新型イグニスの荷室サイズは意外と狭い!?【ハスラーと比べてみた】

スズキイグニス画像0001

スズキから小型SUVの新型イグニス(IGNIS)が新発売されましたね。

今まで1.2リットルサイズの小型SUVは無かったこともあり、発売前から大注目。
ディーラーさんに話を聞いたところによると、2016年1月の発表直後から
問い合わせや見積もり依頼が続々と届いているようです。

そんな新型イグニス(IGNIS)の特徴の一つが、普通乗用車にも関わらず
軽自動車のように後部座席がスライドして荷室・ラゲッジスペースの
奥行きを調節できること。

私も実際に東京モーターショーや東京オートサロンでこの新型車を
見たのですが、荷室・ラゲッジスペースは使い勝手が良いように感じました。

そんな新型イグニス(IGNIS)と人気軽SUVのハスラー(Hustler)の
荷室・ラゲッジスペースを比べてみたらちょっと意外な結果に・・・。

この2台の荷室・ラゲッジサイズについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

荷室・ラゲッジスペース比較1:後部座席を使用時

今回新しく発売された新型イグニス(IGNIS)の荷室・ラゲッジスペースは、
このようなデザインになっています。

スズキイグニス画像0008

そして後部座席を使用した時の荷室サイズは、このようになっています。

■新型イグニスの荷室サイズ
荷室長:430 ~ 595mm
荷室高:725mm
荷室幅:1,160mm

一方、人気スズキから発売中の人気軽SUVのハスラー(Hustler)の
荷室・ラゲッジサイズは、このようになっています。

ハスラー画像0003

■ハスラーの荷室サイズ
荷室長:290 ~ 450mm
荷室高:900mm
荷室幅:1,100mm

注目なのはラゲッジスペースの奥行き

この新型イグニス(IGNIS)とハスラー(Hustler)の荷室・ラゲッジスペースの
荷室サイズで、注目なのは荷室長。

ハスラーの後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、
荷室長が290mmとなってしまい、かなり狭くなってしまいます。

後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、
このようになっています。

ハスラー画像0006

私の妻もこの状態の荷室・ラゲッジスペースの広さを見て、
「スーパーの買い物袋くらいしか、置けないね。」と、言ってました。

そのくらい後部座席を一番後ろにした時の荷室・ラゲッジスペースは、
狭くなっていました。

一方、新型イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろまでスライドした時の荷室・
ラゲッジスペースの広さは、約430mm。

ハスラー(Hustler)の約1.5倍の広さがあります。
実際に新型イグニス(IGNIS)の後部座席を一番後ろにした時の広さは、
このようになっています。

スズキイグニス画像0007

圧倒的に広いですよね。

実際にこの荷室・ラゲッジスペースを見た感じでは、日帰り旅行用の
ボストンバックや小型スーツケースくらいならラクラク詰めそうな感じがしました。

この後部座席を一番後ろまでした時の荷室・ラゲッジスペースの広さは
新型イグニス(IGNIS)の方が圧倒的に良いように感じました。

ハスラーの荷室の方が広く感じる!?

また、後部座席を一番前にスライドした時も新型イグニスの方が荷室長は
広くなっているのですが、パッと見た感じではハスラー荷室の方が広く感じました。

おそらくその理由は、高さと開口部の広さ。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)の荷室高は725mm。
一方、人気軽自動車のハスラー(Hustler)の荷室高は900mmとなっており、
こちらの方が175mmも高くなっています。

実際に開口部と荷室高を改めて比べてみると、このような感じ。

■新型イグニス

スズキイグニス画像0001

■ハスラー

ハスラー画像0004
荷室の開口部のデザイン大きさの違いが明らかですよね。

新型イグニスの荷室開口部は台形のようなデザインになっています。
一方、ハスラーの荷室開口部は真四角に近い感じのデザインに・・・。

また、実際にクルマを見比べてみるとスグにわかるのですが、
ハスラー(Hustler)の荷室開口部は垂直で荷物の積み下ろしがしやすくなっていました。

なので、背の高い荷物を積むのには新型イグニスよりもハスラーの方が
ラクなのかなと思いました。

荷室・ラゲッジスペース比較2:後部座席を格納時

また、この2台のクルマは後部座席の背もたれを格納して、広い荷室・
ラゲッジスペースを作る事が可能です。

そして、それぞれの荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■後部座席を格納した時の荷室長
新型イグニス:1,230mm
ハスラー    :1,270mm

ちょっと意外なことに後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースは、
新型イグニス(IGNIS)よりもハスラー(Hustler)の方が広いことに・・・。

ハスラーは軽自動車でボディサイズに制限があるので、
新型イグニス(IGNIS)の方が広いと思っていました。

実際にこの2台のクルマの後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジ
スペースを確認してみると、このような感じ。

■新型イグニス

スズキ新型イグニス画像0043 スズキ新型イグニス画像0042

■ハスラー

ハスラー画像0233 ハスラー画像0234

ハスラー(Hustler)の荷室が高いこともあり、新型イグニス(IGNIS)よりも
広く感じ、使い勝手も良いように感じました。

後部座席を格納した時のこの荷室の広さや使い勝手の良さは、
ハスラー(Hustler)のメリットの一つだと思いました。

スズキイグニス画像0008

新型イグニス(IGNIS)とハスラー(Hustler)の荷室・ラゲッジスペースの
荷室・ラゲッジスペースのサイズは、このようになっていました。

実際にこの2台の荷室・ラゲッジスペースを見た限りでは、後部座席を
一番後ろにスライドして使う場合は、圧倒的に新型イグニス(IGNIS)の方が
使い勝手が良いように感じました。

しかし、後部座席を一番目にスライドするして使用する際や格納して
使用する際は、ハスラーも新型イグニスに劣らない使い勝手を有している
ように感じました。

どちらのクルマの荷室・ラゲッジスペースも使い勝手は良いのですが、
サイズや操作感は多少異なります。

もしこの2つのクルマで悩んでいるのなら、後部座席をスライドしてみるなど
操作感までしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です