新型シビックの荷室サイズ比較【ハッチバックとセダンの違いはどのくらい?】

操る喜びを提供する事をコンセプトに開発されたホンダの新型シビックが、
2017年9月にフルモデルチェンジをして、新発売されました。

今回新発売された新型モデルは、ハッチバックとセダン、そして、上位モデルの
タイプRを用意しています。

外装・エクステリアのデザインが異なる新型シビック(CIVIC)のハッチバックと
セダンですが、荷室・ラゲッジスペースのデザインや使い勝手も異なります。

荷室・ラゲッジスペースのサイズが大きいのは、ハッチバックとセダン車の
どちらでしょうか?

実車画像を使って、ホンダの新型シビック(CIVIC)の荷室・ラゲッジの
サイズや使い勝手の違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型シビックの荷室サイズ比較

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック(CIVIC)の
ハッチバックの荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型シビック ハッチバックの荷室・ラゲッジスペース

ハッチバックと言う事もあり、荷室・ラゲッジスぺースに高さがありますね。

あた、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
荷室・ラゲッジスペースの特徴の一つは、トノカバーです。

■新型シビック ハッチバックのトノカバー

この新型モデルに標準装備されちえるトノカバーは、世界初と言う左右取り巻き式。

一般的な縦に巻き取りタイプのものよりも小さく収納できて、使用しない時に
邪魔にならないのが好印象でした。

一方、新型シビック(CIVIC)のセダン車の荷室・トランクは、このような
デザインになっています。

高さは無いですが、広さはこちらの方がある感じが…。

また、後部座席を収納するレバーが荷室開口部に設置してあり、後部座席の
収納作業(トランクスルー)が簡単に操作できるのは、このセダン車の魅力
なのかなと、思いました。

このようなデザインになっているホンダの新型シビック(CIVIC)のセダン車と
ハッチバックの荷室・ラゲッジスペースですが、それぞれのサイズを確認して
みたところ、このよになっていました。

■新型シビックのセダン車とハッチバックの荷室サイズ比較
・ハッチバック
荷室長: 930mm ~ 1,740mm
荷室幅:1,290mm
荷室高: 780mm
・セダン車
荷室長:1,090mm ~ 1,850mm
荷室幅:1,380mm
荷室高: 780mm

新型シビック(CIVIC)のセダン車とハッチバックでは、荷室・ラゲッジスペースの
高さは同じになっているものの、荷室の奥行きと横幅は、セダン車の方が
広い結果に…。

実際に2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースを見比べてみても、
セダン車の方がハッチバックの方が広くて使い勝手が良い感じが…。

開口部も広いので意外と大きいので、荷物の積みこみも苦にならなそうです。

もし荷室・ラゲッジスペースの重要視するのなら、ハッチバックよりも
セダン車の方が良いのかなと思いました。

荷室容量にも違いが…

このように荷室サイズが異なるホンダの新型シビック(CIVIC)のハッチバックと
セダン車ですが、荷室容量にも大きな違いがあります。

この2台のモデルの荷室容量(VDA方式)を比べてみたら、こんなに違いが
ありました。

■新型シビックハッチバックとセダンの荷室容量比較
ハッチバック:420リットル
セダン車 :519リットル

なんと新型シビック(CIVIC)のセダン車の方が約100リットルも容量が大きい事に…。

ハッチバックは3つしか収納できないゴルフバックも、セダン車では、
4つまで収納する事ができる事もセダン車のメリットの一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダの新型シビック(CIVIC)の
荷室・ラゲッジスペースのサイズや使い勝手を比較してみたところ、このような
違いがありました。

荷室サイズや容量は、ハッチバックよりもセダン車の方が広い結果に…。

ディーラーさんが言っていた「セダン車は、ワゴン車並みの容量がある。」と、
言うのはちょっと大げさすぎる表現だとは思いますが、十分に満足できる
荷室サイズ&容量を備えているように感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です