新型イグニスとキャストのタイヤ比較!メーカー&ブランドは異なる?

スズキイグニス画像0002

スズキから新ジャンルとなる小型SUV新型イグニス(IGNIS)を2016年2月に発売しますね。

今回新発売される新型イグニス(IGNIS)は1.2リットルサイズとSUVの中でも
特に小さいクルマとなっています。

そのため軽SUVとして人気を博しているスズキのハスラー(Hustler)や
現在売れ行き絶好調のキャストアクティバと悩むお客さんは多いみたいです。

そんな新型イグニス(IGNIS)ですが、もうすでにこのクルマを試乗した事のある
ディーラーさんの話によると、軽量ボディにも関わらず足回りもしっかりと
かなりしっかりとしている印象があるようです。

そんな新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、
装備しているタイヤメーカーが異なるのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型イグニスとキャストのタイヤメーカー比較

その1:新型イグニスのタイヤメーカー

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)のタイヤは、このようなデザインになっています。

スズキイグニス画像0007 スズキイグニス画像0005

ブラック塗装されており、かなりインパクトのあるデザインになっていますよね。

先日、東京モーターショー2015に展示されていた新型イグニス(IGNIS)の
タイヤメーカー&ブランドを確認したところ、ブリヂストンのエコピアEP150が
標準装備されていまいた。

このブリヂストンのエコピアEP150は、燃費効率を考慮した低燃費タイヤで
軽自動車やコンパクトカーを中心に装備されているタイヤ。

この新型イグニス(IGNIS)のマイルドハイブリッドシステムを装備しており、
燃費性能も意識していることからブリヂストンのエコピアような低燃費タイヤを
装備するのは当然の流れなのかなと思いました。

その2:キャスト アクティバのタイヤメーカー

一方、ダイハツから発売中の軽SUVのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
タイヤ&ホイールデザインは、このようなデザインになっています。

キャストアクティバ画像0105

キャストアクティバ画像0154

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のホイールは、ウェイクから流用した
デザインになっており、切削加工をしたホイールを採用。

中央のオーナメントとシルバー部分がワンポイントになっていて、
新型イグニス(IGNIS)に負けず劣らずとても良いデザインになっていますよね。

こちらのデザインもなかなか良いと思いました。

そして、、ダイハツから発売中の軽SUVのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)に
装備されているタイヤメーカーとブランドは、このようになっています。

■キャストアクティバのタイヤメーカー&ブランド
ダンロップ エナセーブ

キャストアクティバ画像0106

今回新発売されたキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)に装備されている
ダンロップのエナセーブも新型イグニス(IGNIS)に装備されていたブリヂストンの
エコピアと同様に低燃費タイヤ。

実際にこのダンロップのエナセーブを装備したキャスト アクティバを
運転した事もあるのですが、乗り心地や静寂性に特に不満はありませんでした。

個人的には街乗りでも活躍するカジュアルSUVとしては、標準的なタイヤを
装備しているのかなと思いました。

スズキイグニス画像0001

このように新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、
装備しているタイヤメーカーは異なるものの、ともに低燃費タイヤを装備していました。

装備しているタイヤからこの2台のモデルはオフロードやタフロードの走破性よりも
街乗りでの燃費を重要視している事がわかりますよね。

また、新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)に装備されている
タイヤはほぼ互角。

ネームバリュー的にはブリヂストンのエコピア方があると思いますが、
装備されているタイヤでクルマの優劣をつける事は難しいのかなと思いました。

<<< 新型イグニスとキャストの燃費比較 航続可能距離が長いのはどっち?

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です