ホンダ新型フリードとプラスの違い【ボディサイズも異なる!?】

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0213

ホンダのコンパクトミニバン新型フリード(Freed)がフルモデルチェンジをして
新発売されましたね。

今回新発売されたこの新型モデルでは3列シートの標準モデルと車中泊に
ピッタリの2列シートのプラス(Plus)の2つのモデルをラインナップ。

この2つのモデルは荷室・ラゲッジスペースのデザインやテールゲートの
広さが異なりますが、実はボディサイズも若干異なるそうです。

この新型フリード(Freed)とプラス(Plus)ではどのくらいボディサイズが異なるのか?
また、取り回しや運転に影響はあるのか?

この2つのボディサイズを比較してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型フリードとプラスのボディサイズ比較

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フリード(Freed)の
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0759 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2193

フロントマスクは、ホンダのコンパクトカー”フィット3(FIT3)”やミニバンの
ステップワゴン(STEP WGN)にソックリのシャープなデザインを採用。

そんな3列目シートの新型フリード(Freed)のボディサイズは、このように
なっていました。

■新型フリードのボディサイズ
(グレード:ガソリン車Gホンダセンシング)
全長:4,265mm
全幅:1,695mm
全高:1,710mm

一方、2列シートの新型フリードプラス(Freed Plus)の外装・エクステリアは、
このようなデザインになっています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1479 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1504

フロントマスクやサイドからのデザインなど基本的なデザインは、
3列目シートの標準モデルとまったく一緒。

ただ、リアからのデザインは荷物の積み下ろしがしやすいように
荷室開口部が広い専用のデザインとなっております。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2480 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f1254

そんな2列シートの新型フリードプラス(Freed Plus)のボディサイズは、
このようになっていました。

■新型フリードのボディサイズ
(グレード:ガソリン車Gホンダセンシング)
全長:4,295mm
全幅:1,695mm
全高:1,710mm

一見すると、ボディサイズは同じに見える3列シートの新型フリード(Freed)と
2列シートのプラス(Plus)ですが、プラスのほうが30mmほど全長が
長くなっています。

フリードプラスの方が全長が長い理由とは?

3列シートの標準モデルと比較して2列シートのプラスの方が全長が30mmほど
長くなっている理由は、リヤのデザイン。

先ほども申し上げましたが、2列シートの新型フリードプラス(Freed Plus)は
荷室・ラゲッジルームの使い勝手をよくするために専用のテールゲートと
リアバンパーを装備しています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0276

そのため若干リアの張り出しが大きく、全長が30mmほど長くなっているようです。

新型フリードプラス(Freed Plus)の方が30mmほど全長が長くなっていますが、
実際に見比べても違いに気付きません。そのくらい僅かな差です。

なのでこの2台のモデルを運転していても、サイズの違いはまったく気になりませんでした。

注意が必要なのはテールゲートを開けた時

ただ、この2台のモデルはテールゲートの大きさは異なるため、開けた時の
後ろの張り出しは大きく異なります。

後ろの張り出しが大きくて注意が必要なのは、テールゲートが大きい
新型フリードプラスの方。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f2418

このように見ると後ろの張り出しがかなり大きいですよね。

なので、後方のスペースが狭い駐車場では荷室を開けるときに
注意が必要なのかなと思いました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e7%94%bb%e5%83%8f0809

今回フルモデルチェンジをして新発売された2列シートモデルの
新型フリード(Freed)と、3列シートのプラス(Plus)のボディサイズを
比較してみたところこのようになっていました。

ボディサイズ自体は若干2列シートのプラスの方が大きいですが、
運転のしやすさ・取り回し性能にはまったく関係ないように感じました。

もしこの2台のモデルの運転のしやすさが気になるのなら、ディーラーさんに
行って新型フリード(Freed)とプラスを乗り比べしてみてくださいね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です