日産 新型リーフで車中泊は可能?シートアレンジを確認してみた

2017年10月、日産のフラッグシップモデル新型リーフ(LEAF)が初の
フルモデルチェンジを行い、2代目に移行をしました。

フロントマスクのVモーショングリルが映える精悍なデザインに生まれ変わった
この2代目モデルですが、先代モデルよりも一回りボディサイズも大きくなりました。

>>> 新型リーフのボディサイズ【先代モデルとの違いは?】

このように先代モデルよりもボディサイズが大きくなった新型リーフ(LEAF)ですが、
車中泊をするだけの広さは、あるのでしょうか?

先日、この新型モデルを試乗した時に車中泊ができる広さがあるのか、
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフで車中泊はできるか徹底チェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の内装・
インテリアは、このようなデザインをしています。

この新型モデルは、運転席だけではなく、後部座席の居住性に優れ、
頭上空間(ヘッドクリアランス)・足元空間(ニークリアランス)ともに
十分な広さを確保しています。

フロアの下にバッテリーを積みこんでいるため、後部座席に座った時に
床の高さは若干気になりましたが、身長175cmある私が後部座席に座っても、
窮屈さを感じない広さは、好印象でした。

このように座るだけなら、全く問題ない新型リーフ(LEAF)ですが、
やはり車中泊をするには、ちょっと室内の広さが足りない感じが…。

シートはフルフラットにはならない

最初、日産新型リーフ(LEAF)のシートはフルフラットになるか確かめるため、
フロントシートの背もたれを一番後ろまで倒してみました。

しかし、フロントシートのリクライニング幅はとても大きいのですが、
倒した背もたれが、後部座席の座面と重なってしまいフルフラットに
する事はできません。

ボディサイズから考えてちょっと難しいのかなと思ったのですが、個人的には、
フロントシートの背もたれを垂直に倒して、足を伸ばして座れる足元空間や
ちょっと仮眠をする事ができる”リラックスモード”が用意されていても
良かったのかなと、思いました。

後部座席の背もたれを倒してみると…

新型リーフ(LEAF)で車中泊ができるか確かめるために、次は後部座席の
背もたれを倒してみました。

この新型モデルの背もたれを倒してみると、このような感じ。

この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、約1,610mm。

このままでは、ちょっと奥行きが狭く、車中泊をするには、厳しい感じが…。

後部座席の足元空間(ニークリアランス)の隙間を埋めて、ようやく
車中泊ができるくらいの広さなのかなと、思いました。

後部座席を収納した時に気になったのは…

ただ、新型リーフ(LEAF)の後部座席を収納した時に気になったのは、
背もたれを収納した部分の段差です。

この新型モデルでは、後部座席を収納した時、荷室・ラゲッジスペースと
背もたれの境目部分で約30cmの段差が生じてしまいます。

なので、車中泊をするには、この段差を埋めなければいけません。

布団やマットを使用して、この段差を埋めるのも良いですが、個人的に
一番ラクだと思ったのは、荷室・ラゲッジスペースの収納部分を上下2段に
分ける事ができるラゲッジアンダーボックスを使用する事です。

このラゲッジアンダーボックスを使用すると、ボード下の部分に荷物やアイテムを
収納できるだけではなく、後部座席を収納した時に段差がないほぼフラットな
荷室にする事ができます。

個人的には、ディーラーオプションのラゲッジアンダーボックスを使用すれば、
だいぶ車中泊がラクになるのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)で
車中泊が可能かどうか確認してみたところ、このようになっていました。

ミニバンやSUVなどと比較すると、快適性は劣りますが、なんとか
車中泊をする事は可能です。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの段差を埋めるなど、また、荷物置き場など、
色々と工夫をする必要はあるのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です