特徴や魅力を分りやすく紹介!新型リーフGグレードの外装インプレ

2017年11月に初のフルモデルチェンジを行った日産の電気自動車
新型リーフ(LEAF)が、フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型モデルは、3つのグレードを
用意しています。

この3つのグレードの中で、一番人気が高く、売れ行きが良いのが、
最上位モデルのGグレードとなっています。

そんな新型リーフ(LEAF)のGグレードの外装・エクステリアは、
どのようなデザインをしているのでしょうか?
また、他のグレードとどのような違いがあるのでしょうか?

今回新発売された新型リーフ(LEAF)の最上位モデル”グレード”の
外装・エクステリアの特徴を、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフ Gグレードの外装画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目新型リーフ(LEAF)の
Gグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型リーフのGグレードの外装画像

今回私が見たモデルは、ブリリアントホワイトパール×スーパーブラックの
2トーンカラーです。

この2トーンカラーは、ルーフがブラックになっておるおかげで、モノトーン(単色)の
ブリリアントホワイトパールよりも引き締まった印象が…。

新型リーフ(LEAF)は、リヤルーフスポイラーやCピラーがブラックに
なっているのですが、この2トーンカラーのブラックルーフは、これらの
デザインとも、とても相性が良いように感じました。

そんな2代目モデルの最上位”Gグレード”ですが、次のような特徴や他のグレードとの
違いがありました。

特徴1:ヘッドライトはLED

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産新型リーフ(LEAF)の
最上位”Gグレード”の特徴の一つは、ヘッドライトのデザイン&光源です。

他のグレードでは、ハロゲンタイプが標準装備されているのですが、
このGグレードでは、明るさを一定に保ち、また、素早く点灯をするLEDタイプの
ヘッドライトが標準装備されています。

■Gグレードのヘッドライト

また、シャープなデザインになっているデザインも良いですよね。

Vモーショングリルを採用して、凛々しいフロントマスクになった2代目の
新型リーフ(LEAF)にピッタリの先進的なデザインになっているように感じました。

このシャープなデザインと白く輝くLEDヘッドライトが標準装備されているのは、
この新型モデルのGグレードの特徴の一つなのかなと、思いました。

特徴2:タイヤ&ホイール

また、タイヤサイズやホイールのデザインも日産の新型リーフ(LEAF)の
最上位モデル”Gグレード”の特徴の一つです。

下位モデルのSグレードやXグレードでは、デザインの異なる16インチのタイヤ&
ホイールを装備しているのに対し、このGグレードでは、ひと回り大きい17インチの
タイヤ&ホイールを標準装備しています。

■Gグレードに標準装備されている17インチのタイヤ&ホイール

切削加工を施したアルミホイールは、かなりスタイリッシュな印象が…。

見た目がシンプルなフルホイールカバーを標準装備しているXグレードや
Sグレードよりは、やはりGグレードよりも見落としをします。

見た目のデザイン性にもこだわるのなら、フルホイールカバーを標準装備している
XグレードやSグレードより、スタイリッシュさとチカラ強さを兼ね備えたアルミ
ホイールを標準装備しているGグレードの方が格段に良いのかなと、思いました。

GグレードとXグレードは、見分けがつかないことも…

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型リーフ(LEAF)の
Gグレードの外装・エクステリアですが、Xグレードと見分けがつかない可能性も…。

例えば、Gグレードに標準装備されていたLEDのヘッドライトですが、
Xグレードのオプション設定になっているので、装備をする事が可能です。

また、スタイリッシュなデザインが特徴の17インチタイヤですが、Xグレードで
メーカーオプション設定になっている同一車線自動運転技術の”プロパイロット”、
もしくは、自動駐車機能の”プロパイロット パーキング”を注文すると、17インチの
タイヤ&ホイールが一緒に装備されます。

なので、Xグレードにこれらのオプションを装備すると、Gグレードと
全く同じ見た目に…。

ちなみに、こちらは、これらのオプションを装備をしたXグレードです。

■新型リーフ Xグレードの外装・エクステリア

全く一緒で、外装・エクステリアからGグレードとXグレードの見分けが
つかないですよね。

個人的には、Gグレードを所有する満足感や優越感を満たすためにも、もう少し
違うデザインにしても良かったのかなと、思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の最上位モデル
Gグレードの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

LEDヘッドライトや他のグレードよりも一回り大きい17インチのタイヤ&
ホイールを標準装備するなど、最上位モデルに相応しい装備を備えているなと、
思いました。

ただ、ちょっと残念だったのは、Xグレードとしっかりと差別化が図れていない事です。

個人的には、一目見て、Gグレードと分かる機能や装備が外装・エクステリアに
あっても良かったのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です