新型イグニスとハスラーの内装・インパネ比較、大きな3つの違いとは?

スズキイグニス画像0002

スズキから小型クロスオーバー車新型イグニス(Ignis)が新発売されましたね。

1.2リットルエンジンを搭載している新型イグニスは、ハスラーよりも
一回り大きいボディサイズになっているものの、街乗りだけでは無く
アウトドア目的でも使用できるなど共通点は多くなっています。

普通乗用車と軽自動車と言う違いがありますが、
この2台のクルマで悩むお客さんは多いみたいです。

このようにコンセプトは近い新型イグニス(Ignis)とハスラー(Hustler)ですが、
インパネのデザイン・ポップさは全く異なります。

そんな2台のクルマの内装・インパネのデザインを徹底的に比較してみたいと思います。
また、この2台のインパネのデザインで大きな違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型イグニス&ハスラーのインパネ比較

今回新しく発売された新型クロスオーバーの新型イグニス(Ignis)と
軽SUVハスラー(Hustler)の内装・インパネを比較するとこのような
デザインになっています。

■新型イグニスのインパネ

スズキ新型イグニス画像0013

■ハスラーのインパネ

ハスラー0006

遊び心のあるカラフルなデザインが特徴のハスラー(Hustler)は、
インパネにボディカラーにマッチしたパネルを採用。
(今回のボディカラーは、アクティブイエロー)

実際に見てみるとかなりハデな印象を持ちました。

一方、新型イグニス(Ignis)のインパネはブラック×ホワイトの
2トーンカラーの内装・インパネを採用。

スズキ新型イグニス画像0008

ホワイトカラーのインパネを採用しているので明るい印象を持ちましたが
ハスラー(Hustler)のようなハデさは無い様に感じました。

ただ、この新型イグニス(Ignis)で注目なのはアクセントカラー。

ボディーカラーにもよりますが、今回新発売された新型イグニス(Ignis)は
このようなオレンジのアクセントカラーがセンターコンソールのサイドの
部分やドアの内側パネルに採用。

スズキ新型イグニス画像0014

このオレンジのアクセントカラーがワンポイントになっていて、
ポップなデザインの新型イグニス(Ignis)にピッタリで良いと思いました。

また、この2台のクルマを比べると、細部の部分でも違いが・・・。
この新型イグニス(Ignis)とハスラー(Hustler)の違いを紹介いたします。

違い1:メーターのデザイン

新型イグニス(Ignis)とハスラー(Hustler)のインパネを比べた時に
気が付く一番の違いは、メーターのデザイン。

それぞれのクルマのメーターは、このようになっています。

■新型イグニスのメーター

スズキ新型イグニス画像0015

■ハスラーのメーター

ハスラー0004 ハスラー0003

軽自動車のハスラーは、スピードメーターのみのシンプルな
単眼式メーターを採用。

一方、新型イグニス(Ignis)はスピードメーターを中央に配置し、
左右には、タコメーターとマルチインフォメーションディスプレイを
装備した複眼式メーターを採用。

スズキ新型イグニス画像0002

情報量だけでは無く、使い勝手やメーターの認識率も新型イグニスの方が
圧倒的に良いと思いました。

一方、ハスラー(Hustler)のメーターの良いろことは、遊び心。

ハスラー(Hustler)のスピードメーターの下には小型の液晶ディスプレイが
装備されていますが、この部分に様々なアニメーションを表示。

ちょっと見入っちゃうようなこのハスラー(Hustler)のアニメーションは
このクルマの良い部分だと思いました。

>>> 新型イグニスとハスラーのメーターの違いの詳細はコチラから

違い2:シフトレバーのデザイン

また、新型イグニス(Ignis)とハスラー(Hustler)で異なるのは、
シフトレバーのデザイン。

今回新しく発売された新型イグニス(Ignis)はセンターコンソールが
装備されており、このように一般的なフロアシフトを採用。

スズキ新型イグニス画像0012
スズキ新型イグニス画像0007

オレンジのアクセントカラーが入っているシフトレバーも
オシャレでよいですね。

一方、ハスラー(Hustler)は運転席と助手席が密着しているデザインを
採用しているため、センターコンソールは装備されていません。

そして、シフトレバーもインパネ中央にあるセンタークラスター部分に
装備されているインパネシフトを採用。

ハスラー0002

このシフトレバーのデザインや使い勝手もこの2台のクルマの大きな違いだなと思いました。

違い3:助手席側の収納力

また、ハスラー(Hustler)と新型イグニス(Ignis)の大きな違いを
感じたのは、助手席側の収納力。

新型イグニス(Ignis)では、このようなグローブボックスの他に
このような薄型のトレーの2箇所のみ。

スズキ新型イグニス画像0009
スズキ新型イグニス画像0010

一方、ハスラー(Hustler)ではグローブボックス以外にイエローの
パネルの部分に装備されているアッパーボックスとオープントレーを装備。

ハスラー0007 ハスラー0001

しかもハスラー(Hustler)のオープントレーの方が新型イグニスよりも
高さもあり使い勝手も良さそうに感じました。

ハスラー0005

この助手席側の収納力は、新型イグニスには無いハスラーの魅力的な
部分だと思いました。

スズキ新型イグニス画像0013

今回新しく発売された新型イグニス(Ignis)とハスラー(Hustler)の
内装・インパネはこのようにデザインだけでは無く、使い勝手も大きく違いました。

どちらのクルマの内装・インパネにも良い部分・デメリットがあります。

2つのクルマでどちらを購入しようか迷っている方は、乗り心地や
走破性だけでは無く収納スペースの数やシフトレバーの握り心地や使いやすさ
までしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です