボックス スラッシュ画像00517

このホンダのNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)を試乗させて貰ったのですが、
このように良い部分と悪い部分・欠点の両方あるように感じました。

実際にクルマを運転していて良いと思ったのは、視界の高さと
見切りの良さ。また、斜め前方の死角の少なさも魅力に感じました。

ただ、その一方斜め後方の視界(特に左後方)の視界は、競合車・
ライバル車に比べて、かなり悪いように感じました。

このようにNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の視界性は良い部分と
悪い部分があるので、もしこれから試乗される際は、注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です