【ちょっと残念だった事も…】新型リーフのエアコン画像インプレ

充電をしたバッテリーを動力として走る日産の電気自動車新型リーフ(LEAF)が、
2017年10月に初のフルモデルチェンジを行いました。

アクセルペダルのみで発進から停止まで行えるe-PEDAL走行や、自動駐車を
してくれる”プロパイロット パーキング”など、日産の最新の機能や装備を
搭載してるのが、このクルマの特徴の一つです。

ただ、ちょっと残念だったのは、新型リーフ(LEAF)に搭載されているエアコンの機能。

見た目のデザイン性も機能も乗り出し価格で400万円もするモデルの
エアコンとは、思いませんでした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の
エアコンは、どのようなでざいんだったのでしょうか?

また、私が実際に見て気になった事は、なんだったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された2代目モデルのエアコンの
使い勝手やデザインを確認してきたので、徹底的にレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型リーフのエアコンインプレッション

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型リーフ(LEAF)の
エアコンを操作する空調パネルは、このようなデザインをしています。

■新型リーフの空調パネル

この新型モデルのエアコンパネルは、ダイヤル式ではなく、プッシュボタン式を採用。

ボタンも大きく、比較的使い勝手は、良いようにかんじましたが、個人的には、
温度調節や風量の調節は、運転中に操作がしやすいダイヤル式の方が好みなので、
ちょっと残念でした。

また、それ以上に残念だったのは、この空調パネルのデザイン性。

この新型モデルの空調パネルには、温度や風量を表示してくれる液晶ディスプレイが
用意されていません。なので、空調パネルのデザインは、ちょっとシンプルすぎる感じが…。

この空調パネルのデザインは、乗り出し価格で400万円以上もするモデルのものとは
思えない簡素的な空調パネルのデザインは、個人的には、もの凄く残念でした。

また、新型リーフ(LEAF)の空調パネルは液晶ディスプレイが用意されていないため、
温度調節や風量調節などをすると、純正ナビに表示されます。

■エアコンを操作した時のナビ画面

ただ、個人的には、設定温度や風量などがスグに確認できる
液晶ディスプレイを用意してもらいたかったです。

機能面でも残念に思った事も…

また、新型リーフ(LEAF)のエアコンで残念だったのは、左右独立して
温度調節する機能が用意されていなかった事です。

このクルマの車格を考えると、左右独立して温度調節する機能が装備されていても
良かったと思うのですが…。

座る人によって快適な温度は異なるので、運転席と助手席で別々にエアコンや
ヒーターの温度を調節できると、便利なんですよね。

競合車・ライバル車のトヨタのプラグインハイブリッド車の新型プリウスPHVには、
左右独立しての温度調節機能が装備されていないのは、少々残念でした。

その一方、良いと思った機能も…

このように、残念ながら、運転席と助手席の温度調節機能を装備していなかった
新型リーフ(LEAF)ですが、便利と思う機能も用意されていました。

それは、先代モデルと同様にタイマーや乗る前にエアコンを作動させる機能が
用意されている事です。

なので、この機能を使用すると、「暑くてクルマに乗り込めない。」と言う事が、
なくなります。

見た目はちょっとシンプルな日産の新型リーフ(LEAF)のエアコンですが、
この機能は、使い勝手が良いように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された日産の新型リーフ(LEAF)の
エアコンは、このようなデザインになっていました。

タイマーや乗る前にエアコンを作動させる機能はとても良いと思いましたが、
ちょっと見た目は、シンプルすぎる感じが…。

新型リーフ(LEAF)の内装・インテリアは、シンプルすぎる感じがしましたが、
このエアコンのデザインもかなり影響をしているのかなと、思いました。

次回モデルチェンジをする時は、もう少し空調パネルのデザインや
使い勝手を良くして貰いたいところです。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です