日産 新型リーフのグレード【S/X/Gの特徴&違いを分りやすく紹介】

2017年10月、日産の電気自動車のフラッグシップモデルの新型リーフ(LEAF)が、
フルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回新発売された新型モデルは、次の3つのグレードを用意しています。

■新型リーフのグレード
・Sグレード
・Xグレード
・Gグレード

この3つのグレードは、どのような特徴があるのでしょうか?
また、どのような違いがあるのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の各グレードの
特徴や違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフの3つのグレード【特徴や違いを紹介】

先ほども申し上げた通り、2017年10月に新発売をした新型リーフ(LEAF)は、
3つのグレードを用意しています。

そんな新型モデルの3つのグレードを紹介したいと思います。

その1:Sグレード


※写真は、Gグレードです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)を、
もっとも手に届きあすい価格で購入できるのが、エントリーモデルのSグレードです。

ハロゲンヘッドライトや16インチのタイヤ&ホイールを装着しているSグレードの
外装・エクステリアのデザインは、上位モデルのXグレードと大きく変わりません。
なので、外装・エクステリアから見分ける事はできません。

ただ、機能面・装備面は、他のグレードと若干異なります。

例えば、新型リーフ(LEAF)のSグレードでは、今回の注目機能の一つでもある
自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”や、同一車線自動運転技術の
“プロパイロット”は、装着されません。

また、純正ナビも装着されません。

このように他のグレードよりも機能や装備は劣るので、注意をしてくださいね。

その2:Xグレード

新型リーフ(LEAF)の中間グレードに位置づけられているのが、Xグレードです。

このXグレードは、ハロゲンヘッドライトや16インチタイヤ&ホイールを
装備しているので、標準装備の見た目は、Sグレードと違いがありません。

ただ、このXグレードでは、メーカーオプションでハロゲンヘッドライトを
LEDのヘッドライトに変更する事が可能です。

また、このXグレードの大きな特徴の一つが、同一車線自動運転技術の
“プロパイロット”や、自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”が
オプション設定となっています。

そして、この2つのオプションの内、どちらかしか装着する事ができません。

“プロパイロット”や”プロパイロット パーキング”のどちらかしか必要ない方は、
このXグレードがピッタリだと思います。

なので、もし、同一車線自動運転技術の”プロパイロット”や、自動駐車支援機能の
“プロパイロット パーキング”のどちらの機能も装着したい場合は、最上位モデルの
Gグレードの方が良いと、思いますよ。

ちなみに、メーカーオプションの”プロパイロット”や、自動駐車支援機能の
“プロパイロット パーキング”のどちらかを装備すると、17インチのタイヤ&
ホイールになりますよ。

その3:Gグレード

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
最上位モデルに位置するのが、Gグレードです。

このグレードの特徴は、何といっても機能&装備が充実しているところです。

例えば、Xグレードでは、オプション設定だった同一車線自動運転技術の
“プロパイロット”や、自動駐車支援機能の”プロパイロット パーキング”、
LEDヘッドランプが標準装備されています。

また、”インテリジェントアラウンドビューモニター”や”ふらつき警報”、
車線変更をする時に便利な後側方車両検知警報など、安全装備が充実
しているのも、このGグレードの特徴の一つです。

■インテリジェントアラウンドビューモニター

もし新型リーフ(LEAF)の走破性や機能の良さを十分に味わいたいのなら、
このGグレードが一番良いのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の
各グレードの特徴は、このようになっていました。

外装や内装のデザインや見た目にそれ程大きな違いは、ありません。

なので、機能や装備でグレード選びをするのが、良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です