新型リーフの後部座席はリクライニングできるの?実車で確認してみた

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった日産の電気自動車新型リーフが、
2017年9月に、初のフルモデルチェンジをして、新発売しましたね。

3ナンバーのクルマらしく車内も広く、また、後部座席に座った時の
頭上空間や足元空間の余裕も、この新型モデルの魅力の一つです。

そんな新型リーフ(LEAF)の後部座席は、リクライニング機能は、
されているのでしょか?また、座り心地や居住性は、どうだったのでしょうか?

先日、この新型モデルの居住性・快適性を確認してきたので、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

リクライニングできる?新型リーフの後部座席を徹底チェック

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の後部座席は、
このようなデザインになっています。

■新型リーフの後部座席

この新型モデルの後部座席に標準装備されているシート素材は、全グレード
共通して、ファブリック素材を採用しています。

なので、車内は、高級感というよりも、カジュアルな雰囲気に…。

ただ、この新型リーフ(LEAF)はメーカーオプションで本革シートも
用意しています。

■新型リーフの本革シート

若干オプション価格は高いのがネックですが、より高級感のある内装・
インテリアにしたい方は、本革シートに変更するのも、良いのかなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の
後部座席に座ってみて気になったのは、フロアの高さです。

このクルマは、ボディの下部全体にバッテリーを積んでいるので、ガソリン車よりも
フロア位置が高めになってます。なので、座った時に足が若干高く持ち上がり、
体育座りをしているような感覚になるのは気に若干気になります。

ただ、足元空間(ヘッドクリアランス)や足元空間(ニークリアランス)は、
とても広く、身長がある175cmある私が後部座席に座っても、ゆったりと
過ごせるのは、とても良いと思いました。

そんな新型リーフ(LEAF)の後部座席ですが、背もたれの角度を調整できる
リクライニング機能が装備されているか、確認してみました。

しかし、残念ながら、このクルマの後部座席には、背もたれの角度を調整できる
リクライニング機能を装備していませんでした。

一応、肩口に背もたれをリクライニングできそうなスイッチは装備されて
いるのですが、これは、荷室・ラゲッジスペースを前方に倒す時に使用するスイッチです。
背もたれを後ろに倒す事は、できませんでした。

ただ、座り心地は思ったよりも良好

残念ながら、後部座席にリクライニング機能は装備されていませんでしたが、
実際にこの後部座席に座ってみると、思ったよりも座り心地は、良いです。

まず、新型リーフ(LEAF)の後部座席に座ってみて良いと思ったのが、背もたれの角度。

このクルマの後部座席の背もたれは、90度よりも5度くらい後ろに傾斜しているので、
とても自然な体勢で座る事ができます。

また、シートの座面や背もたれに凹凸感があり、この立体的なシートがお尻や
背中にピッタリとフィット。ホールド感がとても良く、長時間座っていても
疲れにくいシートになっているように感じました。

後部座席の中央にセンターアームレストが装備されていないのが、個人的には、
とてもショックだったのですが、日産の電気自動車新型リーフ(LEAF)の後部座席の
座り心地自体は、とても良いように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の後部座席は、
残念ながら、リクライニング機能は装備されていませんでした。

ただ、シート自体はクッション性も良く、また、頭上空間も足元空間も
ゆとりがあり、ゆったりと座る事ができました。

後部座席にリクライニング機能は装備されていないのは、ちょっと残念でしたが、
その事が気にならないくらい新型リーフ(LEAF)の後部座席は、快適でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です