新型リーフXグレードのオプション【自動運転と自動駐車のどっちが良い?】

2017年10月、日本の電気自動車のリーディングモデル日産の新型リーフ(LEAF)が、
初のフルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回新発売された2代目モデルは、

・Gグレード
・Xグレード
・Sグレード

の3つのグレードを用意しています。

このような3つのグレードを用意している新型リーフ(LEAF)ですが、中間グレードの
Xグレードで悩ましいのが、メーカーオプションをどうするのかと、言う事です。

と、言うのも、このXグレードでは、この新型モデルの注目の機能の一つでもある
同一車線自動運転技術の”プロパイロット”と、自動駐車支援機能の”プロパイロット
パーキング”のどちらかしか装備をする事ができません。

どちらかしか選べない新型リーフのXグレードですが、同一車線自動運転技術の
“プロパイロット”と、自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”では、
どちらのおススメなのでしょうか?

実際に”プロパイロット”と”プロパイロット パーキング”を使った感想を交えて、どちらの方がおススメかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフのXグレードのオプションのおススメは?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフの中間モデルのXグレードは、
先ほども申し上げた通り、自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”と
同一車線自動運転技術の”プロパイロット”のどちかしか装着する事ができません。

また、”プロパイロット パーキング”や”プロパイロット”は、セットオプションと
なっているため、これらのオプションを注文すると、他の機能・装備も付随をして
ついてきます。

ただ、”プロパイロット パーキング”と”プロパイロット”では、付随される機能や
装備が異なります。

なので、どちらかのオプションを選ぶときは、”プロパイロット パーキング”と
“プロパイロット”の使い勝手だけではなく、どのような機能が装着されるのか
見比べないといけません。

実際に新型リーフ(LEAF)の”プロパイロット パーキング”と”プロパイロット”を
注文した時に装着される機能は、それぞれこのようになっています。

■プロパイロット パーキングのセット
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー
・17インチタイヤ&ホイール
・フロント&バックソナー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントDA(ふらつき防止)

■プロパイロットのセット
・ステアリングスイッチ
・電動パーキングブレーキ
・17インチタイヤ&ホイール
・フロント&バックソナー
・踏み間違い衝突アシスト
・BSW(後側方車両検知システム)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

このように付随されて装着されている機能・装備が異なる新型リーフですが、
個人的におススメなのは、同一車線自動運転技術のプロパイロットの方です。

私がプロパイロットの方をおススメする理由を紹介したいと思います。

理由1:プロパイロットの使い勝手の良さ

この2つのメーカーオプションの中で、私が同一車線自動運転技術の
“プロパイロット”の方をおススメする理由の一つが、使い勝手の良さです。

新型リーフ(LEAF)に装着されているプロパイロット機能は、基本的には
高速道路で使用する機能なのですが、クルマが車線を認識しない時は、
クルーズコントロールのように使用する事も可能です。

なので、一般道でも十分に使える機能です。

また、私が気になったのは、自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”の
精度です。

私は何度か”プロパイロット パーキング”を使用させて貰ったのですが、
白線が薄いところでは、クルマが白線を検知できない時もありました。

新型リーフ(LEAF)のプロパイロット パーキングでは、自分で駐車するエリアを
設定する事もできるのですが、設定に手間がかかります。これなら自分で駐車を
した方が良いような感じが…。

私は実際にこの”プロパイロット”と”プロパイロット パーキング”の両方の機能を、
確かめさせて貰ったのですが、個人的には、”プロパイロット”の方が使い勝手が良く、
使う機会が多いのかなと、思いました。

また、プロパイロットの方がオプション価格が安いのも、個人的には嬉しかったです。

理由2:付随される機能の充実度

また、私が同一車線自動運転技術の”プロパイロット機能”の方をおススメする
理由の一つは、付随される装備が充実している事です。

特に私が嬉しいと思った機能は、BSW(後側方車両検知システム)です。

このBSW(後側方車両検知システム)とは、高速道路などで車線変更する時に、
サイドミラーに映らない部分にクルマがいるかどうかを検知してお知らせを
してくれる機能です。

■新型リーフのサイドミラーに装着されているBSWのインジケーター

私は実際にBSW(後側方車両検知システム)を搭載しているクルマを乗っているのですが、
この機能が装着されていると、車線変更する時の安心感が全く異なります。

このように普段の運転で役に立つ機能が充実しているのも”プロパイロット機能”の
魅力の一つなのかなと、個人的には感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
Xグレードのメーカーオプション”プロパイロット”と”プロパイロット
パーキング”を比較してみたところ、このような違いがありました。

また、この2つのオプションでは、セットで付いてくる機能や装備にも
違いがありました。

どちらのオプションを装備すればよいのかは、本当に悩ましい問題ですが、
どちらの機能の方が必要なのかじっくりと見比べて、また、実際に試乗をして、
ご自分に必要なオプションを選んでくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です