日産の新型リーフでは、USBソケットは何個装備されている?

2017年10月、日産が次期環境車のフラッグシップモデルと位置付けている
新型リーフ(LEAF)が、フルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回新発売された新型モデルは、同一車線自動運転技術のプロパイロットや
自動駐車支援システムのプロパリロットパーキングなど、最新の機能・装備を
備えているのが、特徴の一つです。

そんな日産の新型リーフ(LEAF)ですが、スマホやiPhoneの充電に役立つ
USBソケットは、いくつ用意されているのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗してきた際、USBソケットの個数や使い勝手を
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

日産 新型リーフのUSBソケットの個数は何個?

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
USBソケットの数を確認してみたのですが、残念ながら、1つしか用意されて
いませんでした。

ちょっと残念ですよね。

これでは、家族みんなで長距離ドライブしている時など、USBソケットの
取り合いになってしまいそうです。

センターコンソールの後方など、後部座席周りにもう1~2個装備されていたら、
嬉しかったのですが…。

このクルマは、アクセサリーコンセントも装備されていないですし、
運転中のスマホやiPohne、タブレット端末の充電の事を感がると、
個人的には、少々物足りなさを感じてしまいました。

ちなみに、USBソケットが標準装備されているのは、新型リーフ(LEAF)の
最上位モデルのGグレードと中間モデルのXグレードのみとなっており、
最廉価モデルのSグレードでは、装備されていません。

個人的には、SグレードでもUSBソケットを標準装備しても良かったのかなと、
思いました。

新型リーフのUSBソケットは、どこの装備されていた?

このようなデザインになっていた日産の新型リーフ(LEAF)のUSBソケットですが、
設置されていた場所は、どこだったのでしょうか?

実際にクルマを確認したところ、USBソケットは、インパネ中央の下、
シートヒーターのスイッチなどと同じ並びで設置されていました。

■新型リーフのUSBソケット

このUSBソケットの下は収納スペースになっているので、
運転中に充電をするのには、とても良い配置だなと、実車を見た思いました。

新型リーフのUSBの良かったところ

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)では、
USBソケットは、一つしか装備されていませんでしたが、実際に使用をしてみて、
良いと感じた事もありました。

それは、USBの最大A出力が2.4A(アンペア)に対応なった事です。

なので、お手持ちのiPhoneやスマホ、タブレット端末も素早く
充電する事が可能で巣。

最近、USBソケットを標準装備しているクルマは多くなってきましたが、
2.4Aに対応しているUSBソケットを標準装備しているクルマは、まだそれ程
多くありません。

USBソケットの数はちょっと物足りませんでしたが、より短い時間で
充電できるようになっているのは、今回フルモデルチェンジをした
新型リーフ(LEAF)の魅力&メリットの一つなのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
USBソケットの数は、このようになっていました。

個人的には、USBソケットの数が少ないのが、少々残念でした。

ただ、新型リーフ(LEAF)はUSBソケットの他の12Vの電源ソケットを
用意しています。

もしUSBソケットが一つで足りなければ、市販のアイテムを購入して、
この電源ソケットをUSB代わりに使うのも、良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です