【この違いはデメリット!?】新型フリードとシエンタの価格比較

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0759

8年ぶりにホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

先代モデルよりも内装・インテリアの使い勝手も良くなり、
また、ホンダセンシングを搭載した事によりも安全面も大幅にアップ!

そんな新型フリード(Freed)の競合車がトヨタから発売されているコンパクト
ミニバンのシエンタ(SIENTA)。見た目はちょっと奇抜なデザインながら、
使い勝手や運転のしやすさでかなり人気の車種になっています。

この2台のモデルを比較した時に新型フリード(Freed)の欠点・
デメリットと言われているのが、価格差。

同じようなデザインで同じような機能性をしているこの2台のモデルですが、
予想以上に価格差が異なります。

この2台のモデルの価格差はどれくらいなのか?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)とその競合車の
シエンタ(SIENTA)の価格差を紹介してみたいと思います。また、どちらのモデルの
方がおススメなのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードとシエンタの価格比較

2016年10月にフルモデルチェンジをして新発売されたホンダの
コンパクトミニバンの新型フリード(Freed)ですが、トヨタのシエンタと
同様にガソリン車とハイブリッド車の2つのモデルを用意しています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0803

そして、それぞれこのような価格になっていました。

■新型フリードの車体本体価格
・ガソリン車の価格
価格:1,880,000円~2,332,200円
・ハイブリッド車の価格
価格:2,256,000円~2,656,000円

1.5リットルエンジンを搭載しているクルマにしては、ちょっと価格が高めですね。

ハイブリッド車の最上位モデルの”EXグレード”だと、諸経費や税金・
オプション代を含めた乗り出し価格で300万オーバーは確実。

ボディサイズや取り回しの良さは”ちょうどよい!”ですが、
新型フリード(Freed)の車体価格に関しては、全然ちょうど良くありませんでした。

新型シエンタの車体価格はどのくらい?

一方、トヨタから発売されているコンパクトミニバン
シエンタ(SIENTA)の車体本体価格は、このようになっていました。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0004

■新型シエンタの車体本体価格
・ガソリン車
価格:1,689,709円~1,980,327円
・ハイブリッド車の価格
価格:2,226,763円~2,329,855円

このように新型フリード(Freed)とシエンタ(SIENTA)の車体本体価格を比較する、
まったく価格帯が異なりますよね。

ハイブリッド車の最上位モデルのみを比較すると、ホンダから発売されている
新型フリードの方が30万円以上も高い事に…。

この価格差の違いは大きいですよね。
コスパを最重要視するのならホンダの新型フリード(Freed)よりもトヨタの
シエンタ(SIENTA)の方が良いように感じました。

乗り出しか価格では価格差が縮まる!?

このように車体価格が大きいこの2台のモデルですが、実際に
購入した人の乗り出し価格を比較すると、少し価格差は縮まっているようでした。

このように最大で約30万円ある価格差が縮まる理由の一つが、安全装備。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0507

2016年9月に新発売された新型フリード(Freed)では最下位グレードの
“B/ハイブリッドB”を除いてホンダの最新の安全装備システム”ホンダ
センシング”が標準装備になってます。

しかしシエンタでは、トヨタの安全装備システム”トヨタセーフティセンスP”が
全グレード通じてオプション設定となっています。ちなみにこの安全装備
“トヨタセーフティセンスP”のオプション価格は、グレードによって
5万4000円もしくは9万1800円となっています。

トヨタのディーラーさんに話を聞くと、やはりこのトヨタセーフティセンスPを
装備する人は多いそうです。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0012

そのため、この2台のモデルの乗り出し価格での価格差は若干縮まるようですよ。
ただ、それでも20万以上の価格差はありますが…。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0008

ホンダから新発売された新型フリード(Freed)と、現在大人気のトヨタの
コンパクトミニバンシエンタ(SIENTA)の車体価格を比較していたところ、
このような差がありました。

室内の上質感やデザイン性は新型フリード(Freed)の方が良いように感じましたが、
ただそれでもこの価格差は、大きいですよね。

ホンダのディーラーにこの価格差の事を聞いてみたら、「木目調のパネルや
シートの素材やデザインにこだわり、ステップワゴンなどにひけをとらない
デザインにしたから。」
と、言っていました。

ただ、このクラスのクルマは価格設定もとっても大事です。

この2台のクルマのハイブリッド車の燃費も全く一緒ですし、この価格の
違いで新型フリード(Freed)ではなく、シエンタ(SIENTA)を選ぶお客さんも
多いのかなと思いました。

また、私が実際にこの2台のモデルの実車をみたのですが、新型フリードに
この価格差以上の価値があるように感じませんでした。

もし私ならホンダの新型フリードではなく、トヨタの新型シエンタの方を
選ぶのかなと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です