日産 新型リーフのおすすめは、Gグレード【その2つの理由とは?】

日本で一番売れている電気自動車新型リーフ(LEAF)が、2017年10月に
フルモデルチェンジをして、2代目モデルがデビューをしましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、次の3つの
グレードをラインナップしています。

・Gグレード
・Xグレード
・Sグレード

グレードによって、機能や装備が異なる日産の新型リーフ(LEAF)ですが、
実際に見て、一番魅力的に感じたおススメのグレードは、最上位の
Gグレードです。

なぜ、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、
Gグレードがおススメなのでしょうか?

実際に見てGグレードの良いと思った部分&魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフのGグレードの魅力1:機能の充実度

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の最上位モデル
Gグレードの魅力の一つは、機能が充実している事です。

例えば、LEDヘッドライトが標準装備されているのは、Gグレードのみです。

また、イオンを放出して車内の空気をキレイにするプラズマクラスター搭載の
フルオートエアコンが標準装備されているのは、Gグレードのみとなっています。

そして、新型リーフ(LEAF)の最上位モデルのGグレードと、それ以外のグレードの
大きな違いが、運転をラクにしてくれる自動運転技術が装備されている事です。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)では、高速道路の
運転をラクにしてくれる同一車線自動運転技術の”プロパイロット機能”や
自動で駐車をしてくれる”プロパイロット パーキング”が搭載されています。

この2つの機能が標準装備されているのは、Gグレードだけです。

一つ下のXグレードでもオプションで用意されているのですが、Xグレードの場合、
プロパイロット機能かプロパイロット パーキングのどちらかしか装備をする事は、
できません。

高速道路を運転しない人や自分のチカラで駐車をするという人は、Gグレードを
選ばなくても良いと思います。

ただ、自動駐車支援システムの”プロパイロット パーキング”や同一車線自動運転技術の
プロパイロットを使って、運転をラクにしたいと思っている方は、Gグレードの方が
良いのかなと、思いました。

新型リーフのGグレードの魅力2:安全装備が充実

また、安全装備が充実しているのも新型リーフ(LEAF)の最上位モデル”Gグレード”の
魅力の一つです。

Xグレードや最廉価モデルのSグレードでも、自動ブレーキ”インテリジェント
エマージェンシーブレーキ”など基本的な安全装備が搭載されているのですが、
Gグレードのみに標準装備されている機能も多々あります。

■Gグレードのみに標準装備されている安全装備
・電動パーキングブレーキ
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント バックミラー
・フロント&バックソナー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・後側方車両検知機能
・後退時車両検知機能
・車線逸脱防止支援システム
・ふらつき警報

このように新型リーフ(LEAF)の最上位モデル”Gグレード”は、前方だけではなく
後方の安全もサポートしてくれるので、安心して運転する事ができます。

私はこの新型モデルを高速道路の車線変更時、後側方車両検知機能の性能を
確かめさせて貰ったのですが、思ったよりも使い勝手が良い感じ。

車線変更をしようとウィンカーを点灯した時に、隣の車線にクルマがいた場合は、
サイドミラーのインジケーターと警告音で注意を促してくれます。

このサイドミラーに搭載されたインジケーターも大きいので、視認性も良く、
自分の目視のみで車線変更するよりも、安全に車線変更をする事ができたのは
好印象でした。

特に車線変更に苦手意識がある人には、この後側方車両検知機能は、
とても助かる機能なのかなと思いました。

また、このように安全装備システムが充実しているのも、新型リーフ(LEAF)の
最上位モデルGグレードの特徴&メリットの一つなのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、
3つのグレードを用意していますが、これらの理由でGグレードが一番
良いのかなと思いました。

この新型モデルの最上位グレードのGグレードとXグレードを比較すると、
車体本体価格だけで、約47万円も異なります。

この価格差はちょっと大きいですが、補助金で40万円+α返ってきますし、
思い切って最上位モデルのGグレードを購入するのも一つの方法かなと、思いました。

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんのお話によると、
新型リーフ(LEAF)の一番人気のグレードは、やはりGグレードになっているそうですよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です