予想以上の使いやすさ!?新型シビック ハッチバックの荷室レビュー

日本だけではなく、世界中で愛されているホンダの人気モデル新型シビックが、
2017年9月に復活を果たしました。

先日、このホンダの新型シビック ハッチバックを見る事ができたのですが、
かなりスポーティーなデザインに…。横幅が1800mmあるワイドなクルマなので、
ドッシリとした印象を持ちました。

このようにスポーツタイプになっている新型シビック ハッチバックですが、
意外と良いと思ったのが、荷室・ラゲッジスペースのデザイン。

走りに特化したモデルだと思っていたのですが、意外と荷室・ラゲッジスペースも
広く、ファミリカーとしても十分に満足できる広さや使いが手を備えていると、
思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインなのでしょうか?

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手やアレンジを
徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型シビック ハッチバックの荷室レビュー:開口部どうだった?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
リヤはこのようなデザインになっています。

中央には2本出しのマフラーが装備されており、スポーティーなデザインに…。

そして、エンブレムの裏側にあるスイッチを押して、荷室・ラゲッジスペースを
開けると、開口部は、このような感じ。

もう少し開口部は狭いと思っていたのですが、意外と広い開口部が登場。

特に横幅が広く、ゴルフバックやスーツケースなども難なく出し入れできる
サイズになっていたのは、好印象でした。

ただ、ちょっと気になったのは…

このように広い荷室開口部はとても良いと思ったのですが、このハッチバックの
荷室開口部を見て、ちょっと気になったのは、掃出し口(荷室開口高)の高さ。

この新型シビック ハッチバックの掃出し口(開口部の下端)は、競合車・
ライバル車よりもちょっと高めなので、重たい荷物を出し入れをする時は、
ちょっと不利なのかなと、思いました。

新型シビック ハッチバックの荷室:アレンジ&使い勝手はどうだった?

このような開口部になっていた新型シビック ハッチバックの荷室・
ラゲッジスペースですが、広さを確認してみると、このような感じです。

このハッチバックとセダン車を比較すると、奥行きはちょっと狭いですが、
それでも十分な広さに…。

>>> 新型シビック ハッチバックの荷室レビュー:広さ&使い勝手を徹底解剖

また、このハッチバックのラゲッジスペースで、私が特に良いと思ったのが、
荷室の高さです。

この新型モデルでは、掃出し口よりも荷室フロアが一段低いデザインに
なっていて、予想以上の荷室の高さを確保。

荷物の出し入れの大変さはありますが、背の高い荷物も積み事が出来るのは、
新型シビック ハッチバックの荷室の良いところなのかなと、思いました。

後部座席を収納した時の広さはどのくらい?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックは、
競合車・ライバル車と同様に6対4分割方式の後部座席を採用しています。
なので、左右独立して、後部座席を収納する事が可能です。

実際にこの新型モデルの後部座席を収納してみると、このような感じ。

後部座席を収納すると、かなり広くなりますよね。

また、後部座席を収納した時は、完全なフラット状態ではないのですが、
大きな段差ではなく、スラローム状になっています。

後部座席の背もたれ部分で大きな段差があり、後部座席を収納した時の使い勝手が
悪いクルマもありますが、新型シビック ハッチバックは比較的、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良いように感じました。

使い勝手も大満足

また、今回フルモデルチェンジをした新型シビック ハッチバックは、
荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなるような様々な工夫が
施されていました。

その一つが、アクセサリーソケット。

この新型モデルの荷室・ラゲッジルームの左側には、アクセサリーソケットが
一つ標準装備されています。

荷室にラゲッジスペースにアクセサリーソケットが装備されているクルマって
ちょっと珍しいですよね。

あまり見かけない荷室のアクセサリーソケットですが、キャンプやバーベキュー、
釣りなどアウトドアシーンでは、意外と重宝しそうだなと思いました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックは、
コンビニフックを用意。

スーパーの買い物袋など横転したらイヤなものを掛けておくのに、
とても良いアイテムだなと、思いました。

床下収納も標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
荷室の下には、床下収納を用意しています。

このクルマの荷室フロアを持ち上げると、パンク修理キットなどを収納できる
サブトランク(床下収納)が登場します。

また、この床下収納の手前には、ちょっとした収納スペースが用意されています。

ただ、深さも奥行きも思ったよりも狭い感じが…。
なので、収納力はあまり良く無いように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

ちょっと高めの掃出し口など若干気になる部分もありましたが、
スポーツモデルのハッチバックとしては、十分に満足できる広さ&
使い勝手になっているように感じました。

また、スポーツモデルのハッチバックと聞くと、ファミリーカーとしては
全く使えないのかも!?とイメージする人も多いと思います。

ただ、この新型シビック ハッチバックは荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良く、
また、後部座席も十分な広さを確保しているので、ファミリーカーとしても
十分に活躍をするのかなと、思いました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です