使い勝手は良好!?新型シビック ハッチバックのインパネ画像インプレ

世界中で人気が高いホンダの新型シビック(CIVIC)が、2017年10月、
フルモデルチェンジをして、新発売されましたね。

先日、この新型モデルのハッチバックを見る事ができたのですが、
かなり引き締まったデザインに…。18インチの専用デザインのタイヤを
装着するなど、スポーティーさを強調したデザインになっていました。

そんな新型シビック ハッチバックの内装・インテリアは、
ブラックを基調にした比較的シンプルなデザインに…。

しかし、実際に使用してみると、思ったよりも使いが手は良いように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
内装・インパネは、どのようなデザインなのでしょうか?

実車画像を使って、この新型モデルの内装・インパネを徹底的にレビューを
してみたいと思います。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)

新型シビック ハッチバックのインパネ画像レビュー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型シビック ハッチバックのインパネ

ブラック基調のシンプルなデザインに…。

また、ホンダの人気コンパクトカーのフィット3(FIT3)の内装・インパネに
若干似ているような感じが…。

乗った瞬間にホンダっぽさを感じる内装・インテリアのデザインなので、
ホンダ好きの人には、落ち着くデザインなのかなと、思いました。

そんな新型シビック ハッチバックのインパネの各装備について、
確認していく事にしましょう、

ハンドルはグリップ感の良さが特徴

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
ハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型シビック ハッチバックのハンドル・ステアリングホイール

このハッチバックでは、ホワイトのステッチが入った本革巻きのハンドル・
ステアリングホイールを採用。車格に相応しいデザインになっているように感じました。

また、ハッチバックのハンドル・ステアリングホイールを握った瞬間に良いと
思ったのは、手にしっかりと馴染むグリップ感の良さです。

ハンドル・ステアリングホイールの握りやすさは、運転のしやすさにも直結します。

この手にピタッと馴染むグリップの良さは、競合車・ライバル車には無い
新型シビック ハッチバックの魅力の一つなのかなと思いました。

また、ハンドル・ステアリングホイールの左右の付け根には、
パドルシフトが用意されているのも、嬉しかったです。

オートブレーキホールドや電動パーキングブレーキを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックは、
マニュアル車とCVT車の2つのタイプを用意していますが、CVT車を選択した時の
シフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型シビック ハッチバックのシフトレバー

シフトブーツに施されているホワイトのステッチがオシャレで良いですよね。
スポーティーさを感じるデザインになっているのが、好印象でした。

また、CVT車では、停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を
維持してくれるオートブレーキホールドや、電動パーキングブレーキなどを
標準装備しています。

スポーツモデルでありながら、快適に運転できる装備が充実しているのも
新型シビック ハッチバックの特徴の一つなのかなと、思いました。

ちょっと残念だった空調パネル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
空調パネルは、このようなデザインになっています。

■新型シビック ハッチバックの空調パネル

このクルマらしくシンプルなデザインに…。

ただ、フィット3(FIT3)のようにタッチパネル方式ではなく、ダイヤル方式に
なっているため、使い勝手は良いように感じました。

また、個人的には、運転中に操作ができないフィット3(FIT3)のエアコンよりも
こちらの方が好みでした。

強いて言えば、運転席と助手席側で左右独立した温度設定ができる機能が
装備されていれば、良かったなと思いました。

足元はアルミ製のスポーツペダルを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
足元は、アルミ製のスポーツペダルを採用。

一般的なゴム製のペダルよりもスポーティーさがあって、良いですよね。

ただ、このアルミ製のスポーツペダルの欠点・デメリットは、雨が降った時に
滑りやすいと言われています。

私は雨が降った日にこのハッチバックを試乗させて貰ったのですが、
思ったよりも足元の滑りは気になりませんでした。

私はこの足元の滑りよりも、アルミならでは質感の高さが感じられたので、
個人的には、大満足でした。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック ハッチバックの
内装・インパネは、このようになっていました。

ご覧いただいた通り、この新型モデルのインパネはとてもシンプルです。

ただ、このシンプルさが新型シビック ハッチバックらしくて
良いなと、実車を確認して、思いました。

ちなみに、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型シビック(CIVIC)は、
ハッチバックとセダン車で、若干インパネのデザインが異なります。

>>> 新型シビックのインパネ比較【ハッチバックとセダンの違いとは?】

それ程大きな違いではないのですが、ハッチバックとセダン車では、
内装・インパネの雰囲気がだいぶ異なるように感じました。

スポンサーリンク
広告336 x 280 – レクタングル(大)
広告336 x 280 – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です