新型フリードの試乗インプレ【ウォークスルー性はどうだった?】

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0803

8年ぶりにホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)が、
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

そんな新型フリード(Freed)を先日試乗してきたのですが、
固すぎず柔らかすぎずのちょうど良い乗り心地になっていて、とっても快適。
先代モデルよりも格段に良い乗り心地になっていました。

また、今回の試乗で個人的に注目をしていたのは、車内のウォークスルー性能。
やはり車内の移動はスムーズな方が良いですからね^^

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこのクルマの
ウォークスルー性能は、どうだったのか?

この新型フリード(Freed)を試乗いた時にウォークスルー性能もしっかりと
確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードのウォークスルー性:1列目から2列目シートへ移動した時の感想

今回私がディーラーで試乗をさせて貰ったモデルは、新型フリード(Freed)の
ガソリン車の6人乗りモデル。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1564

このクルマの運転席はこのようになソファーシートではなく、独立した
デザインのシートを採用。

そのため運転席から2列目シートへのウォークスルーをする事ができます。

ただ、新型フリード(Freed)はミニバンの中では比較的ボディサイズが小さいため、
それに伴い、運転席と助手席の間の隙間はこのようにちょっと狭い感じが…。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0473

このクルマの運転席や助手席に可動式のアームレストが装備されているのですが、
アームレストをあげた状態でだいたい15センチちょっと…。

子供ならスルスルとこの間をウォークスルーする事ができますが、
成人男性の私が体を横向きにして何とか通れるくらいの広さ…。
ハッキリ言ってかなり移動しにくいです。。。

このクルマはボディサイズが小さいコンパクトミニンバンなので
仕方ない部分もあるかと思いますが、ウォークスルー性を考えるともう
1~2㎝程度このシート間の距離を広げてくれると、だいぶスムーズに
移動できるのかなと思いました。

ただ、新型フリード(Freed)のガソリン車の運転席と助手席の間はこのように
ウォークスルーがしやすいように凸凹としておらず、フラットに…。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0478

このようにフロアがフラットになっているのは、歩きやすく好印象でした。

ハイブリッド車のウォークスルー性は、若干劣る

新型フリード(Freed)のこのハイブリッド車は、フロントシートの
下にバッテリーなどを内蔵したハイブリッド車用のシステム”IPU”を
装備しているので、若干フロア位置が少し高くなっています。

また、実際にウォークスルーをしてみると、ちょっと凸凹した感じのフロアに…。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2776

フロントシートから後部座席に移動ができないというわけではありませんが、
ハイブリッド車のウォークスルー性能は、ガソリン車に比べて若干劣るように感じました。

もし新型フリード(Freed)のハイブリッド車を試乗した際は、
このウォークスルー性能もしっかりと確認してみてくださいね。

新型フリードのウォークスルー性:2列目から3列目シートへ移動した時の感想

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)は、
独立キャプテンシートを採用している6人乗りモデルとソファーシートを
採用している7人乗りモデルを用意しています。

■新型フリードの独立キャプテンシート

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1655

■新型フリードのソファーシート

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1117

ソファーシートの場合、2列目カラー3列目シートへウォークスルーする事が
できませんが、シートの間に隙間のある6人乗り独立キャプテンシートでは、
2列目シートの中央を通って、ウォークスルーをする事ができます。

ただ、実際に新型フリード(Freed)の2列目シートの間を通って3列目シートに
移動をしようとすると、フロントシートと同様にかなり狭い…。

実際にこの新型フリード(Freed)の独立キャプテンシートの左右シート間距離は、
このような感じになっており、かなり狭め…。

■新型フリードの2列目のシート間距離

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1689

この独立キャプテンシートの間の距離はフロントシートの時と
同じだいたい150mmちょっと…。

フロントシートの場合と同様に成人男性の私がウォークスルーを
するには、少々狭すぎるように感じました。

ただ、新型フリード(Freed)の7人乗りのソファーシートの場合、
2列目シートを使用していると、3列目シートにアクセスする事ができません。

ソファーシートにアクセスするには、後部座席を一番前にスライドして
背もあれを前に倒すか、もしくは、このように2列目シートを前方に折り畳む
“タンブルフォールディング”をするしかありません。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0421

このように考えると、2列目シートを使用したままでも3列目シートへ
アクセスできる6人乗りの独立キャプテンシートはのメリットは大きいかも
しれませんね。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1627

今回フルモデルチェンジをした新型フリード(Freed)のウォークスルー性は、
このようになっていました。

このクルマはコンパクトミニバンと言う事もあり若干窮屈さは感じましたが、
何とかウォークスルーできる感じ…。また、ハイブリッド車よりもガソリン車の
方がウォークスルー性能は、良いように感じました。

先代モデルよりもウォークスルー性は良くなったようですが、
個人的にはもう一回り左右のシート間距離を大きくしてくれた方が、良かったです。
この点に関しては、今度のフルモデチェンジに期待したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です