新型イグニスは雪道・オフロードに強い?ハスラーと走破性を比較

ハスラー東京オートサロン0007

2016年2月に小型SUV新型イグニス(IGNIS)が発売されますね。

この小型SUV新型イグニス(IGNIS)の競合車・ライバル車として言われているのが、
同じスズキから発売されているダサかわいいエクステリア・外装が特徴の
ハスラー(Hustler)。

この2台のモデルは街乗りだけでは無く、オフロードやタフロード、雪道など
アウトドアシーンでもしっかりと活躍できるカジュアルなSUV車になっています。

特に降雪地域に住んでいる方は、雪道での走破性などは気になるところですよね。

そこで、新型イグニス(IGNIS)とハスラー(Hustler)ではどちらの方が
雪道やオフロードの走破性に優れているのか確認してみました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型イグニスとハスラーの雪道&オフロードでの走破性を比較

この新型イグニスとハスラーの雪道・オフロードでの走破性を比較するために
ディーラーさんに確認した数値が、アプローチアングル/デパーチャーアングルと
最低地上高。

ハスラー画像0003

このアプローチアングルとは、フロントバンパーからフロントタイヤと
地面の角度の事。一方、デパーチャーアングルとは、リヤバンパーから後輪
までと地面の角度のこと。

これらの数値は障害物を乗り越える時、バンパーが接触するかどうかの目安と
なっており、数値が大きければ大きいほど障害物などを乗り越えやすいと言えます。

そして、新型イグニスとハスラーのアプローチアングル/デパーチャー
アングルと最低地上高は、このようになっていました。

■新型イグニスとハスラーの走破性を比較

・新型イグニス(ハイブリッドMZ)
アプローチアングル  :約28度
デパーチャーアングル:約46度
最低地上高          :180mm
・ハスラー(Xグレード)
アプローチアングル  :約20度
デパーチャーアングル:約38度
最低地上高          :180mm

この2台のクルマを見てみるとハスラー(Hustler)の方が最低地上高が
高いような印象を持ちましたが、この2台のモデルの最低地上高は全く同じ。

■新型イグニス

スズキイグニス画像0001

■ハスラー

ハスラー画像0004

ただ、アプローチアングル/デパーチャーアングルを確認すると、
新型イグニス(IGNIS)よちもハスラー(Hustler)の方が圧倒的によくなっていました。

ディーラーさんに話を聞くと、新型イグニスよりもハスラーの方がボンネット部分が
短くなっており、この事がアプローチアングルの良さに繋がっているようです。

■新型イグニス

スズキイグニス画像0019

■ハスラー

ハスラー画像0235

実際にこのように見ると、新型イグニス(IGNIS)とハスラー(Hustler)では
アプローチアングルが全く異なるのが分かりますよね。

このアプローチアングルは雪道や障害物を乗り越える上で
この違いは意外と大きいように感じました。

スズキイグニス画像0007

カジュアルSUVのこの2台のクルマを見比べてみると、最低地上高は
同じでしたが、ハスラーの方がアプローチアングルやデパーチャーアングルが
大きく障害物の乗り越えるのは優れている事がわかりました。

このように比べてみると、雪道やオフロードを運転する機会が多い方は
新型イグニス(IGNIS)よりもハスラー(Hustler)の方が安心感があるかもしれませんね。

ただ、ハスラー(Hustler)よりもアプローチアングル/デパーチャーアングルが劣る
新型イグニス(IGNIS)でも一般的な乗用車では乗り越えるのが厳しい悪路や雪道でも
乗り越えられるくらいの機能は装備されています。

ハスラーよりも新型イグニスの方が乗り心地やパワーは余裕が
あり良いみたいですが、雪道や障害物がある悪路・タフロードの運転を
考えるとハスラー(Hustler)の方が安心して運転できるかもしれません。

降雪地域に住んでいる方やオフロードやタフロードに行く機会の多い方は、
購入前にどちらのモデルの方が良いのかしっかりと確認してみてくださいね。

ただ、新型イグニス(IGNIS)だけでは無く、ハスラー(Hustler)でも本格的なオフロードは
厳しいみたいなので、ご注意を・・・。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です