【荷室容量はどのくらい?】新型リーフのラゲッジ画像レビュー

航続可能距離が拡大され、実用性が高まった日産の2代目新型リーフ(LEAF)が、
2017年10月にデビューをしました。

見た目や内装も良い意味で普通になり、万人受けをするデザインになった
ように感じました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)を
実際に確認をしてみて、良いと思ったのが、荷室・ラゲッジスペースの
サイズと使い勝手の良さです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースも、先代モデルよりも広くなった感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の荷室・
ラゲッジスペースの容量は、どのくらいだったのでしょうか?また、
先代モデルからどのくらい増えたのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルの荷室容量を
確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフの荷室容量はどのくらい?

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■2代目新型リーフの荷室画像

また、6対4分割方式になっている後部座席を収納した時の荷室・
ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

後部座席の背もたれ部分で約300mmくらいの段差が出来てしまうのが、個人的には、
少々残念でしたが、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、十分。スーツケースや
家電など大きな荷物も安心して、積みこめるデザインになっているように感じました。

そんな新型リーフ(LEAF)の荷室容量を確認したところ、このように
なっていました。

■新型リーフの荷室容量…435リットル

ちなみに、先代モデルの荷室容量は、370リットルでした。

この事を考えると、日産の新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースが
先代モデルよりもいかに広くなるのか、分りますよね。

実際に見ても、奥行き/幅/高さともに十分な広さを確保しており、個人的には、
普段使いなら、荷室の広さや使い勝手でそれ程困るシーンは、少ないのかなと、
思いました。

先代モデルよりも荷室容量がアップした理由とは…

このように先代モデルよりも荷室容量が格段にアップした新型リーフ(LEAF)ですが、
先代モデルのラゲッジスペースと何が違うのでしょうか?

私は先代モデルと新型モデルを見比べる機会があったのですが、この2台の
モデルの荷室・ラゲッジスペースの大きな違いは、横幅です。

こちらは先代モデルの荷室・ラゲッジスペースなのですが、ホイールハウスの
張り出しが大きいのが、欠点・デメリットでした。

■先代モデルの荷室・ラゲッジスペース

しかし、今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)は、
EV専用パーツや配線を小型化した事により、レイアウトを見直した事により、
荷室の横幅が大幅にアップ。

このように横の張り出しが少ないスッキリとしたデザインになりました。

■新型リーフの荷室・ラゲッジスペース

ちなみに、先代モデルと比較すると、この新型モデルの横幅は310mmも
拡大し、約1010mmになっているそうです。

この違いは、大きいですよね。

このように、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)は、
横幅が広くなったので、後部座席を使用した状態でも、ゴルフバックを2個
積みこめる事ができるようですよ。

この使い勝手の良さも新型リーフ(LEAF)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の
一つなのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)ですが、
荷室容量は、このように先代よりも大幅にアップ。

また、先代モデルよりも横幅が広くなり、使い勝手が良くなったのも好印象でした。

ミニバンやSUVなどと比較すると、この新型モデルの荷室の広さや容量は劣りますが、
コンパクトカーサイズのクルマとしては、十分満足できる広さを確保しているのも
魅力の一つなのかなと、思いました。

ちなみに、新型リーフ(LEAF)の競合車・ライバル車の一つでもある、同じ日産から
発売されているノートe-POWERとの荷室・ラゲッジサイズの違いを確認してみたところ、
このようになっていました。

>>> 広さの違いは?新型リーフとノートe-POWERの荷室サイズ比較

このように見比べると、やはり新型リーフ(LEAF)の広さを実感する事ができますね^^

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です