スズキ新型イグニスの荷室・ラゲッジスペースの欠点・不満

スズキ新型イグニス画像0146

スズキからコンパクトSUV新型イグニス(IGNIS)が新発売されましたね。

今回新発売された新型イグニスは1.2リットルエンジンを搭載した
小型サイズのクルマとは言え、SUVと名乗っているだけあって
クルマの使い勝手はバツグン。

実際に新型イグニス(IGNIS)を試乗してみて良いと思ったのは、
荷室・ラゲッジスペース。

荷室の奥行きを調節できるこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、
使い勝手がとても良いように感じました。

そんな新型イグニス(IGNIS)の荷室・ラゲッジスペースですが、
実際に見て欠点・不満に感じた部分も・・・。

私が実際にこのクルマの荷室・ラゲッジルームを確認してみて
気になった部分・不満を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

スズキ新型イグニスの荷室の欠点

スズキから新発売された小型SUV新型イグニス(IGNIS)の
リアのデザインは、このようになっています。

スズキ新型イグニス画像0201

そして、リヤゲートを開けるとこのような感じ。

スズキ新型イグニス画像0202

スズキ新型イグニス画像0206

同じスズキから発売されているエスクードやSX-4 S-CROSS、ホンダの
ヴェゼルやマツダのCX-3などと比べると荷室は狭くなっています。

ただ、他の1.2リットルサイズのクルマと比べると、十分な広さが
あるように感じました。また、荷室フロアの位置が他の小型車よりも
若干高めに設定しており、SUVらしさがあるのも良いと思いました。

新型イグニスの荷室を見て気になった事

このように使い勝手が良さそうなスズキのコンパクトSUV新型イグニスの
荷室・ラゲッジスペースですが、実際に見て気になった事が・・・。

スズキ新型イグニス画像0208

それは新型イグニス(IGNIS)の荷室開口部のデザイン。

このクルマを横から見ると分かりやすいと思いますが、
今回新発売された新型イグニス(IGNIS)は、このようにリヤエンドが
切り落とされているデザインになっています。

スズキ新型イグニス画像0170

シャープな雰囲気になっていて新型イグニス(IGNIS)の見た目・デザイン性は
とても良いのですが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手からみると
欠点になっているように感じました。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)はリヤエンドを切り落とした
デザインになっているため荷室開口部は垂直ではなく、このように
傾斜がついているデザインに・・・。

スズキ新型イグニス画像0203

このように斜めから見ると、荷室開口部が垂直になっていないのは
分かりますよね。

そのため荷室・ラゲッジの下部よりも荷室上部の方が著しく奥行きが
狭くなっています。
つまり、荷室フロア位置よりも後部座席の
ヘッドレスト位置の奥行きの方が狭い事に・・・。

私がこの新型イグニスを試乗した時にメジャーを持っていなかったので
どのくらい奥行きが異なるか計測できなかったのですが、私の体感では
荷室の上部と下部では約10cm弱は奥行きが違うように感じました。

また、新型イグニス(IGNIS)の後部座席はリクライニング機能が装備されています。
この後部座席のリクライニング機能を使うと、さらに荷室上部の
奥行き・スペースは狭くなる事に・・・。

なので、背の高い荷物を新型イグニス(IGNIS)に積もうとすると
リヤゲートが閉まらなかったり、積む事ができなかったりする可能性も・・・。

新型イグニス(IGNIS)のデザイン性はとても良かったのですが、
このように荷室の積載量・使い勝手の点から考えると、スズキの
軽SUVハスラーのように垂直の荷室開口部の方が良かったのかなと思いました。

ハスラー画像0165

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)は後部座席のスライド機能も装備され、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、とても良いように感じました。

ただ、少し残念だったのは傾斜の強い荷室開口部。
この傾斜のせいで新型イグニス(IGNIS)の荷室・ラゲッジスペースの
積載量や使い勝手が少し損なわれているように感じました。

もしこれからこのクルマを試乗される方は、
荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手も確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です