運転して気づいた不満とは?新型フリード ハイブリッドの試乗の感想

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1454

8年ぶりにホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)
全面刷新して、新発売されましたね。

内装・インテリアの質感も大幅にアップし、また、競合車・ライバル車の
トヨタのシエンタ(SIENTA)よりも室内が広くなっているなど、魅力が満載。

私も先日、ガソリン車・ハイブリッド車両方とも試乗させて貰ったのですが、
乗り心地・走破性などすべての面において先代モデルよりも格段に良くなっており、
個人的は大満足でした。

ただ、ガソリン車よりも人気が高いハイブリッド車を運転した時に不満に
思ったシーンも…。

私がこの新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)を試乗していて、
気になった事・不満に感じた事を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリード ハイブリッドを試乗して欠点に感じた事とは?

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1460

今回新発売されたホンダの新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)は、
1.5リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム
“スポーツハイブリッド i-DCD”を採用しています。

この”スポーツハイブリッド i-DCD”はフィット3ハイブリッドや
ヴェゼル ハイブリッドなどにも採用されているシステムなので、
かなり成熟してきた印象が…。

このホンダの新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)は1.5トンを
超える車体重量があるクルマにも関わらず走りのスムーズさが損なわれて
いないのが、好印象でした。

また、EV走行からエンジンが作動するハイブリッド走行やへの移行が
スムーズで不快なショックが生じないのもメリットの一つでした。

発進時の加速に違和感が…

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1507

このように先代モデルや他のホンダのハイブリッド車と比較して
遜色のない走りを楽しめる新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)ですが、
試乗をしていて不満に感じたのは、発進時のモーター走行できる距離。

このクルマもホンダの他のハイブリッド車と同様に赤信号からの発進時には、
モーターのみのEV走行で静かに走っていきます。しかし、この新型フリード
ハイブリッド(Freed Hybrid)ではモーター走行できる距離が予想以上に短い…。

何回かマルチインフォメーションディスプレイに表示される
エネルギーフロー画面とインパネの上段にあるスピードメーターを
見ながら運転をしたのですが、周りに迷惑をかけないように普通の感じで
発進をしていくと、時速10km/hをちょっと超えるあたりでハイブリッド
走行へ移行します。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f-2955

もしかしたら私が運転した時はモーターの充電が足りなかったのかも
しれませんが、モーター走行できる距離の短さにビックリ…。なので、
運転をしていて、「もう!?エンジンが作動したの!?」と、驚いちゃいました。

同じホンダから発売されているフィット3ハイブリッドでは、
今回の新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)と同じように加速をした時は、
時速約30km/hくらいでEV走行からハイブリッド走行へ移行しました。

また、フィット3ハイブリッドよりも車体重量が重たい人気SUVの
ヴェゼル ハイブリッドでももう少しEV走行ができる距離は、長かった
ような気がします。

かなりアクセルをジンワリと踏めば、フィット3ハイブリッドと同様に
時速30km/h程度までモーター走行をひっぱる事が出来るのですが、このような
運転を毎回するのは、かなりストレスがたまります。

ハイブリッド車らしい無音でスムーズに加速していく感じが味わえない
新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)の乗り心地&スタート時の加速は、
少々残念に思えました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2265

今回この新型フリード ハイブリッド(Freed Hybrid)を試乗したところ、
運転をしていてこのような事に不満を感じました。

競合車・ライバル車のトヨタ シエンタよりもクイックでキビキビとした
走りなど良いと思った点も多かったのですが、発進した際のEV走行の短さは
運転をしていてかなり気になりました。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、ぜひとも赤信号からの
発進&加速に注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です