イグニスの試乗の感想。アイドリングストップはソリオ以上で大満足!

スズキ新型イグニス画像0146

スズキから1.2リットルエンジンを搭載した小型SUV新型イグニス(IGNIS)
新発売されましたね。

先日この新型モデルを試乗してきたのですが、軽量ボディを活かした
伸びやかな加速力は予想以上でかなり快適に運転をする事ができました。

そんな新型イグニス(IGNIS)ですが、実際に試乗をして加速力や
乗り心地以上に良いと思ったのは、アイドリングストップの感じ。

新型イグニス(IGNIS)のアイドリングストップで特に良いと思った事を
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

イグニスのアイドリングストップ試乗レビュー

今回新発売された新型イグニスのアイドリングストップ(アイスト)で
特に良いと思ったのは、エンジンが再始動時のスムーズさ。

スズキ新型イグニス画像0093

意識を集中すればいつエンジンが再始動したかわかりますが、
普段使いではほとんど無音でエンジンが立ち上がり、発進するので
とってもスムーズ。

このスムーズさは他のガソリン車では味わえない感じ。

フィット3 ハイブリッドやアクア(AQUA)などストロングハイブリッド車並みの
静かさがあるように感じました。

イグニスのアイドリングストップが静かな理由

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)は、発進時や加速時にエンジンを
サポートする”ISG”と呼ばれるモーター機能付き発電機が搭載されている
マイルドハイブリッド車となっています。

スズキ新型イグニス画像0281

そして、通常のガソリン車ではアイドリングストップからエンジンが
再始動する際はセルモーターを使用しますが、今回新型イグニス(IGNIS)では
モーター機能付き発電機”ISG”をエンジンが再始動に使用。

そのため他のガソリン車よりも圧倒的に静かでスムーズなアイストからの
立ち上がりが可能になっているようです。

このストレスフリーなエンジンからの立ち上がりは、大満足でした。

ソリオよりもアイストからの立ち上がりがスムーズ!?

また、今回新発売された新型イグニスとまったく同じマイルドハイブリッド
システムがスズキから発売されたプチバンの新型ソリオ(SOLIO)にも採用されています。

新型ソリオ0001

そのためアイドリングストップ(アイスト)からの再始動時のスムーズさなども
かなり似ているのですが、個人的には優れていると思ったのは新型イグニスの方。

スズキから発売されたプチバンの新型ソリオは車高が高い事も
影響しているのかもしれませんが、エンジンが再始動する時若干クルマ全体が
微振動するような感じがしました。

新型ソリオ画像0004

それ程大きな揺れではないのですが、個人的には少し新型ソリオ(SLIO)を
試乗した際少し気になってしまいました。

なので、今回新発売された新型イグニス(IGNIS)でも同じような微振動が
あるのかなと予想していたのですが、このクルマではエンジンが立ち上がる時に
ソリオで感じた微振動は全く気になりませんでした。

このとてもスムーズなエンジンの感動もの!

試乗に同行した私の妻も「この新型イグニス(IGNIS)のアイドリングストップは
とても静かで運転がしやすい」
と、大絶賛していました。

エンジンが停止する時もとてもスムーズですし、今回新発売された
新型イグニス(IGNIS)のアイドリングストップは、とても快適でした。

私が以前乗っていたクルマのアイストプはエンジンの停止&再始動時の音が
うるさいのがイヤで渋滞中などは解除している事が多かったのですが、
この新型イグニスならアイストを解除する必要はないのかなと思いました。

スズキ新型イグニス画像0167

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)のアイドリングストップはとても
スムーズなので、試乗中もストレスフリーで運転する事ができました。

今回新発売されたこのクルマは燃費性能も良いですし、
アイドリングストップのスムーズさなど乗り心地もかなり良くなっています。

ディーラーさんに話を聞いたところによると、この新型イグニス(IGNIS)は
かなり売れ行きは良いみたいですが、売れるのも分かるような気がしました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です