新型フリードとシエンタはどっちがおススメ?【3列目に注目すると色々と見える】

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0809

8年ぶりにホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)が新発売されましたね。

この新型フリード(Freed)の競合車・ライバル車と言われているのが、
トヨタから発売されているコンパクトミニバンの新型シエンタ(SIENTA)。

コンパクトサイズのミイバンと言う事で共通点が多いこの2台のクルマですが、
実は3列目シートに対する考え方がまったく異なります。

なので、3列目シートの使い勝手や自分が使用するシチュエーションを考えると、
どちらのモデルの方が自分にピッタリか分かります。

新型フリードと新型シエンタのどっちがあなたにおススメなのか?

あなたにピッタリのモデルが見つかるようにこの2台のモデルの
特徴の違い、また、どのような人にピッタリなのか詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードがおススメなのはどんな人は?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)の
特徴の一つが、3列目シートの作りと居住性の良さ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0700

若干シートの着座位置が低いのが気になるもののシートの厚みもしっかりと
しており、また、2列目シートを少し前にすると足元空間もしっかりと確保。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1282

私も試乗した時にこのクルマの3列目シートに座ってみたのですが、足元空間も
しっかりと確保あれているので、窮屈感は全くありませんでした。なので、
このクルマの3列目シートに長時間座っていても、新型シエンタより疲労感は
感じないのかなと思いました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0600

3列目シートをイザと言う時の補助シートとして作られおらず普段から
使用する事を考慮して設計されているのが、今回新発売されたこの
新型フリードの(Freed)特徴の一つです。

また、独立キャプテンシートを採用しているこのクルマの6人乗りモデルは、
新型シエンタとは異なりシート中央からウォークスルーをする事も可能となっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1627 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1689

このようにホンダから発売されている新型モデルは3列目の居住性・
座り心地に優れているので、3列目シートを使用する機会が多い人に
ピッタリのクルマになっているのかなと思いました。

新型フリードがおススメなのはどんな人は?

3列目シートの居住性や座り心地こだわったホンダの新型フリードとは異なり、
トヨタのコンパクトミニバン”シエンタ(SIENTA)”の3列目はあくまで”補助シート”。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0026

トヨタのディーラーさんの話ですは、ユーザーアンケートから
3列目シートをほとんど使っていない人が多いことがわかったため、
補助椅子として割り切ったのがトヨタの新型シエンタ(SIENTA)。

なので、このクルマの3列目シートは2列目シート下に収納する事を
考慮して設計されています。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0030

また、このクルマの3列目シートは”補助イス”なので、シートのサイズも小さく、
また、クッション性や座り心地も競合車のホンダの新型フリード(Freed)よりも
格段に劣ります。

%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e7%94%bb%e5%83%8f0024

私も実際に試乗いた時にこの新型シエンタ(SIENTA)の3列目シートに座って
みたのですが、足元空間は十分なサイズを確保しているのは良かったものの
長時間の移動はちょっと厳しい座り心地。

つまり、トヨタの新型シエンタの場合、普段は3列目シートを収納して
“コンパクトカー”として使用していて、そして、時々同乗者が増えた時に
3列目シートを引っ張りだしてミニバンのように使用するのに最適なクルマに
なっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1265

このように新型シエンタはフリードと異なり、5乗り(4人乗り)+2と言うのが
基本的になっているので、イザと言う時に3列目シートを使用したいと言う
お客さんにピッタリのクルマになっているのかなと思いました。

ホンダから発売された新型フリード(Freed)とトヨタの人気車種シエンタは
同じカテゴリーの競合車・ライバル車ですが、3列目シートの考え方が全く異なります。

3列目シートを普段から使う人はホンダの新型フリード、イザと言う時の
補助シートとしてあったら助かると思っている人は新型シエンタの方が
ピッタリなのかなと思いました。

このように3列目シートの使用用途やシチュエーションを考えると、どちらの
モデルの方があなたにピッタリか絞られると思いますよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です