荷室はフルフラットになる!?新型フリードプラスのラゲッジを確認

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0213

2016年9月3列シートのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)
荷室の広さや使い勝手が特徴の2列シートモデルの”プラス(+)がホンダから
新発売されましたね。

名前が新しくなって新発売された新型フリードプラス(Freed+)ですが、
荷室・ラゲッジルームの広さが大きくなり、車中泊にもピッタリな
デザインになっているのが、魅力の一つ。

そんな新型フリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースですが、
本当にフルフラットになっているのか気になったので、先日、ホンダの
ショールームに行って来た時に確認をしてきました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードプラスの荷室・ラゲッジスペースはフルフラットになる?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラス(Freed+)の
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2480 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2473

ちなみに、こちらは3列シートを採用している標準モデルの荷室・ラゲッジルーム。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0771 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0237

荷室開口部だけでなく、荷室・ラゲッジスペースの内部の広さ・サイズも
まったく違いますよね。

このように開口部・内部ともに広くなっている新型フリードプラス(Freed+)の
荷室・ラゲッジスペースですが、フルフラットにするには、2列目シートの
座面を持ち上げて、背もたれを座面があった部分に収納します。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0294

実際にこの新型モデルの後部座席の背もたれを格納した時の様子は、
このようになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0036

そして、このクルマの後部座席に備わっているボートを広げると、
車中泊もする事ができる広い荷室・ラゲッジスペースが登場します。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0303

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0018

後部座席を収納した時、荷室はフルフラットになる?

ただ、見てもらうと分かると思いますが、新型フリードプラス(Freed+)の
荷室・ラゲッジスペースは、残念ながらフルフラットになりません。

このクルマの後部座席に装備されているボードの部分で若干の段差が
生じてしまいます。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0314

車中泊をすることを考えてかボードもしっかりとした作りになっているので、
意外と段差があります。

このように何もマットなどを敷かない状態でこのクルマの荷室・
ラゲッジスペースに横になってみると、背中にゴツゴツとした若干の段差を感じます。
なので、何もマット等を敷かない状態では、寝心地はあまり良くありません。

輸入車の中には、このような極僅かな段差もできない完全に
フルフラットになるクルマも発売されています。

そのようなクルマと比べてしまうと、今回フルモデルチェンジをして
新発売された新型フリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースは、
少々残念に感じてしまいました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0306

もしこのクルマで車中泊をするのなら、ディーラーオプションや
市販で売られているマットは必須なのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーオプションのマットは、2万1600円のようですよ。
(正式名称はラゲッジクッションマットとなっています。)

また、この新型フリードプラス(Freed+)のラゲッジスペースに使用されている
ボードはかなり硬いです。長時間座っていると、お尻がいたくなるくらい・・・。

車中泊をしなくてもちょっと広くした荷室・ラゲッジスペースに
座ってリラックスしたいと思っている人もラゲッジクッションマットは、オススメですよ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0018

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラス(Freed+)の
後部座席を収納した際、荷室・ラゲッジスペースは残念ながらフルフラットに
ならずに若干の段差が生じてしまいました。

私がこのクルマを東京の青山にあるホンダのショールームで見ていた時
他のお客さんもいたのですが、「やっぱりこの段差がな~」と、少々気に
している様子でした。

もしこの新型フリードプラス(Freed+)にご興味があり、これから試乗に行かれる方は
この荷室・ラゲッジルームの使い勝手や段差なども注意を払ってみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です