新型リーフのスプリングライトグリーンはどんな色?【実車画像レビュー】

日産が現在チカラを入れている電気自動車のフラッグシップモデル
新型リーフ(LEAF)が、2017年10月に初のフルモデルチェンジを行いました。

今回新発売された新型モデルは、モノトーン/2トーンカラーを合わせて
14種類のカラーをラインナップしているのですが、新色も用意されています。

その一つが、モノトーン専用色のスプリングライトグリーンです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
新色”スプリングライトグリーン”は、どのようなカラーになっているのでしょうか?

先日、このスプリングライトグリーンの写真を抑えてきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフのスプリングライトグリーンの実車画像レビュー

2017年10月にフルモデルチェンジをして新発売された日産の電気自動車
新型リーフ(LEAF)の新色”スプリングライトグリーン”は、このような
カラーになっています。

■新型リーフのスプリングライトグリーン

今回新たに追加されたこのスプリングライトグリーンですが、クルマの名前が
“リーフ=葉っぱ”なのに、どうして緑色がラインナップされていないの?と言う、
お客さんの不満から開発されたカラーのようです。

ただ、実際にこのスプリングライトグリーンを見てみると、グリーン感(緑感)は、
思ったよりも控えめ…。

光沢感も強く、パット見た感じでは、緑がかったシルバー(グリーンシルバー)に
見え、グリーンと言った印象を持ちませんでした。

個人的には、もうすこしカラー名に”グリーン”と付いているので、もっと鮮やかな
エコロジカルなイメージのあるグリーンにしても、良かったのかなと、思いました。

ただ、新型リーフ(LEAF)用に新開発されたスプリングライトグリーンは、
定番色のシルバーに近い感じのカラーなので、意外と手に取りやすいカラーに
なっているのかも!?とも、思いました。

また、ラディアントレッドと同様にこのカラーも光の当たり具合によって、
かなり見た目の印象が異なるカラーだと、思いました。

このスプリングライトグリーンの人気は、どのくらい?

このようなカラーになっていた新型リーフ(LEAF)のスプリングライト
グリーンですが、人気・売れ行きは、どれくらいなのでしょうか?

私がいつもお世話になってるディーラーさんに話を聞いたところ、
このスプリングライトグリーンの売れ行きは、あまり芳しくないようです。

ディーラーさんは、それ程詳しく教えてくれなかったのですが、私が話を
聞いた雰囲気では、平均よりもかなり下な感じが…。もしかしたら、
あまり売れていないカラーの部類に入るのかもしれません。

ただ、スプリングライトグリーンのような、ちょっと奇抜なカラーの
売れ行きが伸びないのは、仕方ないのかもしれませんね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)に限らず、
スプリングライトグリーンのようなちょっと奇抜なカラーよりも、定番色の
ブリリアントホワイトパールやスーパーブラックの方が人気が高いですし…。

また、新型リーフ(LEAF)に限って言えば、全体的にモノトーン(単色)よりも、
ルーフやサイドミラーのカラーが異なる2トーンカラーの方が人気が高いようですし…。

ただ、他の人とあまりかぶりたくない人は、このスプリングライトグリーンは、
良いのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
新色スプリングライトグリーンを確認してみたところ、このようになっていました。

このスプリングライトグリーンは、グリーンと言うよりも、グリーンシルバーと
いった感じのカラーに…。思ったよりもグリーン感が少なく、この新型モデルの
カタログで見た時の印象と全く異なりました。

ただ、このスプリングライトグリーンはシルバー感が強く、また、意外とクセの
無いカラーなので、シルバー系のカラーをお探しの方は、候補の一つに入れても
良いのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です