インパネの赤いカラーがオシャレ!?|新型コペン セロの内装①

コペンセロ画像0011

ダイハツから発売されている軽スポーツカラーの新型コペン(COPEN)の
第3弾セロ(CERO)が発売されましたね。

ちなみに、新型コペン セロ(COPEN CERO)の名前の由来になっている
セロ(CERO)とは、スペイン語で”0(ゼロ)”の意味のようですね。

どうやら今回の新型コペン セロ(COPEN CERO)のテーマの一つでもある
原点回帰の意味をこめて、このような名前にしたみたいです。

また、今回私が見た新型コペン セロ(COPEN CERO)の内装・インテリアは
メーカーオプションのレッドインテリアパックのクルマ。
そのため、シートも先代モデル思わせるようなレッドシートが
好印象でした。

そんな新型コペン セロ(COPEN CERO)の内装・インテリアを
紹介していきます。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型コペン セロに乗り込んでみると・・・

運転席のドアを開けるとこのような感じ。

コペンセロ画像0019

ドアを開けたら、新型コペン セロ(COPEN CERO)の真っ赤な
オシャレなシートと赤いインパネが一気に飛び込んできました。

内装のカラーが明るいので、テンションがあがりますね^^

ベージュのシートをしているローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)の
シックな感じも良いですが、ちょっとハデな赤い内装・インテリアも
良いと思いました。

また、ディーラーオプションのチェックがらの
フロアマットともマッチしているような感じがしました。

また、赤い内装・インテリアと言うと、ちょっとハデなイメージが
ありましたが、思ったよりもハデさは抑えられていました。

新型コペン セロ(COPEN CERO)のインパネ

新型コペン セロ(COPEN CERO)のベースとなっているインパネの
デザインは、このような感じ。

新型コペンセロ内装

しかし、今回私が見たレッドインテリアパックのインパネは、
このようなデザイン。

コペンセロ画像0019

元々のインパネのデザインが、ブラウン×シルバーデザインに対し
レッドインテリアパックのデザインは、ブラックかけるレッドのデザイン。

しかし、新型コペン セロ(COPEN CERO)のレッドインテリアパックでも赤い部分は、
ワンポイントで入っているのみだったので、オシャレでした。

ハデ過ぎない感じが良かったです。

運転席前のインパネ

運転席前のデザインは、このような感じ。

コペンセロ画像0013

ハンドルは、ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)同様に
本革巻きのステアリングを採用。

ちょっとハンドルサイズがスポーツカーとしては、
大きく感じてしましました。

また、ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)同様に
パドルシフトは装備されていませんでした。

パドルシフトの装備はビルシュタイン製のダンパーを装備した”S”を
待つしかなさそうですね。

インパネ中央

インパネ中央はこのような感じのデザイン。

コペンセロ画像0015

エアコンのコントローラーなどの基本的なデザインは全く一緒。
また、スイッチが少ないので、スッキリとしいている印象を持ちました。

しかし、送風口のデザインや赤いインパネガーニッシュのデザインが
ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)や多少変わっていました。

新型コペン セロ(COPEN CERO)のガーニッシュは、一直線のデザインに
なっていました。

ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)よりも
新型コペン セロ(COPEN CERO)のインパネ中央はスッキリとした
シンプルなデザインになっているように感じました。

シンプルすぎるデザインは好き嫌いが分かれるかもしれませんが・・・。

また、新型コペン セロ(COPEN CERO)のシフトレバーは、
このようなデザイン。

コペンセロ画像0014

シフトレバーのデザインは、ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)と同じ
メッキ調のデザイン。
オシャレで、握り心地も良かったです。

また、インパネ中央のスイッチ・ボタンルンが少ない分、
シートヒーターなどのスイッチは、この部分に装備されていました。

助手席のインパネ

新型コペン セロ(COPEN CERO)助手席側のインパネデザインは
このような感じ。

コペンセロ画像0016

グローブボックスがえぐれているので、
思ったよりも足元空間は広々としていました。

また、乗り降りするときの脚の運びも、
結構良かったです^^

インパネを見た感想

今回新型コペン セロ(COPEN CERO)を初めて見たのですが、
赤いシートやインパネはオシャレだと思いました。

コペンセロ画像0019

新型コペン セロ(COPEN CERO)の見た目は丸っこいイメージなので、
もう少しインパネのデザインも柔らかい感じにしても良かったと思いますが、
赤いカラーはとても良かったです。

初代モデルを思わせるような色使いで、
初代からのコペンファンの人には、ちょっとたまらないでしょうね^^

内装が赤いカラーになっているだけで、
クルマ全体の雰囲気が変わってみえました。
これでルーフを開けて運転したら、かなり目立ちそうですよね^^

ちなみに、私のまわりでは、オリジナルのローブ(Robe)よりも
エクステリアのデザインを含めて新型コペン セロ(COPEN CERO)の方が
良いといった意見が多かったです。

ディーラーさんに話を聞いても、
新型コペン セロ(COPEN CERO)を見たお客さんの反応は上々のようです。
意外と新型コペンの本命は、このセロ(CERO)なのかもしれないですね。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です