新型フリードプラスの荷室の欠点【操作をして気になった事とは?】

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1479

専用の荷室のデザインを採用した2列シートモデルの新型フリードプラス
フルモデルチェンジをして、新発売されました。

この新型モデルの特徴は何と言っても、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手。
後部座席を収納すると、ほぼフルフラットの広い荷室が登場して、
車中泊をする事が可能です。

このように荷室・ラゲッジスペースの広さ&使い勝手が魅力の
新型フリードプラス(Freed+)ですが、実際に試してみて気になる事・
欠点と思った部分もありました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの欠点・デメリットについて、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードプラスの荷室の欠点

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラスの荷室・
ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0018

また上下2段になっていて、使い勝手が良さそうですよね。
また、2列目シートを収納すると、このような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0347

このように2列目シートを収納したときの新型フリードプラス(Freed+)の
荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、最大で190cmオーバー。大柄な男性でも
車中泊ができちゃいます。

このように車中泊もできるくらい広い荷室・ラゲッジスペースはとても
良いと思ったのですが、私がこのクルマを実際に確認をして欠点・
デメリットに感じたのが後部座席の収納の手間が多いこと。

この新型モデルの後部座席は、このように座面を持ち上げて、
その持ち上げた座面部分に背もたれを格納します。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0291

2列目シートの座面を持ち上げるのもラクなのですが、
実際に収納作業をしてみて手間に感じたのは、後部座席の
背もたれの後ろ側に備え付けてあるボードを取り出すとき。

ベースとなっている3列シートモデルと異なり、5人乗りモデルの
新型フリードプラスは、後部座席を収納した時に広い荷室・ラゲッジ
スペースを作るためのボードが2列目シートの背もたれの後ろ側に付いています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0299

フルフラットの荷室・ラゲッジスペースににするためにはこの
新型フリードプラス(Freed+)の後部座席に備わっているボードを
取り出さないといけないのですが、このボードを取り出すのがとっても大変・・・。

この新型フリードプラス(Freed+)のシートバックのボードは、このような
ストラップでしっかりと固定されているので、取り出すには一度緩めないといけません。
ワンプッシュで開閉できるストラップでは無いので、実際に試してみると、
意外と時間がかかります・・・。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0301

しかも、このプラス(+)の2列目シートは6対4分割方式を採用しているので、
この取り外す作業を2つ分しないといけません。

また、緩めたストラップをそのままにしておくと、見た目が少しだらしなく
見えてしまます。

車中泊もできるくらい広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースなんですが、
この後部座席のボードの取り出しや収納だけは、少々残念でした。個人的には
もう少しラクにこのボードを収納できるような工夫をしてもらいたかったです。

ちなみに、新型フリードプラス(Freed+)の2列目シートの背もたれに装備されている
シートバックボードを収納しない状態で背もたれを起こすとこのような感じ。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f0002

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e7%94%bb%e5%83%8f0003

ちょっとだらしないですね^^;;
シートバックボードの収納はかなり手間ですが、シートを使用するたびに
このボードはしっかりと収納する方が良いのかなと思いました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0018

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリードプラス(Freed+)の
荷室・ラゲッジスペースは広さ・使い勝手は良かったのですが、この2列目シートの
収納だけは、かなり残念でした。

もし新型フリードプラス(Freed+)を試乗する際は、ぜひろも後部座席の
収納方法もしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です