収納の数と使い勝手はどっちが良い?イグニスとキャストを比較

スズキイグニス画像0002

最近コンパクトSUVが人気ですが、新ジャンルとしてコンパクトカー
サイズの小型SUV新型イグニス(IGNIS)が新発売されましたね。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)は、新型エスクードやSX4 Sクロスよりも
一回り小さく、そして、人気軽SUVのハスラーやキャストなどよりも
一回り大きいサイズ。

このように直接的な競合車・ライバル車はいませんが、お客さんの中では
ハスラーやキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)と比べる人が大勢いるようです。

私も先日、新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)を
試乗してきたのですが、室内の快適性や装備など様々な面で違いを感じました。

そして、個人的にこの2台のクルマで大きな違いを感じたのは、
収納スペースの数と使い勝手。

両方とも狭い空間を上手に利用して、様々な場所に収納スペースを
用意していましたが、数や使い勝手に大きな違いを感じました。

新型イグニスとキャスト アクティバではどちらの方が収納スペースが
使いやすかったのか、実際の画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型イグニスとキャスト 収納スペース比較

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)のインパネ・内装は、このような
デザインになっています。

スズキ新型イグニス画像0100

一方、ダイハツから発売された軽SUVのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
インパネは、このようなデザインになっています。

キャストアクティバ画像0114

そして、それぞれこのように多くの収納スペースが用意されております。

■新型イグニスの主な収納

スズキ新型イグニス画像0125 スズキ新型イグニス画像0126 スズキ新型イグニス画像0131 スズキ新型イグニス画像0123

■キャスト アクティバの主な収納

キャストアクティバ画像0049 キャストアクティバ画像0042 キャストスタイル画像0042 キャストアクティバ画像0052

収納スペースが充実しているのは、キャスト or イグニス?

新型イグニスもキャスト アクティバも十分な数の収納スペースを
用意しているのですが、収納スペースが充実していると思ったのは、
キャスト アクティバの方。

このクルマの方が使い勝手が良いと思った理由は、収納スペースの数。
インパネや運転席まわりに装備されている収納スペースの数を数えてみると、
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が収納スペースが多いように感じました。

キャストアクティバ画像0025

また、実際に両方のクルマを見比べた感じでは、使い勝手も
新型イグニスよりもキャスト アクティバの方が良いように感じました。

新型イグニス(IGNIS)には無いキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のみの
収納スペースには、このようなものがありました。

キャストのみの収納スペース1:センターボックス

新型イグニスには無いキャスト アクティバのみの収納スペースの1つめは、
インパネの中央下に装備されている大きな収納スペース”センターボックス”

キャストスタイル画像0049

このような大きな収納ボックスがあると、ゴミ箱側ににもなるし、
CDやDVDなどちょっと大きなアイテムを気軽に置いておく事ができるので
便利ですよね。

小さい収納スペースが多い中、このように大型の収納ボックスが一つあると
とても助かると思いました。

ちなみに、今回新発売された新型イグニス(IGNIS)はこのようにセンター
コンソールを装備しているため、このようなセンターボックスは装備されていません。

スズキ新型イグニス画像0124

新型イグニス(IGNIS)にこのような大型の収納スペースが無いのは、少し残念でした。

キャストのみの収納スペース2:アームレスト

また、新型イグニスとキャスト アクティバの大きな違いの一つは、
アームレストのデザイン。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)にもアームレストが装備されていますが、
このようにちょっと細いデザイン。

スズキ新型イグニス画像0130

また、収納スペースも装備されていません。
実際に使ってみたのですが、ちょっとシンプルすぎて残念なデザイン・・・。

一方、ダイハツから発売されているキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
アームレストはこのように収納ボックスが装備されているので、大きさも十分。

キャストアクティバ画像0175

シートと同じファブリック素材を使用しているので左腕を置いたときの
肌触りもなかなか良い感じです。

また、このアームレストを開けると収納スペースは、このような感じ。

キャストアクティバ画像0176

仕切りなどがあればもっと良かったですが、広くて使い勝手はとても
良いように感じました。

キャストのみの収納スペース3:インパネアッパートレイ

また、新型イグニスよりもキャスト アクティバの方が良いなと思ったのは、
助手席側の収納スペース。

新型イグニス(IGNIS)はこのように助手席側の収納ボックスはグローブボックスのみ。

スズキ新型イグニス画像0128 スズキ新型イグニス画像0127

一方、ダイハツから発売されたキャスト アクティバはこのように
グローブボックス以外にもインパネアッパートレイを用意。

キャストアクティバ画像0058
キャストアクティバ画像0054

このキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のアッパートレイは大きさ自体は
それ程大きくありませんでしが、助手席に座った同乗者が気軽にスマホなどを
置けるので、使い勝手は良いように感じました。

キャストアクティバ画像0092

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)でも十分な収納スペースは
備え付けられておりますが、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が
数・使い勝手ともに優れているように感じました。

やはり収納スペースは多いほうが助かりますよね。
もしこれからこの2台のクルマを見に出かける方は、この収納スペースの数や
使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> ハスラーのみ!新型イグニスには無い羨ましい4つの収納スペースは、コチラから

このように見ると新型イグニスよりもハスラーやキャストの方が
収納スペースは多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です