風の巻き込みは気になる!?|新型コペン セロの試乗の感想⑤

新型コペンセロ画像0014

先日、ダイハツのコペンサイトに行き、新モデルとして発売された
新型コペン セロ(COPEN CERO)を試乗してきました。

今回は天気が晴れていた事もあり、
まずはルーフを全開にして試乗をスタート。

やはりオープンカーは良いですね。
普通のクルマでは味わえない爽快感がたまりません。
運転がさらに楽しくなるようなクルマだと思いました。

また、今回新型コペン セロ(COPEN CERO)を初めて試乗したのですが、
気になっていた風の巻き込みもほとんど無く、とても快適でした。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

風の巻き込みをほぼシャットアウト!?

新型コペン セロ(COPEN CERO)を試乗してみて、
ちょっと驚いたのは、風の巻き込みをしっかりと制御しているという事。

特にサイドウィンドウを閉めて運転していると、
風の巻き込みをほとんど感じる事はありませんでした。

私は身長が178cm程度あるので、背筋をピンっと伸ばして運転すると、
少しフロントガラスと同じくらいの高さになります。

新型コペンセロ画像0013

そうすると多少、頭頂部が風を感じ、髪の毛が少しサラサラと揺れる程度。

私が試乗した時、同乗したディーラーさんは髪の毛の長い
女性の方でしたが、風の巻き込みが無いため、髪の毛バサァァ~っと
乱れる事はありませんでした。

実際に試乗に同乗してくれたディーラーさんに
新型コペン セロ(COPEN CERO)の風の巻き込みについて聞いてみたのですが、

「時速60km程度までなら、特に風の巻き込みは気にならないですよ~」

と、言っていました。

高速道路など時速100km程度で運転すると、サイドウィンドウを
閉じた状態でも少しは気になるみたいですが・・・。

個人的にはもう少し新型コペン セロ(COPEN CERO)で屋根をオープンにすると
風を感じて運転ができると思って、ちょっとビックリ・・・。
予想以上に運転中に風を感じる事ができずに、ちょっと肩透かし状態でした。

風を感じて運転したいなら・・・

ただ、新型コペン セロ(COPEN CERO)のサイドウィンドウを開けると、
風の巻き込みが大きくなります。

ただ、時速60kmまでの街乗り程度なら
サイドウィンドウを開けても、風の巻き込みは不快にならない程度。

むしろ風が室内に心地よく入り、とても快適でした。
個人的には春や秋などオープンカーを運転するのにピッタリの時期は、
多少サイドウィンドウを開けて、風を感じながら運転するのが良いのかなと
思いました。

新型コペンセロ画像0014
ただ、新型コペン セロ(COPEN CERO)のサイドウィンドウを開けた状態で
運転していて、ちょっと気になったのは、フロントガラスが時々
ブルブルと揺れるときがあった事。

特にちょっと路面の荒れた道路を運転して、
クルマが少し上下に弾んだ時にフロントガラスが揺れるのが
目に付きました。

サイドウィンドウを開けるとフロントウィンドウを支えるものが
なくなるので、仕方ないかもしれませんが・・・。
この点は、もう少し対策をしてもらいたかったと思いました。

新型コペンセロ画像0034
今回新型コペン セロ(COPEN CERO)で市街地を運転させてもらったのですが、
町乗りでは、風の巻き込みは全く気になりませんでした。

これ程風の巻き込みを制御していたら、女性でもせっかくセットした
髪がボサボサになって、イヤな思いをする事も無いのかなと思いました。

個人的には町乗りでは、多少サイドウィンドウを開けて、
多少風を感じながら運転するのがおススメです^^

これから新型コペン セロ(COPEN CERO)を試乗しようと思っている方は、
サイドウィンドウを開けた状態と閉めた状態の違いを確めると
良いと思いますよ。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です