ホンダ新型フリードプラスの後部座席はリクライニングできる?

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0226

車中泊にピッタリの広い荷室・ラゲッジスペースを備えているホンダの
プチバン新型フリードプラス(Freed plus)がホンダから新発売されましたね。

2列目シートに独立キャプテンシートとソファーシートを用意している
ベースモデルの3列シートの新型フリード(Freed)と異なり、このプラスは
ソファーシートのみを用意。

また、ベース車両のソファーシートとデザイン&作りが若干異なります。

>>> 型フリードとプラスの2列目シート【違いを画像で比較】

そんな新型フリードプラス(Freed plus)の2列目ソファーシートですが、
リクライニング機能は装備されているのか?

先日、このクルマを試乗した時に後部座席のリクライニング機能も
確認したので、紹介いたします。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

ホンダ新型フリードプラス 後部座席のリクライニング機能は?

今回新発売された新型フリードプラス(Freed plus)の後部座席は、このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f-00034

一見すると、後部座席のデザインはベースモデルの新型フリードに似ていますが、
プラス(Plus)の方はシート中央部分にアームレストが装備されていないないなど
若干後部座席の機能が異なります。

そんなプラス(Plus)の後部座席ですが、ベースとなってる標準モデルと同様に
リクライニング機能が備わっています。

これは嬉しいですよね。

このクルマの先代モデルとなるフリード スパイクでは後部座席に
リクライニング機能は装備されていなかったようなので…。

このプラス(Plus)は荷室・ラゲッジスペースの使い勝手や車中泊に特化した
スペシャリティーカーのような雰囲気はありますが、このように後部座席に
リクライニング機能が備わっている事で、普段使いでの使い勝手や快適性も
かなり良くなっているように感じました。

後部座席のリクライニング幅はどれくらい?

このように後部座席のリクライニング機能が備わったホンダのプチバン
新型フリードプラス(Freed Plus)ですが、実際のリクライニング幅はどれくらいでしょうか?

実際に確認してきたので、紹介したいと思います。

こちらが後部座席を通常(座面を垂直)にした状態。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f-00002

一方こちらは後部座席を最大限にリクライニングした状態。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f-00024

残念ながらこの新型フリードプラス(Freed plus)の後部座席のリクライニング幅は
それ程大きくありません。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f-00016

たったこれだけです。
角度で表すと、おそらくたった数十度だと思います。

個人的にはもう少し後部座席のリクライニング幅が大きい方が大きく
できた方が快適なのかなと思いましたが、これだけでも後部座席の座り心地・
快適性は全く異なります。

なので、後部座席のリクライニング機能が装備されていなかったスパイクと
比較すると、だいぶ進歩したのかなと思いました。また、このくらいの
リクライニング角度なら荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を妨げません。

背もたれが垂直のままよりもリクライニングした方が座り心地は良いので、
ずっとリクライニングした状態でも良いのかなと思いました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f-00044

今回ホンダから新発売されたプチバン新型フリードプラス(Freed plus)の
後部座席は、このようにリクライニング機能が装備されていました。

また、実際に後部座席をリクライングして座ってみたのですが、
座面を垂直になっている状態よりも座り心地は良くなっていたのは、好印象でした。
もちろんもう少しリクライニング幅が大きい方が嬉しかったですが…。

もしこのクルマの後部座席の居住性気になる方は、試乗をする際に
しっかりと確認してみてくださいね。個人的にはベースのフリードと同様に
このプラスの後部座席の座り心地&居住性もとても良いと思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です