新型エクリプスクロスのメーカーオプションは何がある?ディーラーのおススメを紹介

2018年3月、SUVに定評のある三菱から久しぶりの新車新型エクリプスクロス(ECLIPSE CORSS)が、デビューをしました。

今回新発売されたこの新型モデルでは、スマートフォンと接続して使用するのを前提としたシステム”スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)”やタッチパッドコントローラーなど機能や装備が充実しているのが魅力の一つです。

そんな新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、メーカーオプションを装着する事で、さらに機能や装備を充実する事が可能です。

今回三菱からデビューをしたこの新型SUVは、どのようなメーカーオプションを用意しているのでしょうか?また、どのメーカーオプションがおススメなのでしょうか?

2018年3月にデビューをした新型SUVのメーカーオプションを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型エクリプスクロスのメーカーオプション一覧【おススメは何?】

2018年3月に三菱からデビューをしたスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)では、次のようなメーカーオプションを用意しておりました。

■全グレード対象のメーカーオプション:
・スペアタイヤ
オプション価格:10,800円

■Gグレードのみ対象のメーカーオプション:
・7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション(MMCS)
オプション価格:10,800円
・後側方車両検知システム+後退時車両検知警報システム
オプション価格:351,000円

■Gグレード/Gプラスパッケージ対象のメーカーオプション:
・本革シート/運転席パワーシート/運転席&助手席シートヒーター
オプション価格:248,400円
・電動パノラマサンルーフ
オプション価格:142,400円

■Gプラスパッケージのみ対象のメーカーオプション:
・ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)
オプション価格:102,600円
・7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション(MMCS)
オプション価格:216,000円
・MMCS+ロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステム
オプション価格:318,600円

メーカーオプションの種類は、豊富ですよね。
若干オプション価格は高めですが…

このように様々な種類のメーカーオプションを用意している新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、先日、いつもお世話になっているディーラーさんに、人気が高いおススメのメーカーオプションを教えて貰ったので、紹介します。

おススメのオプション1:後側方車両検知システム+後退時車両検知警報システム

ディーラーさんおススメのメーカーオプションの一つが、Gグレードに装着する事ができる後側方車両検知システム(BSW/LCA)+後退時車両検知警報システム(RCTA)です。

このメーカーオプション設定になっている後側方車両検知システム(BSW/LCA)とは、サイドミラーに装着されているインジケーターが斜め後方からのクルマの接近を検知をして、お知らせをしてくれる機能の事です。

なので、高速道路などでの車線変更がとてもラクになります。

■後側方車両検知システムのインジケーター

一方、後退時車両検知警報システム(RCTA)とは、リヤバンパーに備えた電子式のレーダーで斜め後方や後方に使づく車両を検視して、後退時の安全をサポートしてくれる機能です。なので、スーパーマーケットの駐車場から後退で出庫する時などに役に立ちます。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、競合車・ライバル車よりも後方の視界は広めに取られているのですが、リヤガラスを貫くようにピラーが入っているのが、欠点・デメリットです。

■新型エクリプスクロスの後方視界

なので、後方の視界に不安を持つお客さんが、この後側方車両検知システム+後退時車両検知警報システムをオプションで装着していくそうですよ。

ちなみに、後側方車両検知システム+後退時車両検知警報システムは、最上位モデルの”Gプラスパッケージ”では、標準装備されています。ただ、最廉価モデルのMグレードでは、装着する事ができないので、注意をしてくださいね。

おススメのオプション2:本革シートパッケージ

また、三菱のディーラーさんがおススメのオプションの一つが、本革シートパッケージのようです。

今回新発売された新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)は、全グレード共通してファブリックシートが標準装備されているのですが、ディーラーさん曰く、本革シートにするだけで、内装・インテリアの雰囲気がグッと大人っぽくなるとの事。

私はたまたまメーカーオプションの本革シートを標準装備したモデルを見る事ができたのですが、確かに本革シートの方が、内装・インテリアにプレミアム感がある感じが…。

実際に本革シートと標準装備のファブリックシートを見比べてみると、このような違いがあります。

■新型エクリプスクロスの本革シート

■新型エクリプスクロスのファブリックシート

内装・インテリアの雰囲気が全く異なりますよね。

ディーラーさんが仰っている通り、内装・インテリアの高級感にこだわるのなら、プレミアム感が一気に増す本革シートは良いのかなと思いました。

また、運転席&助手席シートヒーターや運転席のシート調整がラクになる電動パワーシートが装備されるのも、本革シートに変更した時だけです。

オプション価格が248,400円と高めの設定になっているのが難点ですが、十分に満足できるオプションなのかなと思いました。

2018年3月にデビューをした三菱のスタイリッシュSUV新型エクリプスクロス(ECLIPSE CROSS)ですが、このようなメーカーオプションを用意していました。

元々、機能や装備が充実している三菱の新型モデルですが、メーカーオプションを備えると、機能や装備がさらに充実する感じが…。

ディーラーさんもおススメしていましたが、内装・インテリアの雰囲気をガラリと替え、スタイリッシュクーペらしいプレミアム感を演出する本革シートは、特に良いと思いました。また、内装・インテリアの質感や上級感にこだわるのなら、本革シートはピッタリなのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、本革シートに興味を持つお客さんは多いようですよ。

>>> SDA/純正ナビ仕様で数に違いが!?新型エクリプスクロスのUSBポート

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です